エアブラシ

不器用が作った渓流用ハンドメイドルアーのカタログ。その1

ハンドメイドルアー

まず最初に断っておくのだが、今回は『不器用な僕が』作った渓流用ハンドメイドルアーの歴史と写真カタログである。

どこかのメーカーが作ったり、有名なビルダーさんが作ったルアーは一切出てこない。

ただ、「こんなレベルのルアーでも釣れているの?」というような勇気は出るかもしれない。

渓流用ハンドメイドルアーを始めてから約1年少し、シーズンなのに足にヒビが入って釣りにいけない今、ちょっと自分の作ったルアーを整理しようと思ったのだ。

ちなみに皆さん、渓流ルアー釣りをするときってルアー沢山変えて使いますか? 続きを読む

呪われたルアーにアマゴをどうしても釣らせたいのだ!


さて、先日放流日があったので、数日後に釣りに行った。

放流後のアマゴたちは僕の先生である。

自分の作ったルアーをアマゴが追ってくるか、どんな反応を見せるか、どんなコースを引いたら反応したか、速度は、アクションは、どこにアマゴは居着くのか。。。エトセトラ 続きを読む

セルロースの色止めに高圧力のエアブラシ(コンプレッサー)

 

ってみなければわからない事って、世の中けっこうあると思う。

人間は歴史から学ぶことができるから、学校で歴史の授業があるのだと思うが、実際に自分がその時にならないとわからない類(たぐい)のこともやはりあると思うのだ。

特に僕なんかは、大事な事には後から気付くし、失ってからその存在の大きさに気付くようなタイプである。

エアブラシの購入に迷っている時、アドバイスをくれた方がいた。 続きを読む

時代は流れるものだが色が流れる色流れは流れないで欲しい!


さて、最近珍しく残業が続いていてブログも更新できず、ストレスも一杯になっていました。

渓流ハンドメイドルアーはいくつか同時並行で進めているのだが、まずはこのルアー達の話をします。
参考ブログ 不器用が、初めてエアブラシを使ってハンドメイドルアーに塗装をするとこうなる。。。

僕が初めてエアブラシを使って作ったルアーは下の3つである。 続きを読む

初めてエアブラシでルアーを塗装して失敗した要因を考える。

 

さて、初めてエアブラシ塗装をして失敗した前回ブログの続きである。
(参考ブログ 不器用が、初めてエアブラシを使ってハンドメイドルアーに塗装をするとこうなる。。。 )

前回は、エアブラシを使った塗装で失敗したことを書いた。
あれからなぜ失敗したのかについて色々と考えてみた。 続きを読む