健康の為なら死んでも良くないがエアブラシには防毒マスク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


三十代半ばになって、多少健康にも気を使いだした。

というのも、最近がくんと体力が落ちたのだ。

走れなくなったし、腕立て伏せの回数も激減した。

人生で一番太ってしまったのでランニングを週に半分ほどだが始めた。

しかし、健康の為なら死んでもいいというほどには気を使ってはいない。

頑張って少しは(本当に少しは)ビールも減らしているが、相変わらず飲む日はロング缶三本、約1.5リットルは飲んでしまう。

でもまあ、自分が趣味でやっていることで体を壊したくなかったので、防毒マスクとやらを買ってみた。

というのも、渓流ハンドメイドルアー用にエアブラシを買ったのである。

(参考ブログ①
不器用が、初めてエアブラシを使ってハンドメイドルアーに塗装をするとこうなる。。。 ②初めてエアブラシでルアーを塗装して失敗した要因を考える。

 

そしてアクリル塗料で塗装した。

換気扇もない外の倉庫で、さらに塗装ブースを持っていないからか、とても有機溶剤の臭いがこもった。

体に悪そうな雰囲気の点数で言うと、満点だったのだ。

さらに、僕は多分この臭いや有害物質にあまり強くなさそうな感じがした。塗装後と次の日くらい、なんか体に違和感があったのだ。

シャッターは開けていたが、二時間も三時間も密室的なところで塗装をしていて体にいい訳がないのである。

余談だが、僕は以前の会社で営業の時に、ひょんなことから趣味というか自主的に『第一種衛生管理者』という資格を取った。

そして今の会社(工場)では(一応)衛生管理を担当しているのだ。

かじった程度の知識や資格ではあるが、対策をしない訳にはいかないのである。

対策としては、

 

①換気扇を取り付ける
②塗装ブースを買う
③防毒マスクを買う

 

当然、全て対策するのが一番なのだが、高度資本主義社会で生きている僕は、残念ながら欲しいものを全て買える立場ではない。

そこで、防毒マスクを買うことにした。

アマゾンで探して買ったのはこちらである。

思いきり、有機溶剤用のマスクである。

 

 

 

ついでに保護メガネも買った。

ちなみにこいつは、眼鏡の上からかけることができる優れ物である。

 

 

 

防毒マスクは装着するとこうなる。
(写真はまだ有機溶剤シャットアウトの吸収缶を付けてません)

息を吐いているところ。

 

 

 

息を吸っているところ。

 

 

 

 

この防毒マスクに吸収缶が一個付いていた。

吸収缶は使用環境によるらしいが、ある程度の時間で効果が無くなるか、少なくなるらしいので僕は最初から別売りの吸収缶も一つ買った。

そして、二回目のエアブラシ塗装の際に使ってみた。
参考ブログ 渓流ルアーのエアブラシ塗装二回目に不器用が挑戦!

アマゾンの評価にもあったが、本当に有機溶剤の臭いを感じないのだ!




試しに防毒マスクにちょっと隙間を開けてみると、やはりきつい臭いがするのだ。

臭いはほぼ完ぺきにシャットアウトしてくれている。

となると、有毒物質も、、、と期待が出来る。 まあ、してもらわないと困るのだが。

結局二時間から三時間、ずっと倉庫で塗装作業をしていたが、臭いの違和感は全然なかった。

買って良かったと思った。

自分の趣味で始めたことで身体を壊したら目も当てられない。

防毒マスクはこれを買った。 二千円前後である。

 

 

 


交換用の吸収缶はこちら、

 

 

ついでに保護メガネである。

 

 

ちなみに僕のように工場にいるにも関わらずパソコンを触っていて実際にはモノ作りをしていない人間からすると、この保護メガネとか防毒マスクを付けてエアブラシで塗装をするのは、モノ作りしている感があって自己満足感は高い。

ハンドメイドルアー作りをされている諸先輩方は、様々な有機溶剤対策をされていると思う。

本業でもダメだが、本業でもないことで体を壊すのは避けたいのである。

始めるまでに色んなものが必要だったり、始めてからも色んなものが必要なハンドメイドルアー作り。。。。

それらの様々な壁を超える魅力があるから、沢山の人がされているんだと思う。

こんなに不器用な僕がやっていて楽しいのだから。。。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村




           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください