ハンドメイドルアー

セルロースセメントのドブ漬けで白濁対策(出来る人限定的)

丹沢大反省会

 

ここ2、3日の天気が悪いのだ。

そしてこれから数日間、僕の住んでいるところの天気は曇りか雨である。

「お前はトラウト禁漁期間に入ったのに、なんで天気を気にしているのだ?」

とお思いの方もいらっしゃるかと思う。

トラウトは禁漁になったが、渓流用ハンドメイドルアーを製作しているからなのだ。 続きを読む

丹沢の釣り人大集合飲み会が超楽しそうなのでルアーを出品!

渓流ルアー ブログ

 

神奈川の丹沢というところは『熱い』と常々思っていた。

気温の話ではない。

渓流釣りについてである。

 

僕が渓流ルアーについてのブログを書き出してもうすぐ2年になる。

この2年間、丹沢の釣り人さん達のことをとても良く目にしていたのだ。

僕のブログにコメントを頂ける方も丹沢近辺の方が数名いらっしゃる。

そして今回、非常に熱い、超楽しそうなイベントが開催されるのだ。 続きを読む

渓流ルアーでバラシまくったのでフックを交換してみる!

スイミングフック

 

前回、1ヶ月振りに釣りに行ったブログを書いた。

参考ブログ 1ヶ月振りに渓流ルアーに行けたのでバラシまくりでも楽しい!?

1ヶ月振りに渓流ルアー釣りをすると、まあとにかくドリカムである。

『うれしたのし大好き』という意味です。いきなりわかりにくいボケで失礼します。

ただ、ただ、ただ、バラシまくったのだ。

前回はまあ1ヶ月振りなのでよかったが、僕は気が長いほうではない。

次もバラシまくったら今回のようにドリカム(しつこい)ではすまないので対策を考えた。

続きを読む

不器用が作った渓流用ハンドメイドルアーのカタログ。その2

トラウトミノー

前回の続きで、不器用が作ったルアーカタログその2である。

昨日は三期生まで進んだ。

ちなみに自分でルアー作ると安く出来るんじゃ無いか? と思う方がいるかもしれない。

作り方によるとは思うが、ルアーが安く手に入るかというとやり方次第である。

初期投資や継続して必要な部品類。その辺りは安く済まそうと思う安く出来るかもしれない。

ただ、1番大事な『人件費』=『貴重な自分の時間』はかなり消費される。

この自分の時間を使う事に関しての考え方によるが、自分に時給を払うと考えたら僕なんかは市販のルアー買った方が安いし、恐らくそのほうが釣れるのである。

それでは不器用ルアーカタログの続きである。

続きを読む

不器用が作った渓流用ハンドメイドルアーのカタログ。その1

ハンドメイドルアー

まず最初に断っておくのだが、今回は『不器用な僕が』作った渓流用ハンドメイドルアーの歴史と写真カタログである。

どこかのメーカーが作ったり、有名なビルダーさんが作ったルアーは一切出てこない。

ただ、「こんなレベルのルアーでも釣れているの?」というような勇気は出るかもしれない。

渓流用ハンドメイドルアーを始めてから約1年少し、シーズンなのに足にヒビが入って釣りにいけない今、ちょっと自分の作ったルアーを整理しようと思ったのだ。

ちなみに皆さん、渓流ルアー釣りをするときってルアー沢山変えて使いますか? 続きを読む

渓流ルアーで使い方が楽しいバルサハンドメイドミノー!

渓流ルアー ブログ

 

 

 

 

 

使いやすい渓流ルアーってどんなルアーでしょう?

 

当然、人によって、釣り場によって違うと思う。

ただ、僕の渓流ルアー釣りの場合、スピナーである。

初めて渓流魚がルアーで釣れることを教えてくれたのがスピナーだった。

もっと言うと、スミス  ar-sスピナーである。

僕のar-sスピナーへの想いは、過去ブログ参考下さい。
参考ブログ 渓流ルアー入門7回目 渓流最強ルアーはar-sスピナー

 

今回は、そんな使いやすいar-sスピナーに少しでも似ている使い方が出来るようなルアーを作ってみました。

続きを読む

呪われたルアーにアマゴをどうしても釣らせたいのだ!


さて、先日放流日があったので、数日後に釣りに行った。

放流後のアマゴたちは僕の先生である。

自分の作ったルアーをアマゴが追ってくるか、どんな反応を見せるか、どんなコースを引いたら反応したか、速度は、アクションは、どこにアマゴは居着くのか。。。エトセトラ 続きを読む