渓流ルアー用ロッド、カワセミラプソディが折れて心も折れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カワセミラプソディ

 

いや、へこたれた。

今回はさすがにへこたれたのだ。

 

釣りに対しては出来る限り前向きに、打たれ強くやっていると(自分では)思っている。

だけど今回はちょっと凹んだのだ。。。

 

つい先日の日曜日(3月18日)は、嫁が終日フリーにさせてくれた。

土曜日が法事だったので、日曜日くらいはという配慮してくれた。

ありがたい。

 

終日フリーなので、僕は隣県に向かう作戦を練っていた。

 

そして立てた作戦はこちらだ。

という隙のない作戦だ。

 

そして日曜日、日中は気温もかなり上がりそうで期待が持てる。

8時過ぎ、まず最初に先週イワナの姿が見えたポイントに到着。

ルアーを投げるが反応無し。。。

 

あの愛嬌のあるイワナを釣りたかったが仕方ない。

せっかくなので思い、本当に少しだけ他のポイントも探ってみる。

しかし反応はない。

 

切り上げて移動しようと思い、乗っていた岩から移動しようとしたその時、

足が滑ってバランスを崩した。

腕立て伏せをするような体勢で、川に倒れ込んだ。

 

「バシャーン!」

 

フィッシングベストもその下のトレーナーも濡れた。

手の平に痛みもある。

 

気になったのは、握ったままで倒れてしまったロッドだ。

去年までは、コケる瞬間にロッドを安全そうな場所に投げる(パス)する、

という技を駆使していたが、衰えたのか出来なくなってしまっていた。。。

 

握っていたロッドのグリップ辺りを見る。

無事だ。ほっとした。

目線をグリップあたりから徐々に上に移動する。

 

そこで目にしたのは、、、

 

カワセミラプソディ

 

 

「のわぁ!、あぁ○!※◇#△」(衝撃で言葉になっていない)

 

僕のカワセミラプソディ(TULN-502L)が折れた!

しかも僕の不注意のせいで!

 

がっくりと肩を落とした。

たんにロッドが折れたというよりは、僕のカワセミ(ラプソディ)の羽根が折れてしまったのだ。。。

僕のカワセミが、飛べなくなったのだ。。。

 

いつもはこんなイメージの、僕のカワセミラプソディ

カワセミラプソディ

 

獲物を狙うカワセミのように、鋭くルアーをキャストできるロッドだ。

 

カワセミラプソディ

 

しかしそのロッドを、カワセミの羽根を、折ってしまった。。。

 

カワセミラプソディ

 

釣りを開始して、わずか10分少しで。。。

念のために投げておこうと軽く考えていたポイントで。。。

時刻はまだ午前8時30分だった。

 

川辺でぼんやりと、折れたカワセミラプソディを眺めていた。

思い返すと、頑丈なロッドだった。

だって、僕は本当によくコケるのだ。

 

これまで約2年間で、どれだけコケたろうか。

それでもずっと折れずに、耐えてくれていた。

2年近く使っているので、釣行回数も確実に60回以上はある。

 

ずっと何の文句も言わず、何度コケても無事だったし、いつも変わらずキャストが出来た。

それが当たり前だと思って、気を使っていなかった僕が悪いのだ。

僕はいつも、大事なことに失ってから気付くのだ。。。

 

僕はカワセミラプソディを使っている釣り人を(勝手に)「カワセミ使い」と呼んでいる。

そして「カワセミ使い」には(勝手に)好意を持っている。

 

不満が一つも無いわけでは無いが、カワセミラプソディを気に入っていた。

しかしそのロッドを折ってしまった。。。

 




 

数分しゃがみこんだままの僕の心に、黒くてドロドロしたものが流れ込んできた。

  • 休みの日に、せっかく時間を作って釣りにきたのに。
  • 1日釣りを楽しむ予定だったのに。
  • なのに開始10分少しで愛用のロッドを折ってしまうなんて。
  • こんな思いをするなら、しばらく釣りなんてしない。
  • ブログもしばらく書かない。
  • 今日は帰ってすぐに、昼前からビール飲んでやる。

自分が悪いのになぜか怒っている『黒しげる』が心を支配しそうになった。

 

しかしそこで、キラキラした綺麗な目をした『白しげる』がやってきた。

無垢な眼差しと、綺麗な心で『黒しげる』に語りかける。

『黒しげる』は徐々に小さくなっていった。。。

 

正気を取り戻した僕は、自分に出来ることを考えた。

  • 折れたロッドをどうするか。
  • 今日という日をどうするか。

その2点だ。

 

結論は出た。

  • 折れたロッドはすぐに修理に出そう。
  • シーズンはこれからが本番だから、少しでも早く戻って来るように。
  • そしてまだ午前8時30分過ぎだ。
  • 1度戻って釣具屋さんに修理に出して、
  • 違うロッドで昼からもう1回釣りに来よう。
  • 今日という、釣りにいける貴重な時間を無駄にしたくない。

 

僕は『時間』というものを、ある部分では『お金』よりもとても重要視している。

 

決めてからの行動は早かった。

僕は車に飛び乗って家に向かった。

 

早い帰宅に驚いた家族を尻目に、ガサゴソとカワセミラプソディの保証書を探した。

 

カワセミラプソディ

 

3年保証なので、いける!

 

カワセミラプソディ

 

そしてまっすぐに、釣具屋さんに向かった。

しかし、この時点でよく考える必要があった。

 

ブログを書いている今だからこそ、よく考える必要があったと指摘できる。

だけどその時その瞬間、僕は冷静ではなく必死だった。

 

そして釣具の修理は釣具屋さんと思い込んでいた。

だけど、僕はロッドを大手通販のナチュラムさんで買っていたのだ。

ナチュラムさんで購入したロッドにもかかわらず、修理して欲しくて釣具屋さんに向かった。

 


 

釣具屋さんにしたら迷惑な客である。

いや、ロッドは買ってないので客ですらないのだ。

まずナチュラムのHP見ろよと言いたい。

 

なのに親切にして頂いてありがとうございました。

そしてお手数かけて申し訳ありませんでした。

 

毎年鑑札を購入しているので、顔は覚えて頂いている釣具屋さんに着いてロッド修理の依頼をした。

ただ、時間がすごくかかるらしい。

 

理由は、

  • その釣具屋さんには、ジャクソンさんと直のルートが無い。
  • 問屋さんを通すが、問屋さんはつい数日前に来たところ。
  • 次はいつですか?と聞いたところ毎月1回だから約1ヶ月後(!?)との返答

僕の少し冷静ではなかったのだが、よく考えると約1ヶ月間、メーカーにすら届かず釣具屋さんに眠っていることになる。

 

釣具屋さんと話した中で、「ナチュラムさんでの修理をされますか?」

という話もあった。

それが当然だろうとも思った。

 

釣具屋さんのお店の中で、スマホで検索した。

初めてナチュラムさんHPの修理のところを見た。

細かくは省くが、

修理の完了まで、通常で1ヶ月程度、混雑時は2ヵ月程度お時間を頂戴しております。

と書いてあった。。。

 

僕は心折れて、釣具屋さんに預けた。

ただ、釣具屋さんも問屋さんが来るまでは何も出来ない。

冷静に考えたらナチュラムさんに送った方が早いが、僕は冷静では無かった。

 

釣具屋さんと相談し、他にいい方法があれば取りに来て下さいと言う話で終わり、預けた。

会社の行き帰りで寄れる釣具屋さんとはいえ、預けて帰るあたりやっぱり冷静では無かったのだ。。

釣具屋さんにもお手数をかけて申し訳なかった。。。

 

帰宅して、家にあるトラウトロッドを全て並べた。

と言っても2本である。

である。

 

ファインテール3.8ftがさらに短い3.28ftになったのも僕が折ってしまったからだ。

詳しくはこちらだが、簡単に言うと2ピースの両方がいっぺんに折れた。

なので、根元側はメーカー保証、先端側はか〇や釣具で違うトップガイドを付けて貰った。

 

本来の先端トップガイドあたりは折れた時に飛んでいってしまっていたので、3.8ftがさらに短くなったのだ。

参考にルアーマチック5.6ftと並べる。

長さが全然違う。

 

カワセミラプソディ

 

なんなら2ピースの半分で近いくらいだ。

 

カワセミラプソディ

 

しかも、ファインテール3.28ft(改)は先端のトップガイド付近が無くなって違うガイドを付けている。

ロッドの先端ってあらゆる意味ですごく大事だ。

 

だけど僕は結局、管理釣り場向けのような柔らかさのルアーマチックではなくて、

ファインテール3.28ft(改)を手に釣り場に向かった。

こんなことになるなら修理=新品価格でもファインテールをちゃんと直せばよかった。。。

 

僕は以前、ショートロッド使いでもあった。

久しぶりにショートロッドを使うのは楽しみではあった。

しかし、先端が飛んでいってしまったショートロッドである。

 

午後からの釣行結果は、皆様ご想像されていると思うがひどい結果になった。。。

ロッドの先端ってやっぱりとても大事だということが分かったのだ。

それはそれでまたブログに書こうかと思う。

 

だけどこれで、僕に残された選択肢は下記だ。

  1. 折れたカワセミラプソディが1~2ヶ月修理から帰って来るまで釣りをしない。
  2. 手持ちのルアーマチックかファインテール3.28ft(改)で釣りをする。
  3. カワセミラプソディが早く修理から帰ってくるようにする。
  4. 新しいロッドを買う。

 

1は発狂するので無し。

2も厳しい。。。

なにせ渓流には柔らか過ぎるルアーマチックに、先端無理矢理補修のファインテール3.28ft(改)だ。

3は現在検討中。なにか方法がないものか

4が1番現実的だが、何を、どんな長さを買おうか。。。

 

冷静に考えると、僕のカワセミラプソディ(TULN-502L)は、実売価格2万円以下のロッドである。

いい大人が、2万円で右往左往していた。

 

決して、同じ額のロッドをすぐに買えない訳では無い。

だけど、好きなことの、好きなものが折れてしまったのだ。

 

例えたら通勤中に車をぶつけたほうが10倍以上お金がかかる。

でも、そういう問題ではないし、まだ車をぶつけたほうが右往左往していないと思う。

僕はそういう性格なのだ。

 

さらに、僕のカワセミラプソディ釣行回数が2年近くで60回以上になっている。

つまり、僕のリトルプレゼンツ ライトウェイトWDシューズも60回以上履いている。

まだ1度もフェルトソール交換していない。

 

まずロッド、そしてソールチェックも必要だと思った。

僕は去年の5月頭に釣りではなくて子供と遊んでいて踵からスネまでの亀裂骨折をした。

その時に強く思った。

 

この骨折が1人で釣りをしている山の、渓流の奥深くでしていたらもっと大変なことになっていたのでは。。。

 

そう思うと、今回滑ってコケて折れたのはロッドなのだ。

まだロッドで良かったと思えなくも無い。

 

僕は自分の身体をわりと粗末に扱ってしまいがちだ。

そのせいか自分の身体の扱い方なのに、なぜか嫁に怒られたりしてしまう。

人間の怪我はそのうち治るしと思ってしまいがちで、無頓着になりがちだ。

 

だけど色々と考えなければいけないと思った。

 

今現在、

  • 早くロッドの修理をする方法を模索中。
  • 新しいロッドの購入を検討中。
  • シューズのソールを交換を検討中。

 

これまで使っていたロッドの修理をすれば1ヶ月ほどかかり、

新しくロッドを買ったら翌日届くんだよな。

 

それを村上春樹さんは、

『高度資本主義社会』と呼んだ。

でも、それが小説で書かれたのは、もう30年ほど前の1980年代の話だ。

 

違う違う。ここでその話は必要ない。

ちょっと酔っている。

 

とにかく、ロッドの修理が早くならないか、そしてロッドを買うかを考えよう。

皆様、コケてご自身の身体に怪我がないようにお気を付けください。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. くま より:

    お怪我が無くて何よりですが心中お察し致します。
    簡易的にお使いになるならば、2番ガイド外し、そこにトップガイドを付けるのですが、アクションは硬くなりそうな気もしますが、、

    1. しげる しげる より:

      コメント頂いた簡易的な方法で、ファインテールを釣具屋さんで直して頂きました。
      ですがご指摘のように感覚はかなり変わってしまいました(>_<) なのでちゃんと修理と新ロッド購入を検討しようと思います。 ご心配頂きまして、ありがとうございました(^o^)

  2. 花屋のいちろー より:

    こんばんは。心境お察し申し上げます…。
    ロッドと共に過ごした思い出を大切に思うのなら、修理を待つのもありかと思います。
    ただ、一月以上釣りが出来ないのは辛すぎるので、戦力増強もかねて、違うレングスのロッドも購入したらどうでしょうか??。
    なので、カワセミも修理し、NEWロッドも購入する!。これです!!。

    1. しげる しげる より:

      渓流ルアーを始めて5年目ですが、2年近く仲良くしていたので切ないです(>_<) 現実的に考えて、いちろーさんにコメント頂いたようにロッド購入検討します! ご心配、コメントありがとうございます(^o^)

  3. 右脳派釣師 より:

    心中お察し致します。
    大事にしてたカワセミラプソディが身代りになってくれたと思って。。
    怪我なかっただけでも、不幸中の幸いだと思います。
    自分も花屋のイチローさんと同じくレングス違いがいいと思います。

    1. しげる しげる より:

      怪我していたら強制的にしばらく釣りに行けなくなっていたので、不幸中の幸いと思います。
      『レングス違い』がポイントですね(^^)
      ロッド購入これまであまり考えていませんでしたが、今の5ftより少し長めを検討しようかと思います。
      ご心配ありがとうございます(^o^)

  4. 丹沢極釣会 より:

    ちょいと痛い釣りになりましたね!
    でも怪我が無くて良かったじゃないですか。私もイチローさんと同じ意見ですけど何にしても経験ですから。
    場所によってメットを被る様になったのも枝にデコぶつけて切れたとか石が頭に当たったとか私も日々勉強でございやす!

    1. しげる しげる より:

      痛い釣りになりました(^^;)
      怪我が無かったのでまだ釣りに行けると考えるようにして、レングスの違うロッドを検討しようと思います!
      メット被られるようになったのも経験とか理由があられるからなんですね。
      僕も色々と経験して、成長したいと思います(^o^)

  5. かわし より:

    怪我がなくて何よりでした。
    ロッド新調に一票!のところですが、前回の記事と今回の記事で考えさせられました。
    やはり性能の良し悪し、金額の高さで、趣味の楽しさを得るのは限界があるなと。そこに思い出が詰まって趣味なのだと。
    新調する以上に服のお直しにお金をかける人に疑問を持っていましたが、自分の趣味に関わることだったので、納得できました。思い出ってプライスレス!
    更なるカワセミとの思い出づくりと、新竿との新しい思い出づくりに金策する楽しみが増えたと思って、頑張ってくださいね。これも思い出‪[電柱]_・。) チラッ‬

    1. しげる しげる より:

      思い出や思い入れというのは大事です(^^)
      性能も大事だと思って色々買いだしたのは渓流ルアーを初めて数年経ってからでした(^^;)
      イイモノは良いですし、イイモノを買ったほうがより思い入れが出来て思い出も出来る可能性もあったりします(^^)
      ですが、ご指摘のとおり思い出はプライスレスです(^o^)
      カワセミを早く直すのと、新竿何を買おうか考える楽しみ(金策も)。
      すべて思い出になります(*^_^*)

  6. まさのり より:

    うわあああ・・・
    私が「竿とか折ってくれないとry」的なこと書いたのがフラグになってしまったか・・・

    ちょっと話逸れるのですが、私も釣行中よくコケるので体重落としました。
    それ以来コケる事は殆どなくなりました。
    釣行中一回はコケて当たり前だったので自分でも驚きました。

    もしかしたら足の筋肉量に比べて体重が重いかもしれません。
    地獄のダイエット編開始ですかね 笑

    1. しげる しげる より:

      先日の下記コメントが半分現実になりましたね(^^;)
      『巨大ニゴイと格闘の末、ロッド折られてミノーを持って行かれる。
      このくらいをワンセットでやってくれたら満足して仕事に励めます』
      恐ろしいお人ですね(>_< ) 体重の件、そこまで効果ありなんですね! 実は去年の春以降、36才なのに食欲が人生で1番凄くて、現在体重が人生MAXです(^^;) さらに昨年5月に足にヒビが入ったので筋肉量も落ちて体重は増えてになっているかもしれません。 原因がフェルトソールの裏以外にもある気がしてきました。 地獄のダイエット編かも(>_<)

  7. fujimuuu より:

    こんばんは!
    傷害保険に携行品特約が付帯しているものとか加入されて無いですか?
    僕は入ってます。
    もちろん、年数が経つと価値(受取額査定)は下がりますが、修理や買い替えの足しになり、かなり助かります。

    それで直し、平行して新品を買う!加入してなかったら次の為に加入しておくのもアリかと。

    あっ!一応、僕そういう関係の回し者ではないですよ!

    あと、バンブーの前に使ってたファインテールもまあまあ良かったですよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

    1. しげる しげる より:

      自動車の保険その他確認しましたが、入ってなかったです(>_<) 頻繁に釣行するし、これからもっと値段の高い釣り具も買うかもしれないので要検討です。 fujimuuuさんが回し者だとは思いませんので大丈夫です(^^) ハンドメイド釣り具の楽しさや面白さを伝える回し者とは思うかも知れませんが(^o^) ファインテール、僕も使っていました!いいですよね。 アドバイスありがとうございました!

  8. ラオウのご主人様 より:

    カワセミは残念な事になりましたね。でも怪我がなくて良かったです。
    去年の僕はロッドを不注意で三回も折ってしまい同じ物を買いました。
    ダイワのワイズストリームと言うロッドですがテレスコ2本と三本継ぎ1本で使い回しています。
    常に予備も用意してザックに2本入れてリールも予備持ちで釣りにでかけてますよ!
    またカワセミってのも有りかと思います!

    1. しげる しげる より:

      去年で3回ですか!
      大先輩ですね(^^;)
      予備ロッド持って釣行したことが無かったのですが、今回の件で必要かもと思いました(>_<) ロッドとリールも予備持ちは準備万端ですね! コメントありがとうございます!

丹沢極釣会 にコメントする コメントをキャンセル


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください