廃人決定!? 僕の2017年渓流ハイシーズンは、始まりもせずに終わったのだ。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いきなりだが、僕の、今年の、渓流ルアーハイシーズンはもう終わりました。。。

しばらく廃人決定なのだ。

事件はGW最終日の昨日起こった。

友達の旦那さんと僕と子供たちの2家族(嫁抜き)で、ちょっとした遊具や小川などがある無料の遊べる施設に出かけた。

お互いの嫁さんは仲が良くて、嫁同士でしたいことがあるという。

旦那たちからのGWのプレゼントとして1日子供4人を旦那2人で見て嫁にフリータイムという経緯である。

子供たちは順調に遊んでいた。

そして、僕は自慢じゃないがとても子供に好かれる。たぶんレベルが同じくらいだから寄ってくるんだろう。

当然の成り行きとして追いかけっこになったりする。

そうなると僕ははしゃぐのだ。

その施設に水が流れる小さな小川があった。

子供たちに捕まらないように僕は小川をジャンプした。

1回目は成功した。

俺、まだまだ行けるやん! と心の中で思ってしまった。

そして2回目のジャンプ。

1.5mくらいだろうか。小川をジャンプして着地の際に左足が膝も曲がっておらず一直線になっていた。

そして小川の斜めになっているコンクリートの壁に踵から着地。一直線になっていた左足は衝撃の逃げ場がなく、足首に激痛が!

むっちゃ下手だがイメージ図である。

 

 

 

しばらく動けなかった。。。

そして、歩けなかった。

捻っていないので捻挫ではないが、明らかに明日起きたら治っているような感じの痛みではなかった。

その時僕が思ったのは、

「明日の朝、出勤前釣行出来ないやんか」

である。

 




 

帰るとき、僕は落ちていた棒を杖にしてゆっくりゆっくり坂を上った。
というか、棒がないと歩けないのだ。

帰って早く寝たが、一度夜中に目が覚める。足が痛い。

今日はGW空け1日目だが会社を休んで病院に行く。
嫁もパートを休んで付き添ってくれる。
僕のGWが1日延びたが全然嬉しくない。仕事も気になる。

レントゲン撮ったりCT撮ったりした。

レントゲンの時点で分かっていたのだが、骨にヒビが入っていた。

しかも縦に足首からスネのほうまで結構長い線が入っていた。

先生曰く、

「綺麗に割れているからいいけど、ずれてたら手術で戻さないといけなかった。普通に歩けるようになるのは一ヶ月くらいかな」

らしい。

終わった。。。

僕の今年のハイシーズンが、始まりもせずに終わったのだ。。。

これからが楽しい時期じゃないか。

苦しい初期を乗り越えて、右投げ左巻にほぼ矯正が出来て、キャストも少しずつ上手になって、わりと楽しいハンドメイドルアーも作れた。

でも全治一ヶ月。

普通に歩けるようになって、それから約一ヶ月使っていない左足が、渓流の岩や苔や川の中などを以前と同じように歩けるようになるには?

足にヒビ入ったの初めてだけど、どれくらいかかるのだろう。

それに、これからが出勤前釣行の楽しい時期である。

それが一ヶ月ほど行けない。。。

骨にヒビが入ってデスクワークだが仕事も大変だし、通院する時間も、当然お金も痛い。けっこうな出費である。

でも、なにより渓流ハイシーズンに釣りに行けないのって!

僕の日常の楽しみは!?

釣りという病を(一時的に)治す治療薬、『釣行』は!?

ちなみに診察を受けてから病院内は車椅子だった。

嫁が面白がって写真におさめた。

 

 

 

家には病院が貸してくれた松葉杖。

 

 

 

ギプスは無しらしいが、左足に体重をかけるのは絶対禁止。

体重をかけて骨がずれたら手術らしい。

いっそギプスしてくれ。いや、釣りに行けないならいっそ殺してくれ。

そんな訳で、しばらく釣行出来ません。

偏光グラスのブログが一段落着いてからと思っていたので、いくつかのブログは最近書いてあるのをおってアップします。

ちなみに、一緒に子供連れて行った旦那さんは3歳ほど年下である。

遊んでいる子供たちを見ながら、ケガする数時間前に、僕は彼に言っていた。

「僕は去年くらいから、いきなりガクッと体力も落ちたし、渓流を歩いていると、俺、昔はこんなことでバランスを崩したりしてた?とか、もっと簡単に飛び降りれてたのにっていうようなことが最近よくある。もう若くないから、○○君も気を付けたほうがいいよ」

と語っていた。

きっと話を聞いていた彼は、その後ではしゃいで負傷した僕を見て、

「まずお前が気を付けろ!」

と心の中で突っ込んだことだろう。

このブログを見てくれている読者の方々は、これからのハイシーズンを楽しんでください。

そしてそれ以上に、お体ご注意ください。

僕は健康の大事さに、今更気付いております。。。

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへにほんブログ村
 

 



           
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. せざも より:

    あーーーっ!何やってんすか!
    まあ子供が小さい働き盛りって変な事故起こすものですよ。
    昔の人はその辺を厄年とか言ってたくらいで。
    不幸中の幸いと言っては何ですが、渓流でやらなくてよかったなと。
    渓流でやってたら、今後嫁が渓流釣りに非常に懐疑的な立場を取る可能性もありましたから。
    やはり釣りを楽しむには敵に回していい相手ではないですから。
    釣りが出来る状態では絶対にやらない、釣りのための何かが出来るチャンスと考えて乗り越えてください。
    代わりと言っては何ですが私がバンバン釣っときます。

  2. しげる より:

    せざもさん
    厄年ってそんな感じなんですね(;^ω^)
    ご指摘通りで、こんな怪我の仕方は渓流でも可能性があった訳です。
    渓流でやってたら嫁が渓流釣りに懐疑的になるのもあるし、無事に渓流から下界に戻れた自信がないです。渓流での怪我じゃなくて良かったと思います。
    今できることを考えますよ。
    僕の代わりにバンバン釣ってください!
    僕はしばらく廃人しています。

  3. かわし より:

    やってしまいましたねーー(ノД`)
    私は人生において、あちこち4回ほど骨折やヒビを経験しているので、瞬間にわかる特技を持っていますが(笑)
    自慢できない(汗)
    子供なら早いですが、大人なら1.5から2ヶ月くらいは覚悟した方がいいですね。
    私より禁漁期が1ヶ月早いので大変ですね。
    最後は駆け込みで回数を稼ぎますか?(*゚∀゚*)
    ちょうどいいので、スイミングフックでも巻いてみては?
    アマ◯ンで安いバイスを買うといいですよ。
    私の安物はただ挟むと針が滑るので、段ボール紙と一緒に挟んでますが、まあ使えます。
    あとは、新作ルアー希望^_^
    私も今年新規開拓したんで、代わりに爆釣しておきますね!

  4. シマシュウ より:

    こんばんは〜
    渓流でやるよりは良かったと考えるしかないですよね…(・_・;)
    渓流でやってしまうとヤバイのは私でもわかります。笑
    お大事になさってくださいm(_ _)m
    それと、質問回答頂きありがとうございました。
    主様の回答を見て、ますます渓流に行ってみたくなりました(*^^*)
    カワセミラプソディ、しばらく僕の相棒になってもらおうと思います。
    とりあえず主様と同じ番手を買って使ってみようかと思います♬
    熱い回答、ありがとうございましたm(_ _)m

  5. しげる より:

    かわしさん
    思い切りやってしまいました( ;∀;)
    凄い特技ですが、特技に至るまでの経験が大変ですね(;^ω^)
    1.5ヵ月か2ヶ月ですか。。。 早く治して見せます! 
    釣りができない間になにをするか考え中です。
    フック巻くのも確かにいいですね。
    新規開拓されたんですね!
    代わりにドンドン釣ってください(>_<)

  6. しげる より:

    シマシュウさん
    本当に、渓流でやるよりは良かったです。
    今回のような怪我を渓流でしていたら、場所によっては帰ってこれなかったのでは?とちょっと寒気がしました。
    僕と同じ、カワセミオーナーになられるんですね!
    いいロッドだと思います。
    渓流ルアー、楽しんでください!

  7. かわし より:

    最近読んでるブログのブロガーの方が、GW前半で渓流お泊まり釣行に出かけられて、大怪我して電波の入るところまでなんとか降りて、救急車で病院に行かれたそうです。
    どんな怪我かまだ書かれていませんが、お互い気をつけましょう(恐怖)
    釣りをしながら試行錯誤出来る解禁時期なので、気分を変えて何かしちゃいましょう!
    ルアーのスイムテストで、心を癒しますか?
    我慢できなくなるからダメか!(笑)

  8. しげる より:

    かわしさん
    そのブロガーの方、大丈夫でしょうか。
    僕はまだ渓流釣りでの怪我でなかったので無事でしたが、その方は大変だったと思います。
    本当に、怪我には注意ですね。。。
    何するかは考え中ですね(;^ω^)

コメントを残す