初めての渓流ルアー釣り(2014年4月)

 

Tさんとの初めての鳥取天神川渓流釣りから2週間後、僕は一人で天神川に向かっていた。

釣りという病の初期症状が出始めていたのだ。

この時は餌釣りで、アマゴが一匹だけ釣れた。

しかし、渓流釣りの長い竿(4.6m)や、細い仕掛けが絡まり、かなりイライラしながら釣っていた。 続きを読む

初めての渓流釣り(2014年3月)

 

前回のブログで話したTさんと、3月の始めに渓流釣りに行った。

場所は鳥取の天神川だった。

3月の始めにもかかわらず雪が積もっている場所もたくさんあり、長靴で歩く僕の足は雪に埋もれ、隙間から雪が入ってくるくらいに積もっていた。

Tさんが初心者向けに連れてきてくれたところですらそんな状態だったので、下界(?) の季節と渓流釣り場の季節は全く違うなと感じたことを覚えている。 続きを読む

初めての渓流釣り前夜 

 

どんなことも人の縁だなと思う事が増えてきた。
僕が年をとってきたせいもあるかもしれないし、田舎暮らしに転居、転職をして新しい人と出会うことも増えたからかもしれない。

僕が転職して働きだした会は製造業で、僕はこれまで製造業勤務歴がなかった。 続きを読む

釣りという病

 

初めて釣りをしたのはいつだったろうか?

記憶にあるのは小学生のときだった。父親が教えてくれたのを覚えている。

 

それから飛んで高校生になり、近くの池でバス釣りの真似ごとを少しした。

社会人になって、神戸や大阪に住んでいるときもなぜかバス釣りのタックルはあった。 続きを読む