渓流ルアー入門

渓流ルアー入門12回目ランディングネット①

 

渓流ルアー入門シリーズ、12回目の1 はランディングネットである。

ランディングネットは趣味性も強く、こだわる人はウン万円もするものを使っていたりするようだ。

僕は決して趣味性にこだわった訳ではないが、ランディングネットには三顧の礼をもってこれまでに3つ購入している。(三顧の礼の使い方は本来違う) 続きを読む

渓流ルアー入門10回目 渓流釣り用ウェーダー

今回のタイトルにもなっているが、好きな台詞がある。

 

『すり減らした靴の踵(かかと)の数で勝負する』

 

なんか昔、テレビか漫画で見た記憶があるのだ。

イメージしか記憶にないが、年配の刑事がタバコを吸いながら後輩の刑事に言っていたような。 続きを読む

渓流ルアー入門9回目 必須の偏光グラス

 

渓流ルアーってどんな釣り?

そんな質問を受けると、僕は必ず前のめりになりながら、こう言う。

 

「渓流ルアーは、魚が自分のルアーを追ってくるところや、喰いつく瞬間が見える釣りやで!やから興奮するんや!」

 

しゃべりは喰い気味で、そして関西弁である。(出身は兵庫県なのだ) 続きを読む

渓流ルアー入門6回目 渓流用ラインに人生を変える力がある

 

渓流ルアー入門の6回目は、ラインについてである。

ちなみに1回目でも説明させてもらったが、この渓流ルアー釣り入門シリーズは、これから始めようとする初心者向けであり、お小遣い制サラリーマンの僕の渓流ルアー釣り経験や購入したタックルを元に書いているので、その点ご了承下さい。 続きを読む