渓流ルアー入門7回目 渓流最強ルアーはar-sスピナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

いきなりですが

もしあなたが無人島に一つだけルアーを持っていけるとしたら、何を持って行きますか?

 

間違えた。正しくは、

もしあなたが渓流ルアー釣りに一つしかルアーを持っていけないなら、どれを持って行きますか?

 

難しい質問である。

あなたは考えるだろう。 渓流といっても、本流か、上流か、源流か。

川幅は、水深は、流れは、対象魚は何か。

 

この質問は、下手な心理テストよりも性格を表現し、ときにはその人の人生に対するスタンス、いや渓流ルアー釣りに対するスタンスを丸裸にするのだ。

しかし僕は迷わない。

 

僕が(自分の中で)認定した渓流最強ルアーに絶対の信頼を置いているからなのだ。

この質問を、こう置き換えてもいい。

 

もしあなたがルアーを一つだけ、他の釣り人に買えないようにするならどれにしますか?

 

僕は即答する。

その答えは、渓流最強ルアー、ar-sスピナーです。

 

スミス(SMITH LTD) エーアール・スピナー トラウトモデル

僕的最強ルアーar-sスピナーである。
とにかく魚を引きつけるのだ。

 

僕は声高らかに叫びたい! 初心者が最初の一匹を渓流で釣ろうと思うなら、まずar-sスピナーを買って間違えないです!

いやほんとに。

まあ、有名なルアーではあるのでいまさらという気持ちもあるが。

 

僕は去年、200匹近くアマゴを釣って、尺アマゴも2匹釣った。

そのうちの100匹近くがar-sスピナー、尺アマゴも1匹ar-sスピナーである。

 

渓流ルアー入門らしくなるのはここからなのだが、

AR-S(エーアールエス)スピナーの初心者向けのポイントはいくつかある。

 





1点目、

ルアーをリールやロッドで引いてくる引き抵抗、手応えを感じやすいので、初心者でもルアーを動かしやすい。

 

これが、スプーンだと引き抵抗が感じにくいので最初は戸惑う。アクションを加えて動かせるようになるまで慣れが必要。

 

2点目、

タダ巻き、ただ巻くだけで十分渓流魚が喰いついてくる。

スピナー全般に言えるが、渓流魚に対するアピール力が高い。

僕は魚のサーチ係としてもar-sスピナーを使っている。

 

ミノーでトゥイッチ、スプーンに比べると、投げて巻けば釣れる。

というルアーを操作する面白味というか、そういう点では劣ると感じる人もいる。

 

逆に言えば、初心者が最初の一匹を手にするためにはうってつけのルアーなのだ。

ちなみに、フォール(ルアーを落とし込む、または着水後、流れに任せているだけ)でも

釣れることもある。落ちているだけですでに渓流魚を引きつけるアクションをしているのだ。

 

3点目、

アタリも取り易い。

1点目でも述べたが、引き抵抗を感じやすい。

 

ということは、ルアーを巻いている抵抗を感じつつ、違った感覚、ぶるっとくるとでもいうアタリを感じたら軽く合わせればいい。

まあ、ダウンで釣っていたら向こう合わせで勝手にかかっていることも多い。

 

4点目、

見ていて楽しいのである。僕は、渓流ルアー釣りはサイトフィッシングというか、渓流魚が飛び出してきたり、ルアーを追ったり、喰らいついてきたり、そういった『見える』ことが楽しい釣りだと思う。

 

スピナーは沈めて釣ることも出来るが、水面付近や、浅瀬を引いても使える。

なので、渓流魚の姿をチャンスも多くできるため、初心者の方(じゃなくても)大興奮間違え無しである。

 

5点目、

これは、功罪あるのだが、あまりに渓流魚を引き寄せるため、小さなサイズも吸い寄せる。

スピナーと変わらないようなサイズまで喰ってくるのだ。

 

なので僕は中止を検討したり、最初についているトレブルフックをシングルフック化しようかと考えていたりしているする。

(参考ブログ 僕はいつの間にか川に行くと水温を計るようになった(2015年4月後半) )

 

もちろん、大きな魚も吸い寄せるのだが。。。

(参考ブログ 尺アマゴシリーズ 渓流ルアーで尺アマゴ!その1 (2015年5月後半) )

 

6点目、

値段も安い方である。

大体600円後半から700円前後で購入出来る。

これは、ミノーの約半分の金額である。

 

ロストしたときのダメージがかなり違うのだ。

まだまだあるのだが、キリがないので割愛する。

僕は一時期、

 

ar-sスピナーで釣れなくて、姿も見えなければそこに魚はいないのだ。

 

とさえ思っていた。

魚を、吸い上げる 

という表現がぴったりなのだ。

 

僕は個人的にスピナーのことは好きだ。

ブレットンも使ったし、スピンウォークも使った。 ニアキスも好きだ。

 

でも、やっぱり最強のスピナーはar-sスピナーだった。

あまりに釣れ過ぎるので、僕は使用をやめようかと考えたこともある。

もっと自分のテクニックやその他で釣りたくなったのだ。

 

ar-sスピナーは麻薬に似ている。

依存性があり、中々やめられないのだ。

だって釣れるから。

 

僕は今年は違うルアーを試そうと思っている。

でも、初心者の内は麻薬のようなar-sスピナーを使って下さい。

釣りは絶対、釣れたほうが楽しいのだから。

 

2018年5月追記

今はar-sスピナーは自作スイミングフック(シングルフックバーブレス)で使用しています。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 




           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください