スプーン

不器用が作った渓流用ハンドメイドルアーのカタログ。その2

トラウトミノー

前回の続きで、不器用が作ったルアーカタログその2である。

昨日は三期生まで進んだ。

ちなみに自分でルアー作ると安く出来るんじゃ無いか? と思う方がいるかもしれない。

作り方によるとは思うが、ルアーが安く手に入るかというとやり方次第である。

初期投資や継続して必要な部品類。その辺りは安く済まそうと思う安く出来るかもしれない。

ただ、1番大事な『人件費』=『貴重な自分の時間』はかなり消費される。

この自分の時間を使う事に関しての考え方によるが、自分に時給を払うと考えたら僕なんかは市販のルアー買った方が安いし、恐らくそのほうが釣れるのである。

それでは不器用ルアーカタログの続きである。

続きを読む