渓流ルアー釣り好きが頸椎椎間板ヘルニアに。。。なんて年だ

釣りヘルニア

 

もうタイトルで全てをお伝えしてしまった。

頸椎椎間板ヘルニアになりました。。。

けいつい、ついかんばんへるにあ。

噛みそうな病名である。気持ちの問題だが、ひらがなだとあまり怖くない。

正直まだ、ヘルニアのなんたるかなどわかっていません。

ことの始まりは一週間少し前からである。 続きを読む

渓流ルアー釣りは、恋に似ている。。。なんちゃって。

渓流ルアー

 

つい最近のブログで書いたが、足元でアマゴをバラした。

割と良いサイズだった。尺は無いが、尺近いくらいか。

ちなみに今年一番デカかったアマゴは、足元でバラした推定尺サイズだ。

逃がした魚は大きいという。その通りだと思う。

だって、逃げた魚は僕の頭の中でずっと泳いで成長するのだ。 続きを読む

アマゴ、ヤマメは移動したんだ。きっとそうだ。。。

アマゴ移動

 

ホームはもうすぐ、8月末で禁漁を迎える。

お盆明けからは、出勤前釣行に行く予定の前日飲み過ぎて寝坊したり、行ったは良いが夜中に凄い雨が降っていて泥濁りになっていたりと散々だった。

あと1週間少し、ここからラストスパートなのだ。

 

シングルフックバーブレスのサイズを大きくしてアマゴを狙う!

 

2017年8月23日 AM6:00 もう水温22~23度ある。

 

バラし検証として、♯4の大きめフックをテールにのみ装着したルアーを投げる。

 

投げる。

 

投げる。

 

投げる。

 

反応無し。

 

じっとルアーを見る。

 

アマゴ移動

 

魚の反応は無いのは当然フックのせいではない。

途中までニゴイも反応無し。

 

結果、1匹だけルアーを追ってきたニゴイを見ただけだ。

いくらなんでも居なさすぎだ。

水温が高いというのもあるが。

 

写真のガンガン瀬、

 

アマゴ移動

 

早瀬、

 

アマゴ移動

 

流れの緩やかな開けたところ、

 

アマゴ移動

 

開けたところの奥の流れ込み、

 

アマゴ移動

 

時間にしては1時間半ほどだが、目一杯キャストした。

自分的にはかなり探ったつもりだ。

それでも、1匹ニゴイが追ってきただけだった。

 

普段は考えないことをちょっと考えた。

アマゴ、いないんじゃないの?

 

だってここは僕の中でベスト3に入る場所である。

今年、足にヒビが入った後の6月、いい型の連発を見せてくれた。

それに、ストーカーし続けている足下でバラした推定尺サイズのアマゴがいた場所である。

 

でも、ここ何回か反応が無い。。。

ニゴイの反応は時々あるのだが、アマゴがないのだ。

 

普段は自分の腕の問題だと思うのだが、今回は仮説を立てた。

アマゴ、移動したんじゃない?

 

これまでは、

  • 上流で放流されてきたアマゴが流されてきて定着している。
  • 餌も豊富なので大きくなる。

と思っていた。

 

でもここまで反応が無いとすると。。。

  1. アマゴは上流に向かった。
  2. アマゴは下流に向かった。
  3. 8月から投網解禁なので、文字通り一網打尽にされた。
  4. 居るけど僕が嫌い、または僕のテクニックでは喰わない。

1~4のどれかかと考えてしまう。

当然、上流まで川は続いているが、そこから先は僕の鑑札外の違う漁協になってしまう。

 

僕は数年前から5年日記的なものを付けている。

嫁と2人で始めたが嫁は早々にリタイヤした。

その日記をめくってみた。釣りの履歴を見るためだ。

すると、去年の8月22日、僕は自分のルアーで、今日行った場所で泣き尺アマゴを釣っているのだ。

ブログにも書いていた。水温も同じくらいの23度である。

参考ブログ 夏の終りに尺かと思ったら泣き尺。。。

 

その年に寄っても違うとは思うのだが、去年釣っている以上、魚がいない訳では無いと思っている。

ということは考えられるのは、

僕が去年より下手になっているということか!?

 

これ以上考えたくないので今日はもう寝る。

明日、違う場所に行って釣ろう。。。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村