ロッドの先端って大事だ。違うロッドでバラシ検証その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッド先端

 

この2回ほど、ロッドが折れたブログを書いていた。

僕はロッドが修理から戻って来るのを、今か今かと待っているのだ。

 

ロッド折れたブログで少しだけ触れていたが、折れたその日の午後、再度釣りに行ったのだ。

釣り場に持って行ったのは、そもそも短いファインテール3.8ftが折れて修理した3.28ft(改)である。

 

手持ちロッド2本のご紹介

 

修理中のカワセミラプソディを除けば、僕の家にあるロッドは2本だ。

  1. 最初に買ったルアーマチック S56SUL
  2. 2本目のファインテール3.8ftが折れて修理した3.28ft(改)

上記2本だ。

 

ルアーマチック S56SULの特徴は、

  • とにかく柔らかい。
  • 管釣りで良さそうな感じだ。
  • スピナーなら使えるとは思う。
  • ミノーのトゥイッチなどは柔らかすぎてやりにくい、伝わりにくい。

 

 

ファインテール3.28ft(改)の特徴は、

  • ティップもバットも折れた。
  • バットはメーカー保証で直した。
  • ティップ、先端部分が飛んでいってしまい短くなった。
  • それを釣具屋さんで違うトップガイドを付けてもらった。
  • なので『乗せ調子』が売りのロッドなのにかなり硬くなってしまった。

 

 

ちなみにロッドの曲がり具合だが、修理前のファインテール3.8ftは下記だ。

 

ロッド先端

 

修理後のファインテール3.28ft(改)だ。かなり違う。。。

 

ロッド先端

 

これだけ変わると、、、という考えはあったのだが、僕はファインテール3.28ft(改)を持って釣り場に向かった。

 

ファインテール3.28ft(改)でバラシ検証

 

先日の3月18日(日曜)の朝一にロッドを折った。

その日の午後から、1日で2度目の県境越えを果たした。

 

車内で嫁が握ってくれたデカいおにぎりを食べてからスタートした。

前日の法事で頂いた赤飯1パックを、1つのおにぎりにするという荒技だ。

そして僕は缶コーヒーに向かって「仕事じゃ無いけど、でもありがとう」と呟くようなやばい奴である。

 

ロッド先端

 

 

食べ終わってスタート。

午後からなので気温は十分上がっていた。

個人的解禁日につ抜けをしたポイントだ。

 

久し振りのショートロッド。

だけど、先端飛んで行ったので3.8ftがさらに超ショート約3.28ftになっている。

感触はどうだろうか。

 

釣りたいルアーもある。

僕の不注意で接着剤をこぼしたので、丹沢大反省会に出品できなかったルアーだ。

もう1つの出品できなかったルアーは先日尺イワナを釣り上げてくれた。

 

今回はこいつの出番だ。 ちょっとピンぼけした。

 

ロッド先端

 

釣り上がると、いきなり足跡発見。

まあ日曜日の午後なので仕方ない。

 

釣り上がると魚の出方が凄く厳しいというか、プレッシャーが残っている感じだ。

3月半ばという時期もあるとは思う。

 

そんな中、渓魚も前回ほどではないが時々出てくれる。

しかしショートバイトだ。

かかったと思うとすぐに外れるのが続いて合計4回。

 

それだけではなくて、足元まで寄ってきてバレたのも3回。。。

バラした時の僕の叫び、

「あぁっ!」

が何度も渓に響いた。

 

バラシすぎてなんか力が抜けたりもした。

差し出したはいいが、魚が逃げて入らなかったランディングネットを写真に撮ったりした。

 

ロッド先端

 

粘って粘って、タレックスのイーズグリーン(偏光レンズ)でも暗くて見えなくなるまで渓にいた。

ボウズだった。。。

しかし今回は魚が居ないのではなくて、かかりはしていたのだ。

戦慄の7連続バラシだったのだ。

 

内訳

  • 7回かかってくれた。
  • うち4回はかかってすぐにバレた。
  • 残り3回は足元まできてランディングネットを取ろうとしてバレた。

 

原因をロッドだけに求める訳にはいかない。

僕の技量不足が大前提だ。

 

だけど今回に関しては、無理矢理修理の先端にも問題はあった。

というか、バレやすそうとは思っていたが、試してみたい気持ちもあったのだ。

メーカー保証で先端の方を直せば良かったなあ。

 

バラした理由

  • ブログ冒頭の写真の通り、修理後のロッドの曲がり方が違う。
  • 『乗せ調子』どころではなく硬いロッドになっていた。
  • そのため、魚の食い込みや暴れを、合わしたりいなしにくい。
  • ロッドのクッションがないため、足元まで寄せてから少しでもロッドをグイッと上げるとバレやすい。

ルアーをキャストする際にもロッドのしなりが受けにくくて、何度も暴投してしまった。

魚釣りというのは、ロッドにすごく助けて貰っているんだと実感できた。

 

断っておくが、

 

「ファインテールはちゃんと釣れる良いロッドです」

 

今回の結果は、先端が折れて飛んでしまい短くなり、

そこに違うトップガイドを付けた無理矢理補修の結果です。

本来のファンテールは『乗せ調子』がとても良くて、僕は再度購入を考えている。

 

決してバラシはファインテールのせいではないこと、また良いロッドであることを宣言しておきます。

僕はファインテール3.8ftで自己最高の35㎝尺アマゴを釣り上げてもいるし、感謝しているのだ。

 

今回は硬くなったロッドで試したので、

次は柔らかいルアーマチックでバラシの検証をしてみよう。

となると久し振りにスピナーで攻めようかな。楽しいな。

 

カワセミラプソディが修理から帰ってくるまでの期間がすごく短くなった。

たぶん来週か再来週には戻って来る。

 

たったそれだけのことで、すごく気持ちが上がっているのだ。

これはなぜなんだろう?と考えて、午後釣行に出発前、家での小三の娘とのやり取りを思い出した。

 

朝一でロッドを折って帰宅、その後修理のため釣具屋さんに向かい、

帰ってからは違うロッドを持ってまた家を出ようとしている僕に、娘が言った言葉は、

 

「懲りないねぇ~。お父さんは」

 

それを聞いて、嫁は笑っていた。

笑い声を背中で受けながら、僕は心の中で呟いた。

 

「お父さんは、渓流ルアー釣りという病と闘病中なんだ」

 

病が治ることは、ないかもしれないけれど。

 

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 




 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ねこ爺 より:

    うん。その病は治りません(笑)
    自分も今日は隣の県まで遠征してきて、膝も痛いんですが、既に明日も行きたい病が発症してますw

    竿先硬いとやっぱりバレやすくなるみたいですね。
    トラウトロッドというよりバスロットに近い感じになっちゃったのかも。

    1. しげる しげる より:

      あっ、やっぱり治療できない病でしたか(^o^)
      行けば行くほどまた行きたくなるんですよね~。わかります(^^;)
      いつもよくバラしていますが、今回はとくに竿先の硬さが気になりました。
      そんな気はしながら試したので、納得のバラシでしたが(^^;)
      きちんと修理するなら竿先からというのがわかりました(>_<)

  2. 花屋のいちろー より:

    こんばんは。
    ディップをつめてしまうとアクションが変わって色々と不具合でてきますよねぇ(汗)。
    因みにドラグ設定はどんな感じだったのですか?。僕的には硬くバイトを弾いてしまいそうなロッドの場合は緩めの設定で、しなりでカバーしきれない所はドラグでカバーするような感じにしています。
    最後のまとめ方上手いなぁからd=(^o^)=b

    1. しげる しげる より:

      ふふふ。。。
      僕もロッド硬い分、ドラグにがんばって貰おうと大解放設定(緩め)にしていたんです(^o^)
      それでもバラした僕のロッド捌き。。。(>_<) やっぱり竿先って大事でした。 僕なんぞの文章褒めて頂いてありがとうございます(*^_^*) 嬉しいです。

  3. りょう より:

    こんにちは。
    昨日私もティップを折ってしまいました(泣)。というより折れてた?臨時の仕事を片付け夕方の30分だけ!と思い渓流魚なんていないであろう中流域に猛ダッシュ。
    竿を出さなきゃ週を超えられない!という意味不明の強迫観念…。それでもガイドにラインを通し1投目! 違和感…
    目の前をゴンドラのように川面に滑り行く穂先…。
    脳裏に浮かぶ竿置き場に普段は無いビニール紐でくくられた娘の古い教科書の束…。
    いやいや…、いやいやいや…。
    ないないない…。反省会で譲っていただいたものなので、なんとか修理しようと思います!ボヤキでした。スミマセン!

    1. しげる しげる より:

      うわっ!
      りょうさんも折られたんですね!
      というか折れていた!?
      一投目にその流れは切なすぎる。。。
      りょうさんの肩を落とした後ろ姿と夕焼けがセットで浮かびました。。。
      僕やろうと思っていますが、メーカーさんにロッドのティップだけ注文します。
      保証書前に使ってもう使えないので、高いけどそういう方法もあると思います。
      あとは僕のようにメーカーさんに直接連絡とか!
      修理大変ですが直したロッドで楽しめることを祈っております!

  4. りょう より:

    しげるさん
    ありがとうございます。
    肩を落とすどころか、四つん這いの上にザーッと縦線でした…。
    よりによってダイワの逆輸入ロッドだそうで…
    自力で治すのを楽しんでみようかと思ってます。

    1. しげる しげる より:

      ダイワの逆輸入ロッド!!!
      直したロッドで魚を釣り上げることを祈っております!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください