カワセミラプソディ復活!渓流ルアーロッドの長さについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流ルアーロッド長さ

 

どうも。しげるです。

2週間ほどブログ書いてませんでした。

 

たかだか2週間でブログの書き方を忘れて、前回なんだか恥ずかしいブログを書いてしまいました。

消したいけど、消しません。。。

 

僕くらいの鳥頭(三歩歩くと忘れる)だと、しばらく空いたらダメなようだ。

そういえば、釣りに関しても長い禁漁期間があけてシーズン解禁になってすぐは、

 

「アマゴの釣り方ってどうだったっけ?付き場ってどこだっけ?」

 

毎年毎年そんな感じになっているのだ。

何事も継続は力なり。休むと失うものもあるのだ。

 

無理しないようにブログ続けます。

それでは通常ブログの、はじまりはじまり~~~。

 

カワセミラプソディ、三度飛翔!

 

折ってしまった渓流ルアーロッド、カワセミラプソディが復活したのだ。

これまで二回折れたが、都合三度目の飛翔を果たした。

不死鳥カワセミである。

 

三度の飛翔は、

  1. 最初に購入して魚を釣る。
  2. ロッド折ってから復活して魚を釣る。
  3. 2度目に折ってから今回復活して魚を釣る。

なのだ。

2と3は完全に僕のせいである。

転んだ時にロッドを折ってしまったのだ。

 

しかし2つの幸運によって、

早々に三度目の飛翔を果たしたのだ。

 

1つ目の幸運は、カワセミラプソディの保証内容だ。

  • 買ってから3年間以内なら、何度でも免責金額で修理可能なのだ。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

2つ目の幸運は前回ロッドを折った時もだが、ジャクソン様に直接ご対応頂けたことである。

  • 僕がジャクソン様に連絡して、折れたロッドを直接送る。
  • 間を介さずに直でジャクソン様に届く。
  • なので修理にかかる時間が短くてすむ。
  • 1週間少しでロッドの修理が完了して戻ってくる。

という流れになるのだ。

 

今回もご連絡すると、修理を快くお受け頂けた。

今年の3月末にも修理頂いた。

 

その4ヶ月後の8月末にまたしても修理依頼をしたにも関わらずだ。

ジャクソン様。いつもありがとうございます。

 

そして僕のカワセミが帰って来た。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

空けると、

 

渓流ルアーロッド長さ

 

カワセミラプソディ復活!

 

渓流ルアーロッド長さ

 

復活したので、9月2日(日)に隣県に向かったのだ。

 

渓流釣行 ヤマメとイワナ

 

隣県に行くが、渓流釣り師の考えることはみんな同じである。

9月になって、まだ禁漁になっていないところに人が集中するのかもしれない。

 

日曜日だったので、前日の土曜日の影響もあったのかもしれないが、足跡などありつつ魚がいるところといないところがはっきりしていた。

 

まず最初に『小渓流の門番』に挑戦しに行った。

三度目の挑戦である。

 

しかし今回は、姿すら見えず。。。

さらに隣県では初めて発見したこんなゲスト。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

マジか。。。

こんな小場所で『オオサンショウウオ』と『小渓流の門番』(大きめのヤマメ)。

 

同居できるのか?

喰われてはいないか?

 

でも僕に出来ることは、生き残ってくれているように祈るだけである。

 

その後、釣り上がる。

まだブログを書けていないが、起き上がり小坊師のようなミノーを再現したくて作っているミノーの11個目と12個目が完成したのだ。

 

それを使って、釣れるのは釣れた。

不器用ルアーPFG-12だ。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

でも、めっちゃ使いにくいミノーとして完成していた。

いや、つまり思いきり未完成だ。。。

PFG-11とPFG-12はリップの付け直しをすることにしてPG45Fを使う。

 

PG45Fは尺イワナの実績もあるし使いやすいのだ。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

続いてアマゴが釣れる。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

しかし叩かれているのか反応は今一つだった。

イワナの顔を見たくなったので移動する。

 

そこでもPG45Fを使って釣っていた。

イワナは写真を撮るのが難しい。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

続けてこんなイワナ。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

サイズアップしたいなぁと思いながら釣っていると、PG45Fの動きがおかしい。

リップが取れていた。

僕はキャストが下手で、岩などによくぶつけるので時々取れてしまうことがある。

 

なので同じようなカラーのPP2-Bを使うことにした。

PG45Fと比べると、

  • 体高は高いが、
  • 幅は薄い。
  • スローシンキングだ。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

PP2-Bの方が体高高いが薄くて、PG45Fの方が太いのだ。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

ルアーチェンジしてから釣れたイワナ。

目の上のアイシャドーのようなところの色が綺麗だ。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

もう少し強い引きが味わいたいと思っていたら出てくれたイワナ。

泣き尺とはまではいかないが28㎝くらいか。

顔が少しだけいかつかった。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

今年、イワナの力強い引きがすごく楽しくなっている。

なので20㎝後半が出てまずまず満足出来たのだ。

 

しかし一方でこの釣行中、僕はロッドについてずっと違和感を感じていたのだ。

 




 

渓流ルアーロッドの長さについて

 

僕が持っている渓流ルアーロッドは2本である。

  1. ファインテール3.8ft(FTS-382UL)
  2. カワセミラプソディ5ft(TULN-502L)

5.6ftの管理釣り場用ルアーマチックは除外しておく。

渓流ルアー5年目だが、ロッドは上記しか使った事が無いのだ。

 

カワセミが修理中の間、ファインテール3.8ftを使っていた。

僕はファインテールも好きだし、ショートロッドの取り回しの良さも快適である。

でも使っていて、もう少しだけ長かったら良いのにと思うようになっていた。

 

そしてカワセミが戻ってきて、釣りをした。

すると、5ftだけどかなり長く感じた。

もう少し短ければ良いのにと思ったのだ。

 

この思いは、

  • ファインテール3.8ftだけを使っていた時
  • カワセミラプソディ5ftだけを使っていた時

には無かったことだ。

 

ほんの少しの間離れていただけなのに、カワセミラプソディ5ftがとても長く感じられた。

というか、長すぎるように感じた。

 

人間の恋人同士なら、少し離れている間に気持ちも変わるし新しい相手も出来たりする。

だけど使う人間(しげる)は同じで、手に馴染んだはずのロッドである。

 

僕は真剣にこう考えたくらいだ。

 

「カワセミラプソディは修理に出した時に違う先端と一緒に帰ってきて、だから前より長くなっているのでは?」

 

神対応頂いているジャクソン様には本当に申し訳ない発想だった。

結果、やはりそんなことはなくてちゃんと正規の長さだった。

 

下記がカワセミラプソディ5ftと旧ファインテール3.8ftを比べた写真だ。

5ftは約152㎝で、3.8ftは約112㎝。

下記の通り約40㎝の差だった。

 

渓流ルアーロッド長さ

 

僕は基本的にある期間で色んなロッドを使うのではなく、1つのロッドを使い続けている。

なので普段は比べることがないのだけど、今回は修理の間にファインテール3.8ftを使っていた。

 

だから違いがより鮮明に分かったのだと思う。

あくまで僕が通っている小渓流についてだが、

  • ファインテール3.8ftでは少し短く、
  • カワセミラプソディ5ftでは少し長い

ということは感覚的に、4.5ft前後くらいが僕の小渓流にベストレングスなのでは?

などと考え出したのだ。

 

渓流ルアーロッドの長さは、色々と細分化されている。

僕は正直、「そんなに細かく分けても違いがわかるんかいな?」と思っていた。

 

でも今回感じたのは、40㎝ではものすごく違って、あと20㎝ほど長かったり短かったりが使いたいという細かな違いである。

僕はまだ4.5ft前後を使ったことがないので、あくまで参考の長さである。

 

もちろん渓流ルアーロッドのベストレングス(長さ)は人や場所によって変わると思う。

  • 通う川の規模や渓相
  • 釣りのスタイル
  • 体格
  • 釣り上がりか釣り下がりか
  • 使うルアーは何か?

などなど。

 

無数に並べられた条件から、最適な長さを導き出す。

これは簡単では無いと思う。

 

5年ほど前、僕が渓流ルアーを始めた頃に読んでいた本に書いてあった大多数は、

 

「渓流ルアーにはウルトラライトの5.6ft」

 

だった。

でもそれはもう違うと思う。

実際、発行が10年以上前とか古い本に書いてあった。

 

渓流シンキングミノーイングが全盛になり、ロッドの長さや硬さも細分化された。

僕ごときの腕でも、ロッドの長さが気になってしまうくらいである。

だけどロッドの長さの違和感に気付くためには、少なくとも2種類以上のロッドを使わないと、比較しないと分からないと思う。

 

僕のホームの小渓流では、3.8ftでも釣れるし、5ftでも釣れる。

でもたぶん使いやすいのは4.5ft前後前後の気がする。

 

ここで重要なのは、『4.5ft前後の気がする』の気がするなのだ。

あくまで今現在、僕がそんな気がすると思っているだけである。

だって僕は4.5ft前後を使ったことはないのだ。

 

それに僕の渓流ロッドは現在5ftが最長である。

来シーズンまでに対ニジマスとか本流用の長めで強めのロッドも考えている。

4.5ft前後くらいのロッドを買う気持ちになるかは、また別の問題である。

 

でもたぶんきっと、嫁に言ったら、

 

「両方買えばいいじゃない」

 

と言ってくれるのだ。

僕より嫁の方が、よほど器がデカくて男前なのである。。。

それでも中々踏ん切りがつかない僕の器は、おちょこの裏くらいしかないのであった。。。

 

タックルデータ

ロッド:カワセミラプソディ TULN-502L

リール:シマノ 16 ストラディックCI4+ C2000HGS

ライン:ARMORED(アーマード) F+ Pro 150M 0.6号

リーダー:バリバス ライトゲーム ショックリーダー 30m 1.7号

ルアー:不器用ルアー(自作) PFG-12、PG45F、PP2-B

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. しげ より:

    しげるさん! こんばんは~♪ 通常更新おめでとうございます~(笑)♪ 久しぶりに「おちょこの裏」がでてきたような気がしますーーーd(^^*) それにしても良いお嫁さんですねーーー! アマゴの写真も見れて良かったです! シーズンも残り少しです! ケガしないようお互い頑張りましょうーヘ(*-ω-)ノ

    1. しげる しげる より:

      しげさん
      早速見て下さっていたんですね。ありがとうございます(^^)
      僕の器は基本的に「おちょこの裏」くらいなのでよく使うフレーズです(^^;)
      それに気付いているしげさん、さすがです(^^)
      嫁はいつも僕に「買えば?」と言ってくれます(^_^;)
      はい。残り少ないので怪我のないように楽しみましょう(^o^)

  2. まさのり より:

    しげるさん、しばらく更新してなかったんですか。
    私も更新してないし、人のブログも見てなかったのですよ。
    しげるさんの考えたプロジェクト名見ました~。
    8個 笑
    お疲れ様でした!ありがとうございます!

    1. しげる しげる より:

      まさのりさん
      そうなんです。過去最高に更新してませんでした(^^;)
      まさのりさんが更新していないのは当然知っていました(^^)
      更新まだかな~と思っていましたが、他の方のブログも見てなかったんですね。
      プロジェクト名、難しかったです(>_<) お恥ずかしい出来かも知れませんが、とにかく考えてみました。 良いプロジェクト名になればいいですね(^o^)

  3. ラオウのご主人様 より:

    現在愛用しているロッドは4.5フィートです。
    窮屈な場所でもキャストしやすく気にいってます!!
    小渓流や沢だと取り回しのバランスが良いかもしれませんね。

    1. しげる しげる より:

      ラオウのご主人様
      4.5ftですか!
      僕の求めているサイズですね(^^)
      小渓流だとかゆいところに届くサイズなのかもしれないですね!
      少しのロッドの長さでかなり釣りの感じが変わってきますよね。
      実際に使われている感想、ありがとうございました(^o^)
      参考にします。

  4. 花屋のいちろー より:

    そぉやって段々と道具が増えていくんですよねぇ(笑)。
    別に今ある道具で出来ない訳ではないのに、もっと取り回しやすく、もっとっとキャストしやすく…、どんどん色んな欲求出てくるんですよね(^-^;

    奥様優しいですねぇ。
    うちなんか、竿やリール買おうと思うんだけど…?聞くと、一体何本、何個買うの?。そんなんキリがないじゃん!!っと言われてしまいます。
    1つとして同じ物がないのですが、嫁には違いなどわからず……

    2つのNEWロッド何になるのか楽しみにしてますね(^^)d

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      やっぱり釣り人あるあるなんですね(^^)
      そうなんです。出来ないわけではないのですが、もっと上手に、快適に、気持ち良く釣りをするためには。。。
      となってしまいます(^^;)
      嫁は僕があまり買い物しないので背中を押してくれる感じですね。
      その変わり、嫁も好きなものは買いますよ(^^;)
      釣りをしない人からすると、同じ竿やリールに見えますよね(>_<) 2つのNEWロッド、買うか買わないか。信じるのはあなた次第です(^o^)

  5. たつぼー より:

    お疲れ様です。
    ロッドの長さって、全長の表記ですよね。
    でも、キャストするのってリールシートの位置(手の位置)から、ティップまでの長さが重要じゃないですか。
    物によって、同じ全長でもいろいろあって、どれがいいかなんて自分には分からないです。

    1. しげる しげる より:

      たつぼーさん
      確かに、ロッドの長さはご指摘の通り全体の長さですね。
      手の位置からティップまでの距離という視点は無かったのですが、言われて見ると全長より重要だと思います。
      手の位置からグリップエンドまでの長さも、振る時のバランスに影響するかもしれませんし、考えるときりがないです(>_<) 数ある中から、自分に合うと思うのを探すのは難しいです。 新しい視点ありがとうございました。

  6. Clemhxc より:

    Thanks! And thanks for sharing your great posts every week!

    1. しげる しげる より:

      Clemhxcさん

      Thank you for always reading it.
      I am not good at English.
      thank you for your comment.

  7. 淫獣課長 より:

    ロッドの長さ気になりだすと
    止まらないですよね
    それに「調子」も
    最近ミノーをやり出したら
    逆に長いのが欲しくなってます
    ダム下で5,6ftじゃ短い上に
    割と胴調子な竿なので
    先調子の6,3ft
    トウィッチがしやすいように
    グリップエンドが少し長めのやつ

    ここまで決まってるなら
    買えよ!って話ですが
    現実的な問題で(´ヮ`;)
    まさのりさんに2ヶ月会わなければ買えそうなんですけどね~(笑)

    1. しげる しげる より:

      淫獣課長さん
      そうなんです!
      きになりだしたら。。。です。
      ロッド、かなり細かく決まっているじゃないですか(^o^)
      後はポチるだけのような進捗ですね(^^)
      僕も最大5ftのカワセミなので長いのも欲しいです。
      そして僕も、毎日のビール飲まなきゃ毎月か1ヶ月半で1本は確実に買えます(^^;)
      まさのりさんが寂しがると行けないので多方面で作戦を立てましょう(^^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください