尺イワナ釣るまで帰らないつもりで釣りに行ったのだけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
尺イワナ釣り

 

少し前の、6月半ばの事だった。

リフレッシュ休暇という名の有給取得日があったのだ。

 

これは僕が平日に1日中釣りが出来る日という贅沢な日なのだ。

贅沢なので、どこに行くかは毎回悩む。

 

そこで最近の釣行を振り返った。

 

最近の釣行は、

 

なので久しぶりにイワナに遊んで貰おうと思った。

 

ちょうど新しい不器用ルアーも完成した。

 

今回は魚太郎さんと同行する前の話だ。

尺イワナ釣り

 

新しいタイプも作ったのでテストも兼ねて、

  • 小渓流の釣り上がり、
  • 出来たてほやほやの不器用で、
  • サイトフィッシング。
  • ひたすらイワナを釣る。

というプランにしたのだ。

 

尺イワナ狙いの釣行!

 

数日前の天気予報では、釣行日は雨の予定だった。

なのでイワナ釣りに決めた。

 

しかし雨が1日後ろにずれてしまい、

  • 晴れで、
  • 水量少なくて、
  • 水はクリア。

という状況だった。

 

僕はこれまで渇水と水がクリアは苦にしないと思っていた。

理由は魚の反応やルアーの動きが見やすいから楽しいのだ。

 

だけど今回思った。

この条件は厳しいな。。。

 

久し振りのサイトフィッシングが楽しくて、魚に近付き過ぎたのかもしれない。

 

イワナがルアーを追ってきている途中で、僕の存在に気付きまくって逃げまくりだったのだ。。。

 

やっぱりある程度の水量と笹濁りぐらいが良いかもしれない。

 

先日、『渓魚に近付き過ぎると針にかからなかったりバレますよ』というブログを書いた。

にも関わらずこの体たらくである。

 

1日イワナを追いかける日なので『尺イワナ釣るまで帰れまテン!』という気持ちだった。

 

なので、

と今シーズン尺イワナを釣っている場所を攻めた。

 

イワナパラダイスのはしごは初めてなのだ。

 

しかし久しぶりに行ったイワナパラダイスは、

どちらも釣り人の足跡や餌釣り師さんの真新しいゴミなどを発見。。。

 

アクセスも悪くないので、やはり今シーズン前半に人があまり入っていなかったのは運が良かっただけかもしれない。

 

仕方ない事だが、人が入ってしまうとやはりパラダイスとは言いにくくなる。

調子が良い時の、20㎝半ばがアベレージという状況ではなくなっていた。

 

しかし15~17㎝前後のイワナは20匹くらい出て来てくれた。

 

尺イワナ狙いで大きい方のネットで釣行した。

 

なんとか25~26㎝のイワナも釣れた。

 

尺イワナ釣り

 

小渓流を釣り上がって、魚の反応が見える。

やっぱり渓流のサイトフィッシングは面白い。

 

イワナの力強い引きも久し振りだ。

最初ドラグ緩めにしてたら小さなイワナにもすごくドラグを出された。

 

ただ落ち込んだ事もあった。

 

久し振りに小さな渓流でキャストすると、自分のキャストの下手さが分かる。。。

思ったところに投げられるようになりたいなぁ。

 

そして、この日1番のイワナがかかった!

かかった瞬間、「こりゃ尺がきたか!」と心の中で思った。

 

ネットイン!

 

尺イワナ釣り

 

ドキドキしながらメジャーをあててみた。

すると、、、

 

片手でメジャー、片手でカメラは撮りにくい。。。

尺イワナ釣り

 

サイズは29.5㎝!

 

思わず3回測ったけど、29.5㎝!

尺じゃなくて泣き尺だった。。。

 

ちなみにイワナはすごく動くし、寝転ばずに立つのでサイズが測りにくい。

 

尺じゃなかったけど、この日の1番イワナにありがとうと言ってからリリース。

 

泣き尺イワナはビュンッと動いたと思った瞬間、

お尻から水中に浸かっていた僕の体に沿って動いて、なぜか膝の横で落ち着いた。

 

水中に立て膝していた僕の右足とズボンと、落ち着いている泣き尺イワナ。

 

尺イワナ釣り

 

なんだかほっこりした。

イワナのこういう愛嬌のあるところが、大好きなのだ。

 

イワナじゃなくてもあるかもしれないが、なんだかイワナらしい行動だ。

 

体力回復に休憩しているのかもしれなかったので、少し眺めてからそっと動くよう促す。

 

すると我に返ったようにビュンッと深場に戻って行った。

 

この出来事も楽しかったし、この日はイワナを釣りにきて良かったと思った。

 

先日完成した不器用ルアーでもそれぞれ釣れた。

泣き尺イワナを釣ってくれたのは、この日がデビューの新しいタイプの不器用だった。

 

尺イワナ釣り

 

まだまだプロトで課題はあるけど、まずは手応えを感じる事が出来た。

 

15時に終了して、家に向かって車を走らせながら思った。

 

釣り方や魚種や釣り場について、僕はどちらが好きなんだろうか?

  • サイトフィッシングと、
  • ブラインドフィッシング。
  • イワナと、アマゴ(ヤマメ)。
  • 小渓流と、川幅広い場所。

『どちらが好きか?』と2択を考える時に、決まって僕の頭に流れるメロディーがある。

 

松浦亜弥さんの『ね~え?』という曲だ。

(僕は世代である。上記曲名をクリックでYouTubeに飛びます)

 

『好きな男の子の気を引きたい女の子の心境』を書いた歌詞だと思われる。

 

歌詞を引用する。

迷うなぁ~!

セクシーなの?

キュートなの?

どっちが 好きなの?

 

僕から言わせると、そんなの答えは決まっている。

 

僕はセクシーもキュートも、

両方好きだ!

 

そんなの、選べない。

 

そして、

 

サイトもブラインドも、

イワナもアマゴ(ヤマメ)も、

小渓流も川幅広い釣り場も、

 

両方好きだ!

 

それでいいじゃないか。

 

6月のある晴れた平日に、小渓流でイワナを釣ってそんな事を思った。

 

そしてこう思った。

次は川幅広めの場所で、アマゴを釣ろうか。

 

って、おい!

釣行から帰る道すがらに、

次の釣行の事を考えている!?

 

人生と商いと渓流釣りは、止まらない列車なのであった。。。

 

(使用タックル)

ロッド:ファインテール3.8ft

リール:シマノ 16 ストラディックCI4+ C2000HGS

ライン:PL-M64R PITBULL4 0.8号ライムグリーン

リーダー:バリバス ライトゲーム ショックリーダー 30m 2号

ルアー:不器用ルアー(プロト含む)

 

渓流ルアー釣りという病の重症患者を発見!とツッコまれた方も、自分もそうだという方もクリックお願いします(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

しげるが購入した釣り道具など↓

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター ラオウのご主人様 より:

    この時期はなんでちびっこい魚が多くなるのか不思議ですね。
    29・5センチもいい型たけどなんとなく不完全燃焼な感じで次回に期待したいみたいな良くわかりますよ!(^_^;)

    1. しげる しげる より:

      ラオウのご主人様さん
      小さい魚が多くなる時期ですね(^^)
      上手く説明出来ませんが、産卵された子供たちが少しずつ大きくなっているタイミングでもあると思っています。(間違った認識かもしれません)
      なので良い事と言うか、命が繋がれているのを見れるタイミングだと思っています(^^)

      29.5㎝は良いサイズといえば良いサイズなんですが、今回に限っては不完全燃焼でした(^^;)
      アマゴばかり釣っていると、たまにイワナも楽しいです(^^)

  2. アバター しげ より:

    しげるさんー(^^♪ おはようございますー! 松浦亜弥!懐かしいですねー! ボクは世代じゃないですけどーー 松浦亜弥のイメージは、男の人が亜弥の物まねをするイメージが強いですーーー(笑) ボクも次の釣行のことは帰り道考えてますよーー! 最近は地図を眺めて、次ぎはどこ行こうかーーなんて考えてる時間も好きです!! 

    1. しげる しげる より:

      しげさん
      おはようございます!
      松浦亜弥、ご存じでしたか(^o^)
      確かに前田健さんが松浦亜弥さんのモノマネを良くしていた記憶があります(^^)

      しげさんも帰り道で次の釣行を考えているんですね!地図を眺めて考えたりも!

      しげさんも立派な、渓流ルアー釣りという病の患者さんですね(^_^)v

  3. アバター 花屋のいちろー より:

    いやぁ、まぢ絶好調ですねぇ( ≧∀≦)ノ。おちびちゃん爆釣からの泣き尺!(*´ω`*)凄いです。
    本当、イワナはじっとしててくれないですよね(汗)。どこか抜けていて(笑)、釣り人付き合いはいぃのに釣り上げると途端に素っ気なくなる。まさに小悪魔ちゃん( ≧∀≦)ノ

    ヤマメもイワナも、サイトもブラインドも釣りは釣りですょ。みぃーんなひっくるめて釣り好き。優劣のつかない事考えても仕方ないですよぉ(笑)。

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      今シーズン、なぜか調子が良いです(*^_^*)
      場所のおかげです(^^)

      イワナ、ほんとじっとしてくれなくて写真撮るの難しいです。
      すぐに脱走するし。。。
      『釣り人付き合いはいぃのに釣り上げると途端に素っ気なくなる』ってイワナを上手に表現されていますね(^^)

      釣りは釣り。そうですね。
      どちらがどうとか考えるより、ただ釣りを楽しもうと思います(*^_^*)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください