バルサ材

ゆっくりと製作中、良いバルサ材と渓流フローティングミノー

バルサ材ルアー

 

すごくゆっくり、ルアーを作っている。

時々作っているのを忘れそうになるくらいゆっくりだった。

 

ルアーでもなんでもそうだけど、時間をかければイイモノが出来る訳では無いと思う。

だけど、時間をかけないと出来ないこともある。

このあたり、『努力したから成功するとは限らないが、成功した人は努力している』に似ている。

続きを読む

カンニングは大事だ。渓流ルアーでもハンドメイドミノーでも

鱒の森

 

僕はカンニングが得意だ。

というと誤解を受けるかも知れない。

 

Wikipedia(ウィキペディア)では、

カンニング(英語:cheating)は、試験のとき、隠し持ったメモや他人の答案を見るなどして答案を作成する不正行為の名称である。

 

となっているが、僕の中での意味合いは少し違うのである。 続きを読む

渓流ルアーで使い方が楽しいバルサハンドメイドミノー!

渓流ルアー ブログ

 

 

 

 

 

使いやすい渓流ルアーってどんなルアーでしょう?

 

当然、人によって、釣り場によって違うと思う。

ただ、僕の渓流ルアー釣りの場合、スピナーである。

 

初めて渓流魚がルアーで釣れることを教えてくれたのがスピナーだった。

もっと言うと、スミス  ar-sスピナーである。

 

僕のar-sスピナーへの想いは、過去ブログ参考下さい。

参考ブログ 渓流ルアー入門7回目 渓流最強ルアーはar-sスピナー

 

今回は、そんな使いやすいar-sスピナーに少しでも似ている使い方が出来るようなルアーを作ってみました。

続きを読む

初めての渓流ハンドメイドルアーその2 型紙をとる。

 

ハンドメイドルアーシリーズその2である。

半ば勢いでバルサ材を買った僕は、早速人生初めてのバルサ材削りを行った。

図書館で借りたルアー作りの本にトラウトシンキングミノーの型紙があったので、今回はそのまま教科書通りに作ることにした。 続きを読む