不器用便りその4 渓流フローティングミノーとアワビ貼り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流フローティングミノー

 

前回ブログでは塗装が完了して、次はリップ付けという工程まで進んだ。

しかし、アワビ貼りしたルアーで想定外の事があったのだ。

 

渓流フローティングミノーでアワビ貼り

 

左が50㎜弱、右が55㎜前後のフローティングミノーだ。

1番上がアワビ貼りのルアー。

 

フローティングミノー

 

結論から言うと、想定外だったのはアワビを貼る事によるルアーの重量の変化だ。

それは浮き姿勢のチェックをした時に気付いた。

 

例えば50㎜弱のアルミ貼りミノーはこんな感じだ。

 

渓流フローティングミノー

 

対してアワビ貼りルアーはお尻が下がっている。

 

渓流フローティングミノー

 

55㎜前後のルアーはもっと傾いている。

ぎりぎり浮いている感じだ。

 

渓流フローティングミノー

 

スイムテスト中に気付いたこともある。

アワビ貼りルアーは浮力が弱いので、浮かび上がってこない。

 

フローティングというかサスペンドくらいである。

それはアルミ貼りルアーよりも重くなっていたからだ。

  • 50㎜弱のルアーで0.2~0.3g、
  • 55㎜前後のルアーで0.3~0.4g重かった。

重量は、アワビを貼った事だけが原因では無い。

 

アワビの段差をならそうと、ドブ漬けを2回追加したのも影響があったと思う。

僕くらいのレベルで慣れないことをすると、想定外の事は起きるのだ。

 

それらの失敗の積み重ねが、経験になればいいと思う。

そう思えるのは、そもそもアワビ貼りは自分用にするしかないかなと思っていたのでダメージが少ないのである。

 




 

そしてルアーたちのスイムテストを近くの川でしたのだが、

  • 50㎜弱は2回
  • 55㎜弱は4回

川に足を運ぶことになった。

 

50㎜弱は一発OKでも良い感じだった。

1つだけ、ただ巻きの動きが激しくて少し抑えるか悩んだのだ。

 

渓流フローティングミノー

 

どうしようか悩んで、少し抑えめにしたのだ。

なのでスイムテストは2回になった。

 

55㎜弱はもっと色々試した。

 

渓流フローティングミノー

 

結果、55㎜弱のパイロットルアーの口がすごく広がった。。。

 

渓流フローティングミノー

 

しかしその甲斐(?)あって、スイムテストはどちらも合格になった。

 

 

こちらも、

 

渓流フローティングミノー

 

不器用ルアー完成とネーミング!

 

スイムテストも終わり、やっと完成した。

ネーミングは前回ブログで、頭文字がGとHであることはご紹介していた。

 

50㎜弱のフローティングミノーは、

まだ見ぬ源流や、いつもの渓流用をイメージして作った。

 

なので源流の『源』から取って、

 

不器用ルアー、

『源氏』(げんじ)なのだ!

 

渓流フローティングミノー

 

対して55㎜前後のルアーは、

平打ち(ヒラウチ)やヒラヒラとただようイメージで作った。

 

なのでヒラウチとヒラヒラの『平』から取って、

 

不器用ルアー、

『平氏』(へいし)なのだ!

 

渓流フローティングミノー

 

不器用ルアー『源氏』と『平氏』。

下の写真の文章は、グルメリポーター彦摩呂(ひこまろ)さんの発音で読んで下さい。

 

渓流フローティングミノー

 

うん。

これが言いたくて言いたくて、だから名付けたようなものである。

 

「ルアーの源平合戦やぁ~」が言えた。

それだけで、製作に費やした一ヶ月少しが報われたような気になった。

 

次に僕は『小坊師』のセカンドロットを作っている。

しかしそこでまたしても失敗が牙を剥いたのだった。。。

 

不器用便りその5に続く。。。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター 右脳派釣師 より:

    しげるさんこんばんは!
    リップは大事なんですね〜
    飯田さんも昔の本で「リップ無しで一度スイムテスト、リップはミノーのエンジン」と言ってました。
    ビルダーの世界は奥が深いですねぇ

    1. しげる しげる より:

      右脳派釣師さん
      リップ大事です!1㎜でも場所が違ったらかなり動きが変わってきます。
      飯田さんの話、さすがです(>_<) 僕はリップ無しでテストしたことはなかったです(^^;) ビルダーの世界が森だとすると、僕は入り口をうろうろしていますが、森の奥には色んな事があるんだと思います(^^)

  2. アバター ヤング より:

    完成しましたねヽ(・∀・)ノ

    僕も、60mmのフローティングを6個作りました♪

    スイムテストは、近いうちに(笑)

    アワビ貼りにすると、かなりウエイトが変わるので中に入れるウエイトを軽くして調整したりしてます!

    僕は、コーティングをかなりする方なのでw

    ホログラム verは、見事に失敗しました・・・(;´Д`)

    1. しげる しげる より:

      ヤングさん
      完成しました(^o^)
      ヤングさんも60㎜フローティング、完成おめでとうございます(^^)

      やはりアワビ貼りにするとウエイト変わるんですね。
      ウエイトを入れる段階からアワビ用に作るとか工夫が要りますね。
      特にフローティングだと浮力に影響するので(>_<) ホログラムverは、、、、ドンマイです(^o^)

  3. アバター ラオウのご主人様 より:

    源平合戦でしたか!!
    全然近くなかった・・。
    でも今後のシリーズに発展しそうなネーミングでカッコいい名前ですね!

    1. しげる しげる より:

      ラオウのご主人様さん
      正解は、源氏と平氏で源平合戦でした(^o^)
      源氏は源流から取っているので惜しかったです(^^)
      お褒め頂いてありがとうございます(*^_^*)

  4. アバター 花屋のいちろー より:

    アワビ張りの問題点はやっぱり比重でさしたかぁ。予想通りでした。
    着実に出品する品々、完成していってますね。HにG、そして今回の源氏、平氏、魅力のあるルアー達ですね。
    それにしても失敗、次から次へと出てきますね(汗)。ファイトです!!

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      アワビの問題点、予想通りでしたか(^o^)
      軽いフローティングミノーなのでモロに重さの変化を感じました(^^;)
      ありがとうございます。少しずつ進んでいるから嬉しいです(^^)めちゃめちゃ時間かけてますが(^_^;)
      何事も無くルアーが完成するなんていうのは夢か幻か魔法でしょうか。。。(遠い目)

  5. アバター 3110tkj より:

    こんばんは。
    ルアーの動きって、対象魚、水域、使い手の好みとかでなかなか正解ってないんでしょうね。
    今はフィールドテストもなかなかできないですし、私も春までに良いものが作れるかどうか…

    1. しげる しげる より:

      3110tkjさん
      おっしゃる通り、正解ってないとは思います。
      書いて下さっている通りそれぞれの場所や人によって目指す動きや理想は違ってくると思います。
      だからこそ作る人によってハンドメイドルアーの個性があるのが素敵なところだと思います(^^)
      魚の反応、みたいですよね(>_<) 僕が言うのも何ですが、焦るとろくな事が無いので焦らず作りましょう(^o^)

  6. アバター しげ より:

    しげるさん~(^^♪ おはようございます! 想定外!試行錯誤!悪戦苦闘!ハンドメイドルアーって本当に奥が深いですね~! これが正解? これで完成? これなら満足? がない世界かと思います。。。寒い時期なので体に気をつけて頑張ってくださいーーー! 

    1. しげる しげる より:

      しげさん
      おはようございます!
      僕が下手なのもあるのですが、うまく行かないことの連続です(>_< ) 書かれている通り、これで正解や完成がない世界なので日々落ち込んだり悩んだりしています。 今日アップする予定のブログも書いていましたが、これまた失敗が沢山です(>_<) こないだはメールありがとうございました。ちょっと前向きになりました(^^) 体に気を付けてがんばります(^o^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください