バラし検証その3 シングルフックバーブレスのフックサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流ルアーフック

 

バラし対策シリーズとして検証を続けているのだが、

まあ引き続きバラしているのだ。

スイミングフックにかなりの手応えを感じたが、市販のシングルフックバーブレスも試しているのだ。

スイミングフック参考ブログ

検証釣行!スイミングフックとシングルフックバーブアリ!?

検証渓流ルアー釣行その2 スイミングフックに問題点?

 

これまでのフック検証履歴

シングルフックバーブレスはこちらを使っている。

かなりメジャーな商品で、僕のような田舎の僻地在住の者でも手に入る。

 

オーナー針 S-55BLM

シングルフックバーブレス オーナー針 カルティバ

ちなみにバラしまくった時には、♯8を付けていた。

バランス的にはこんな感じだ。ルアーは約45㎜である。

 

渓流ルアーフック

 

それを♯6にサイズアップしてみた。

 

渓流ルアーフック

 

フック検証の流れは下記である。3番以外は全てシングルフックバーブレスである。

詳しくは過去ブログ参照下さい。

2番からは、やり取りに関しても強引にならないように改善している。

  1. カルティバ SBL-55 の♯8 で7ヒット6バラし。
  2. スミスシェア-フック(スイミングフック)で2回釣行。バラし率は激減したが問題点あり。
  3. たまたまシングルフックバーブアリで1ヒット1ゲット。
  4. カルティバ SBL-55 のフックサイズを大きく、♯6にしてみる。

この4番が今回の検証である。

 

フックサイズを上げての釣行!

 

♯6にして2回釣行をした。

 

1回目 6月15日木曜日 晴 水温15度 出勤前2時間

僕の中でベスト3には入らないが、神7(by AKB48)には確実に入る川幅広めの場所に行く。

ウェットウェ-ディングである。

参考ブログ 今年初のウェットウェーディングとオオサンショウウオ!

 

渓流ルアーフック

 

今年初めてのポイントだが、梅雨なのにやはり水量は少なめである。

1匹目、かかったかと思った瞬間にバレた。

2匹目、瀬ででかかる。

強引にならないように寄せる。

ネットイン!  20㎝前後のアマゴだ。

でも、針がかかっている場所とかかり方が、、、

外からかかったような感じになっている。

 

渓流ルアーフック

 

全体写真 (針は外れた)

 

渓流ルアーフック

 

 

3匹目、このピンクルアーでは無く、以前バーブ有りだった赤金シンキングルアー(バーブは潰しました)でかかるが2秒ほどで外れる。。。

ダウンで深場を狙ったのだが、手応え的には尺はわからないが、25㎝から後半はありそうな手応えだった。2秒ほどグリングリンと手応えがあってすぐにバレた。。。

この日は終了である。

 




 

2回目 6月16日金曜日 晴 水温15度 出勤前3時間

 

日付を見ればわかるのだが、2日連続である。しかも5時前には釣り場に到着していた。

僕のホームの釣り場ベスト3の中で、今年まだ釣っていなかった最後の1つだ。

しかし朝5時前~6時くらいは1瞬の1バラし程度で、今年はいないのかと思っていたら、やっぱりいた。

1匹目、サイド気味に流してきて、近くの流れのある石の裏から出てきた。25㎝前後で、良く引いた。わりと体高もある。

 

渓流ルアーフック

 

2匹目、流れの少し緩くなっている肩付近にいた。

ネットインして違和感が。

この外からかかったような針のかかり方。昨日も見たよな。。。

 

渓流ルアーフック

 

全体像

やっぱり昨日と同じような、口の中じゃなくて外からの刺さり方だ。。。

 

渓流ルアーフック

 

疑問に思いながら、釣り進む。

 

3匹目、こうなったら針がかりのほうが気になる。

ネットイン!

うん。普通こうかかるはず。

 

渓流ルアーフック

 

2日目の釣果は、

  • 9ヒット3ゲット。
  • 2匹はすぐにバレた。
  • 4匹は少し手応えあってからバレた。
  • 3匹はゲット。1匹は変な針がかりだった。
  • 2日で4匹ゲットだが、2匹は外からかかったような針がかり。

やはりバラし率は結構高い。。。

ただ、釣果とバラし率よりも気になったのは、1日目と2日目で合計4ゲット。

その内、2匹が同じような、外からかかったような針がかりだったことだ。

 

外からの、スレ掛かりのようなフックの掛かり方

 

今回のフックの掛かり方、4匹中2匹という確率5割である。

偶然なのか!? 偶然というには高い確率である。

どうすればこのかかり方になるのかを考えた。

 

  • 食べようとしたのではなく、威嚇、攻撃的な体当たりをしてきたときにかかった。
  • 食べようとして口を開けたが、思ったよりフックサイズが大きかったため口の外にかかった。

こんなところだろうか。

フックサイズが大きいため口の外にかかるという現象を、僕の画力では表現できないと思って外注(嫁)に出した。

しかし結果として、そんなに変わらない(?)仕事が返ってきた。

 

渓流ルアーフック

 

う~ん。絵で伝わるか不安である。

 

でも、次にすることは決まった。フックサイズを下げるのだ。

それで結果を見よう。

ブログを見てアドバイスコメントを頂いた方の中で、フックサイズがルアーに比べて大きすぎないかと指摘をして下さった方がいらっしゃったのだ。

その方の言うとおりなのかもしれない。

次の結果次第で、スイミングフックなのかフックサイズを変えるのか決定である。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 





 

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. かわし より:

    フックサイズですか。
    私は大きくしてみようかなと思っていますが。
    私のフックサイズは、もともと付いていたトレブルフックのフック一つ分の大きさの物を使っています。
    今のところ問題なく釣れているんですが、大物が掛かったら大丈夫?と思ってしまうので、できる限りサイズアップしたいなと。
    シングルフック自作だとトレブルフックより太めを選択できるので、大丈夫だと思うのですが。

    1. しげる より:

      フックサイズ、かわしさんと僕では状況がまったく違います(^^;)
      今回のコメントを見て、やはり自分のフックがデカすぎたと認識しています。
      元々ついていたトレブルフックの一つ分。。。
      ルアーの写真を見て頂くと分かって頂けると思うのですが、かわしさんに比べると、ものすごくデカいです(>_<) 僕はフックサイズ迷子中なので、なんとも言えませんが、かわしさんのコメント、参考になりました!

  2. かわし より:

    昨日釣りに行ってきました。
    なかなかルアー釣りする機会がない中、放流後すぐくらいの場所でルアー釣りとエサ釣りしてきました。

    私は、針は一箇所に2個付けしてます。以前2箇所に針がかかってしまうと言っていたことがあったかと思いますが、今回4当たり3ゲットの中で、同じ場所に2個付けしているにもかかわらず、一度も2本かかることはありませんでした。

    2本掛かりは、針の大きさ、紐の長さとともに、針の形状もあるのでは?と思いました。マス針のような早掛け系だと針先が上を向くので、かかりやすいのでは?と。
    スイミングフックでないルアー用で、早掛け系はないなと思ったので。
    参考になればと^_^

    1. しげる より:

      針を1ヶ所に2個付けは、いわゆるちらし針というやつでしょうか。
      ちらし針はかなりゲット率が高いと聞いたことがあるようなないような。。。
      僕のスイミングフックはシェア-フックなので、2本ともかかるのそのせいかもしれません。
      たしか、かわしさんがシェア-フックは早掛け系と指摘してくれていましたよね。
      紐も長いですし。
      アドバイスありがとうございます!

  3. かわし より:

    私のはちらし針ではなくて、タンデムフックに近いです。
    ただ通常のタンデムフックにしてしまうと、針を2本同時に交換になってしまうので、ケチ臭くシングルフックを2本付けにしてます(笑)

    1. しげる より:

      タンデムフック!
      初めて聞いた言葉です。
      シングルフックの2本付けですか。
      段差を付けてのフック2本付けは1度やったことありますが、同じフックの2本付けはないです。
      色んな方法があるんですね。

コメントを残す