渓流ハンドメイドルアー用にエアブラシを買おうと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

僕のホームリバーの8月末の禁漁までもう3日ほどである。

日々の出勤前釣行という、楽しみが無くなる9月からどう過ごそうかと悩んでいるのである。

平日釣りに行けなくなるので、確実にこれまでよりも時間が出来る。

 

さらに、僕は『お酒控えて好きなものにお金を使うのだ、2016年』 という運動を個人的にしているのだ。

もしまったく1ヶ月お酒を飲まなければ1万後半が浮いてくるはず。

 

そして飲兵衛の方々はご承知の通り、お酒を飲まないと夜の使える時間が格段に増えるのだ。

参考ブログ 酒やめたら、いい釣り道具買えるといつも思う。。。昨日もそう思った。
        お酒控える宣言のようなブログを書いた僕のその後。。。

 

日々の楽しみに何をするかと思っているが、実は1つ、もう決まっているのだ。

それは、

 

「ハンドメイドルアー作り」である。

 

以前、ブログにもアップしているしこのブログのカテゴリにも ハンドメイドルアーがある。

今年渓流用ハンドメイドルアーを作ってみたのだ。

 

参考ブログ  カテゴリ、タブ ハンドメイドルアー
渓流ハンドメイドルアーを不器用が作ったら? その1バルサ材を買う。

 

僕は非常に不器用で、字は 象形文字ですか? とか言われるくらい読めない。

ちなみに絵も酷い。 小学校の時に図画工作で1をとったことが1回ある。

 

とにかく手先を使って何かを作るセンスが欠落した人間なのである。

しかし不器用なりに、本当に不器用なりにルアーを作って、そのルアーでアマゴが釣れたものだから楽しくなったのだ。

 

今年の春行以降、梅雨から夏にかけては出勤前釣行が忙しくてルアーを作っている暇が無かった。





 

シーズンオフにはルアーを作ろう。そう思っていたシーズンオフがもう目の前である。

だが不器用がハンドメイドルアーを作るにあたって、かなりの障害が目に見えて出たのが塗装である。

 

いわゆる筆塗りで塗っていたのだが、何回か作ってもこの体たらくである。

 

 

まず線が真っすぐ引けないのだ。

どうしてもしゃんとせずに歪んだ、波打ったようなラインになる。

 

もう性格がかなり歪んでいるから仕方ないと諦めるほかないのである。

僕は個人的には、ルアーのカラーは視認性が良ければいいと思っている。

 

なので、こだわりは少ない方だと思う。

しかし、しかし、しかーし。

 

30代半ばの男が、時間を忘れて我が子のように手塩をかけて作ったハンドメイドルアー。

これを嫁に見せたところ、

 

「小学生の工作のほうが上手でしょ」

 

とばっさりなのだ。

女はロマンなどなく、現実的である。

 

僕のレベルでは、人の評価を求めるようなところまで到達していない自己満足ランクなのだ。

それでもハンドメイドルアーを作ったと言って人に見せて、口には出さないまでも、「うわ~ヘタクソ」と思われるのは切ないのだ。

 

そこでエアブラシ購入に踏み切ろうと思う。

エアブラシを買えば、ルアーの塗装が上手になるのではないか?

 

根拠はまったくないが、このあたり、田舎の若者が都会に行けばいい事やいい出会いも沢山あると漠然と夢を見るのに良く似ている。

実際にはエアブラシの使い方も不器用な僕が出来るかわからないが、この燻ぶっている思いはやってみなければ納得いかないのである。

 

しかし、不器用で機械に弱く、お金も豊富にはない。というヘレン・ケラーばりの三重苦を抱えている僕である。

そして世の中は様々なエアブラシで溢れていた。。。

 

この中からどうやって選べばええんや!

と関西弁が出てしまうほど悩む。

 

エアブラシを使っている人の絶対数でいうと、

プラモデラー(ガンプラ、戦車、車含む)>ネイリスト>ハンドメイドルアー作り と勝手に思ってしまう。

 

レビューを見ても、模型作りの意見がほとんどである。

なので、模型の大きさによってコンプレッサーの圧力がうんぬんと言われても (?)マークなのだ。

 

僕は買い物が得意とはいえず、これまでに数々の失敗をしてきているのだ。

そこで辿りついた1つの心理は、『安物買いの銭失い』である。

昔の人は良いことを言うのだ。

 

一方で、不器用な僕がどこまでハンドメイドルアーを作るのだろう?

それならば安いので試せば?という囁きもある。

 

パソコンでレビューや値段を見ながら悶々としているのだ。

そんな中、エアブラシの候補に挙げたのが下記である。

 

エアーブラシ ワークセットMETEO (メテオ)  エアーテックス

アマゾン価格 約8,200円

圧力も0.2Mpa ある。 僕がネットで調べた知識では0.1Mpa以上必要とコメントがあったのだ。

安いエアーブラシの中ではパワーもあるらしい。 

というか、また安物を買おうとしてしまっている!

 

 

続いての候補は、値段が上がってわりにちゃんとしているっぽい。

Mr.リニアコンプレッサー L5/エアブラシセット PS321 アマゾンで28,000円くらい。

定価は48,000円(!?)なのだ。

 

ネットで調べていると評判の良いメーカーの一つである。

予算があれば、このシリーズのL7のプラチナブラシセットが良いみたいだが、定価6万円オーバー、アマゾンで約4万円ほどする。。。

 

 

これのプチコンという、ちょっとリーズナブルバージョンもある。

Mr.リニアコンプレッサー プチコン/エアブラシセット PS304 アマゾンで20,000円弱

 

 

そしてコンプレッサーと言う見た目ではないが、コンパクトでタミヤというブランドが小学生の時にミニ四駆を作っていた僕のハートをキャッチする商品がある。

タミヤ エアーブラシシステム No.41 スプレーワーク HG コンプレッサー レボII (HGエアーブラシIII付) 74541

定価約37,000円 アマゾン約24,000円

 

模型と言えば、のタミヤである。

しかも、エアブラシもある程度ちゃんとした物がついているようだ。
ただ、水抜き? が付いていないらしい。

 

 

最後に、一瞬クリックしかけた商品が、

エアーブラシスターティングキット 【3Lタンク付きエアーコンプレッサー&エアーブラシ(重力式)】

 

コンプレッサーは良いものがついているらしく、圧力も高い。

値段も約13,000円である。 ただエアブラシがあんまりなようで、結局しばらくしたらエアブラシ購入という事になりかねない。

 

 

ここまで読んで頂いた方ならお分かりのように、

非常に混乱しています!

 

諸先輩の皆様は何を基準に渓流ルアー用エアブラシを購入されたんだろう。

 

①とりあえずどこまでハンドメイドルアーを作るかもわからないから安めの1万円以下で。
②ある程度ちゃんとしているものを買ったら将来子供も使うかもしれない、使わなくなったらヤフオクでも売れるので少しは回収できる。

 

とりあえずで購入か、安物買いを避けてある程度のものを買うか。それが問題である。。。

しかし、ある程度のエアブラシセット買うと僕のこれまで買った釣り道具の中で1番高い買い物になるではないか。。。

 

最初は8,000円でも高いと思ったが、エアブラシセット調べているうちに1万以下は安くて、2万~3万で通常のスターターキットという認識が出来てきたのが恐ろしい。

 

もういっそ、「えいや!」 と2、3万出してしまいそうである。

恐るべし、ハンドメイドルアー。。。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村




           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター fujimuuu より:

    こんばんは〜!
    僕は、最後の3Lタンク付きのコンプで十分と思いますよ!僕もソレですから(^^;;
    エアブラシが付いてるなら、もう一個ノズル組み替えパーツ付きのを買うと良いです。
    ¥3000位で熱帯アマゾンで売ってます。
    塗装用とセルロース色止め用のガンを使い分けるのです。
    色止めを拭くためにある程度の圧力が必要なのでタンク付きのコンプがお勧めです!

  2. アバター しげる より:

    fujimuuu さん
    コメントありがとうございます!
    fujimuuuさんのは最後のやつなんですね^ – ^
    圧は高い方がいいのは知りませんでした。
    ご質問なのですが、エアブラシはついていましたでしょうか?
    また、ついていたら熱帯アマゾン購入のブラシが塗装用ですか?
    最初からついているほう?
    お手数ですが教えて頂ければ幸いです。

  3. アバター せざも より:

    お、シーズンオフの楽しみが増えましたね。
    うらやましいです。
    私個人としては「まっちざべいと?まっちざ…ああ、ワサビ醤油が合うよね」的なヘンテコルアーにメーカーのペテンに対するアンチテーゼを感じ、新進気鋭のヘンテコ系ルアービルダーとして注目していました。
    願わくば綺麗に塗れるようになっても般若心経がビッシリ書いてあるような、渓流で出会ったアングラーがドン引きするようなヘンテコを作り続けてください。
    そしてそれ、私買いますから 笑

  4. アバター しげる より:

    せざもさん
    シーズンオフに何をするか考えて、ルアー作りになりました。海釣りもしますが。
    個人的にはメーカのぺテンに対するアンチテーゼもなにもナチュラルヘンテコ系ルアービルダーなので、たぶんこれからも変わった塗装をすると思います(^O^)
    でもどうせなら、キレイにも塗れるし、変わったルアーも塗れるという方向に辿り着きたいです。
    へんなルアー作ったら買って下さいね(*^^)v

  5. アバター fujimuuu より:

    しげるさん、実は最初に買ったのはメテオの安いやつです。目を付けるのは同じですね(^^;;
    なので、僕が買ったのはブラシ無しです。
    ブラシ無しのコンプに、組み替え可能なブラシセットを別で買って、メテオのブラシをセルロース色止め用に0.5のノズルを組んで、後から買ったブラシに塗装用0.3mmノズルを組んでます。
    見た目ブラシが同じ形だったので勘で買いましたが組み替え出来ました。
    使い分けはブラシをホースに付け替えるだけ。
    こんな説明で大丈夫ですか⁇

  6. アバター fujimuuu より:

    誤解の無いように…
    塗装時の圧は、かなり低いです。レギュレーターで絞ってます。
    色止めが圧が高くないと出ないんです。
    セルロースの粘度が塗料に比べて高いんです。
    これは、やり出せば分かりますよ(^_^)v

  7. アバター しげる より:

    fujimuuuさん
    ご返信ありがとうございました!
    最初に買われたのはメテオだったんですね!
    でも、次のを購入されるってことはやはりメテオでは不足な何かがあられたと推測します。
    ブラシ無しを買われたんですね。
    ご説明で十分わかります!
    塗装時の圧と色止めの圧は、やってみて感じます。
    アドバイスありがとうございました!
    大変助かります!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください