ウェットウェーディング、ゲータースタイル入門 写真付! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リトルプレゼンツウェーダー

 

今日は、ウェットウェーディングスタイル(ゲータースタイル)の話である。

 

というのも、以前のブログでご紹介した通り、買い物ラッシュだったのだ。
参考ブログ 箍(たが)が外れるとはこのことで、まるで積木くずしである。
参考ブログ ブリザテックウェーダーを購入!プロックス(PROX)  

 

ロッドが折れてから、積木くずし的に色んなものを購入した中に、ウェーディングシューズや、ウェットウェーディング用のタイツ、リバーショーツ(ハーフパンツ)もあるのだ。

 

参考ブログにもあるのだが、プロックスのブリザテックウエストフェルトウェダーを買ったところなのになぜ? と思われる方もいらっしゃるかもしれない。

僕はお小遣い制サラリーマンなので散財しているつもり(あくまでつもりは)はないのだが、ウェットウェーディングスタイルについては、以前から憧れがあったのだ。

 

①涼しげで快適そう
②機動力が上がりそう
③なんかカッコイイ いわゆる、小洒落(こじゃれた)た感じ。

 

と思っていた。

なので、去年の嫁からのクリスマスプレゼントは LITTLE PRESENTS (リトルプレゼンツ)のウエット ゲーターだったのだ。

※全て写真をクリックするとアウトドア、フィッシング大手ナチュラムに飛びます。

 

商品リンク

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) ウエットゲーター


いわずと知れた、ウェットウェーディング、ゲータースタイルの人気ナンバーワンである。僕がネットで調べていたらヒットする率が1番高かった。僕は去年のクリスマスからずっとゲーターだけは持っていたのだ。
画像クリックで販売サイトに飛びます。

 

そんな訳で、半年以上ゲーターだけ持っていた僕は、ようやっと他の購入に踏み切ったのだ。

今回買ったのはゲーター以外の商品である。

 

①ウェーディングシューズ
②リバーショーツ(速乾ハーフパンツ)
③タイツ (速乾タイツ)

 

の3点なのだ

 

①ウェーディングシューズはこれを買った。

商品リンク

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) ライトウェイトWDシューズ


こちらもいわずと知れた、ウェーディングシューズといえば! という感があるリトルプレゼンツのウェーディングシューズである。ネットで調べたところ購入者が1番多かったと思う。 

 

ちなみに僕は足が小さくて、約25センチなのだが、US7(24~25cm)のサイズで問題なかった。ゲーターを履く前提でのサイズ表示なので、いつもの靴のサイズでいいと思われる。US8(25~26cm)と迷ったが、US7にして正解だった。

そして軽いのだ。僕はこれまで、ウェーダーとブーツがセットになっているものしか使っていないのだ。そんな僕からするとかなり機動力が上がる。

 

②リバーショーツ(速乾ハーフパンツ)はこれを買った。

 

商品リンク

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) SP リバーショーツ


そう、お気づきかもしれないが、僕はリトルプレゼンツが好きなのである。
ただ、まだ実際に使用しての感想ではなく、デザインや、『アタリマエのイイモノ』をというキャッチコピーに魚より先に釣られたのである。

ハーフパンツはコールグレイ色もある。渓流ルアー以外に普段着としても、防波堤や一文字釣りのときやアウトドア、キャンプにも使えそうなのだ。

サイズはM(適合身長164~172、ウエスト93、股下29)、で胴長短足日本人体系、172センチ66キロの僕は問題なかった。まあLでも大丈夫な感じはする。

 

このハーフパンツは実はぎりぎりまで下記の長ズボンタイプと悩んだ。

商品リンク

 

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) SP リバーパンツ

これも普段着使いもできるし、タイツよりも虫や枝やなんやかんやからがっちりガードしてくれそうで良さそうである。
値段もあまりハーフパンツと変わらない。

 

 

そして最後に③タイツ (速乾タイツ)なのだ。この速乾タイツもリトルプレゼンツで! といきたかったのだが 下記タイツのLサイズチャコールグレイがナチュラムに無かったのだ。

 

 

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) ウエットボトム


良く考えるとMサイズで良かったのでは?と思うのだが、最近人生で1番太っている僕はLサイズが欲しかったのだ。伸縮性はあるのだろうが、タイツがきついと押さえこまれているような感覚になりそうで怖かった。MサイズはM(身長164~172、股下67、ウエスト66)と明記があり、ウエストのところにビビったのである。

という訳で、タイツは違うものを買う事にした。結果的に購入したのはアマゾンで、

 

 

 

 

僕は行く時は毎日のように出勤前釣行をするので、2枚買ったら送料無料はありがたかった。

そして、今回買った全てのウェットウェーディングスタイルを装着すると、下の写真になるのである。

 

 

 

リトルプレゼンツにウェットゲーターはずれるというコメントを時々見るが、

ちゃんとふくらはぎの裏のテープを止めるとそんなにずれない。

だぶっとした感じもなくなる。下記マジックテープをしめると、

 

 

 

だぶつかないし、ずれにくくなる。

まあ、テープしめても膝のあたりがずれるときはずれるのだが、そんなにすごく気になるレベルでは無い。

まずはこのセットでウェットウェ-ディング始めてそんなに問題は無い定番なのだ。

 

ウェットウェーディング

 

 

これが、下半身フル装備である。

ちなみにこのゲーターを履くと履かないのでは暖かさが全然違うのだ。

川に入ると冷えるから、このゲーターは保護だけじゃなく保温の効果がある。

 

ちなみに、前から見るとタイツはいらないのでは? という感じなのだが、

下は後ろから見た写真なのだ。

 

 

 

う~ん。この写真あんまりわからない。

まあ、ひざ裏とか、太ももとか、タイツが無かったら無防備になるのだ。

ちなみにゲーター無しの写真。

防波堤とは一文字とか、アウトドアとかキャンプとか、こんな感じの人がいても違和感なくないですか?

 

 

 

そんな訳で、見た目的に、スタイル的に、ウェットウェーディングスタイル(ゲータースタイル)は気に入っているのだ。

実際に釣行すると、とにかく快適である。動きやすいし、暑くないし、汗の量も減るし、見た目もかっこいい。

僕の地域では5月か、6月からは完全にこのスタイルで行ける。水温15度とかならまったく問題ない。

 

まあとりあえず、ウェットウェーディングスタイルの一つの例として参考にして頂ければ幸いです。

何故なら、僕がこの装備一式を買うにあたって、ネットで色々と調べた本人なのだから。。。

 

2018年5月追記

フェルトソールの張り替えをして、まだ快適に使っています。下記ブログが参考です。

ウェーディングシューズのフェルト交換、張り替えをしたのだ

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 魚太郎 より:

    こんにちはー^ ^
    以前のアドレスの話ですが
    送っておきました(^^)
    確認お願いしまーす笑

  2. しげる より:

    魚太郎様
    了解しました!
    確認します!

  3. サバオ より:

    ゲータースタイルかっこいいですよね。
    私もウェーダースタイルとゲータースタイルどちらにするか非常に悩みましたが、ゲーターを選択しました。
    その理由として
    1、下手くそな自分は足で稼ぐ必要があるので機動力が魅力
    2、一人での釣行が多いので川の中で転んだことを考えるとウェーダーは恐い
    3、ラン&ガンなので車に乗るのがゲーターの方が楽だし釣り終わりにはそのまま温泉にも行ける
    4、洗濯が楽。収納も楽。
    私はフォックスファイヤーの「エアリスタ」と登山グッズを組み合わせてます。
    先日、ファイントラックの「ラピッドラッシュタイツ」を購入したのですが快適ですよ。
    肌が濡れないのでストレスフリーです。
    釣りアイテムの実践レポート楽しみにしてます❗

  4. しげる より:

    サバオさん
    ゲータースタイル、いいですよね。
    最近は本流に近いところに立ちこむことが多いのでまだウェーダーですが、
    もうすぐシーズンインです!
    ゲーターの利点、自分もそう思います。
    3、4はまだ実際に使っていないのでわかりませんが(>_<) 渓流は、足で稼ぎますよね。 ラピッドラッシュタイツ見ました! いい値段しますが、もの良さそうですね! コメントありがとうございます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください