箍(たが)が外れるとはこのことで、まるで積木くずしである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

始まりはいつも突然なのだ。

愛用していたロッドが折れたのである。

(詳細はの参考ブログを下記に3つ)
新規開拓で尺近いアマゴを釣ってロッドが折れて心も折れる。
続、尺近いアマゴを釣ってロッドが折れて心も折れる。
拝啓メジャークラフトファインテール3.8ft FTS-382UL様。 そしてさようなら!

 

結果として僕の愛竿 ファインテール3.8ft FTS-382UL は修理するのと新品を買うのが一緒くらいの金額になったため新しいロッドを買うことにしたのだ。

しかし、その渓流ルアーロッドを買うという一手が、小さなタバコの不始末から燃え広がる大火のように(大袈裟か?)大きくなったのである。

例えるなら、積木くずし的(古い!)な感じなのだ。

必要に迫られて買った渓流ルアーロッド以外に僕が買ったリストである。

結果として僕の購入したものは、

①渓流ルアーロッド
②ウェーダー
③ウェーディングシューズ
④ウェーディング用タイツ(ウェットウェーディング、ゲータースタイル用)
⑤ウェーディング用 リバーショーツ(ハーフパンツ)

と、(僕としては)鬼のような購入っぷりなのである。

 

おっかけ、購入したものの感想をブログにアップしようと思う。

ただ、少しは使って、魚も釣ってからじゃないと感想が書けないので、ブログに書く順番は不確定でなのだ。

おまけに渓流用ラインも買った。

このラインの太さについては僕の覚悟も入った太さである。
(理由はまた書きます)

ちなみに僕は渓流用ラインについては、

 

絶対カラーライン!

 

というカラーライン派である。

その理由は、最近ある人がブログへのコメントで褒めてくれたから舞い上がってリンクを張るのだが、下記の渓流ルアー入門カテゴリーの以前のブログで説明しています。(個人的にお気に入りのブログなのでまだ見てない人は読んで欲しい。。。自己満足ですみません)
渓流ルアー入門6回目 渓流用ラインには人生を変える力がある 

 

ちなみに僕は、普段、1,000円程度の小銭? でもケチるというか、購入に悩むタイプである。

つい先日も、今年2個目のDコンタクトをロストしてめちゃめちゃ凹んだ。

しかしそんな僕は、『お金の大きい桁になったら現実感がなくなる』という特殊能力があるのだ。

それは、こんな風だ。

数百円や数千円の購入はかなり悩むが、 100万円も110万円も対して変わらないと思ってしまう。

10万円と12万円もどうでも良くなるのである。

どうやら、僕が真剣に悩めるのは数百円から数千円、万単位の前半くらいなのだ。

それより上になるとわりとドンブリ勘定というか、現実感がなくなる数字なのである。

僕は家を買ったことがないが、家を買う人は同じ様な感じになるのではないだろうか?

2100万も2200万も大して変わらないような。

 

といっても、しょせんは僕のことなので、数十万にはならない(人間、借金しない限り使えるお金分しか使えないのだ)が、僕の買ったものについてはこれから、使ってから、ブログでアップしたいと思う。

本当にしみったれた僕にしては、今回大盤振る舞いなのであった。

買い物楽しいなあと35歳を目前にして思ったのであった。

それにしてもファインテールの記事を書いたらファインテール使っている人からコメント頂いて、なんかそういうファインテール繋がり的なのがとてもうれしいのだった。

とか書きながら、発泡酒500mlはもう4本目なのであった。。。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村


 



           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す