鱒の森No.43掲載!丹沢大反省会とおまけで不器用ルアー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鱒の森No.43

 

鱒の森。

渓流ルアーという魔窟に足を踏み入れた方なら、誰もが知っている。

その鱒の森に、『丹沢大反省会』と、おまけで不器用ルアーについて書かれた記事が載ったのだ!

 

鱒の森1月号No.43

鱒の森

 

丹沢大反省会へ足を運んで参加されたSさんが書いて下さった。

タイトルは下記写真参考下さい。p83に掲載。

 

鱒の森

 

文章の詳しい中身は読んで頂きたいので書かないが、大反省会の概要や当日の雰囲気がとても良く分かる。

良い雰囲気の飲み会だったんだろうな~。行きたかった。

 

ZANMAI LURES・小平さんの想いや、大反省会の幹事まさのりさんの想いも書かれている。

そしてSさんが買って下さった僕の『不器用ルアー』のことも書いて頂いている。

なんというか、やはりコラムなどを書かれる方の文章は違うと思った。

是非読んで頂きたいと思っております。

 

鱒の森1月号

 

 

『不器用ルアー』は、人様に使って頂くなど考えたこともなかった僕が初めて出品したルアーである。

『自分の出来の悪い子供』のようなものだ。

そして親というのは『馬鹿な子ほど可愛い』ともよく言う話である。

 

そんな『不器用ルアー』について書いて頂いた文章を読み、じんと、こみ上げてくるものがあった。

出品を決めて、駆け足でルアーを作り、託して、完売、歓喜。

今年の10月のことがありありと浮かび上がってきた。

改めて、出品させて頂いて良かったなあ。

 

出品を決めたのは『丹沢大反省会』に行ってビールを飲みたくても、距離的に足を運ぶのが厳しかったからだ。

自分の変わりに自分のルアーを、なのだ。

当然、『丹沢にサクラマス、ヤマメを昔のように』という趣旨と、

『釣り人同士が飲んで楽しんで、そのお金で釣り場を豊かに』という仕組みに賛同したからでもある。

正直、普段自分が川や魚のためになにも出来ていないことへの罪滅ぼしもあったかもしれない。

 

そして、初めての試みである『大反省会』が開催される中で、

僕のルアーが参加された方のお酒のツマミに、また一瞬の笑いや話題にでもなればいいなと思ってのことだった。

僕に出来ること『笑い』かなと。

 

当然、ルアーは『笑い無し』で当時の僕の持てる力を全て出して、真剣に作った。

僕はこのルアーを使ってブログの釣果(たいしたものではないが)を出しているので、釣れないルアーではないはずだ。

しかしながら、他の方に使って頂いたことは無い。

そして、不器用が作っている『不器用ルアー』なのだ

 

結果として、12個出品したルアーが完売。

買って頂いた方から色んなコメントを頂いた。

皆さん、来年使うのを楽しみにして下さっていた。

 

中には、

「きちんと丹沢で泳がせて、必ず結果を出します」

と言って頂けたり。

 

なんというか、嬉しかった。

『チャリティー物販のお情け』ではなく、ちゃんとルアーとしての扱いをして、使うつもりで買って頂けたことが嬉しかった。

 

僕の気持ちを例えると、

  • 自分の息子が学校を出て就職した。
  • 小さい時から手がかかる子で、しっかりなんかしていなかった。
  • 親としては、大丈夫かな? 会社でやって行けるかな?と思っていたら、
  • 会社では一人前の男として扱われて、何とか仕事もこなしている。
  • うちの馬鹿息子が立派になって。。。ほろり。

まさにこんな感じだ。

禁漁期間でもあるので、釣果が出てくれるかは来年だが、

しっかりと一つのルアーとして扱って頂いているのがとても嬉しいのだ。

 

 

そして丹沢大反省会(丹沢サクラマスプロジェクト(仮))を知りたい!

という方に向けてリンクを貼ります。

幹事まさのりさんのブログに下記まとめがあります。

丹沢釣り人大反省会(まとめ)

募集ページを見ると、他のチャリティー物販出品者様がすごくて、ハンドクラフト展のようなのだ。

また、ブログを順番に読むと流れがすごく良く分かると思います。

 

僕のブログにもカテゴリで丹沢大反省会の記事がいくつかあります。

最初の記事はこちらです。出品したルアーを載せた記事もあります。

 

当然、第二回も開催される。

丹沢大反省会(丹沢サクラマスプロジェクト(仮))関連のブログなど読まれて少しでも、

「知り合いはいないけど楽しそうだし、参加してみたいな」とか思われたら。

 

迷わず一歩踏み出すことをおススメします。

皆さん、温かく迎えて下さると思います。

だって、僕を温かく迎えて下さったから。

 

そして僕は来年の解禁間近に企んでいることがある。

こちらの釣り人掲示板に『不器用ルアーでの釣果報告』スレを(勝手に)立てようかなと。(まだ妄想段階)

僕のブログはコメントで写真添付出来ないが、掲示板は出来るので。

 

記事を書いて頂きましたS様、本当にありがとうございました。

自分の子供(ルアー)が取り上げられると、親は嬉しいです。

 

そして不器用ルアーをご覧頂いた皆様、ご購入頂いた皆様、本当にありがとうございました。

出来の悪い子供かもしれませんが、よろしくお願い致します。

また、出品を受け入れて頂き、素敵な場を提供頂きました幹事まさのりさんはじめ、運営に携わられました丹沢関係者の皆様、ありがとうございました。

丹沢にヤマメ、サクラマスが戻る日が来ることを遠い中国地方から願っております。

 

次回予告

鱒の森記事を読まれた方の数人は(たぶん)思ったはず。

僕について『えっ違うんだ?』となったと思うことを書きます。

誰も思ってなかったら。。。まあそれでも書きます。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 右脳派釣師 より:

    しげるさん、鱒の森見ましたよ!
    全然、おまけ扱いじゃないですよ!
    しげるさんの思いが載ってます。
    次回の参加者が増えてくれると嬉しいですね

    1. しげる より:

      メインは『丹沢大反省会』ですから(^^)
      記事に書いて頂けると嬉しいですね。
      Sさんに感謝です。じんときました。
      こういった記事などを見て頂いて、次回の参加者が増えることを願っております(^o^)

  2. まさのり より:

    しげるさんこんばんは。
    見てない、買えてないいいいい!
    話についていけません 笑

    1. しげる より:

      まさのりさんこそ見ないと!!!
      誰かクラゲ亭に鱒の森を持って行ってあげて欲しい!!!

  3. 新横浜の佐々木 より:

    しげるさん、こんにちは。

    では、私がまさのりさんとこに、献本しに行こうかと思います。

    ブログ、取り上げて頂きどうもありがとうございます。
    参加者さんの数だけ感想があったと思いますが
    まさのりさんもおっしゃってましたが、共通していたのは、皆、笑顔ということでした。本当に楽しい会でした。

    ただくらげ亭スタッフさんは多忙そうでしたので
    より負担を軽くできるような工夫も考えたいですね。

    1. しげる より:

      献本して頂けるんですね!
      ありがとうございます(^o^)
      こちらこそ書いて頂いてありがとうございました。
      楽しいのが1番ですね。
      確かにスタッフさん、それにまさのりさんが忙しくて話が出来ないのもありそうなので、負担を軽く出来ればいいですね(^^)

    2. まさのり より:

      横から失礼します。
      佐々木さん明日は定休日なので買って来ます!
      お気遣いありがとうございます。
      今度ビールおごりますっ!

  4. 新横浜の佐々木 より:

    まさのりさん
    ではお言葉に甘えて・・・
    ビール、どうぞよろしくお願いします(^^;)

    しげるさん
    ブログやルアー制作、楽しみにしております。
    また、宜しくお願いします!

    1. しげる より:

      佐々木さん
      こちらこそ今後ともよろしくお願い致します(^^)

  5. 花屋のいちろー より:

    こんにちは。鱒の森よみましたよ。
    不器用ルアー名前ばっちり出てましたねぇ(笑)。こぅやって、段々有名になってくのですね!!。

    1. しげる より:

      かなり量を割いて書いて頂いていたので嬉しかったです。
      10月のことを思い出しました。
      不器用なので、有名にはならないと思います(^^;)
      コメントありがとうございます(^^)

  6. 杣谷川のf より:

    渓流釣り専門誌があったなんて…カンドーしたよフツーに書店に売ってます?

    1. しげる より:

      ある程度の大きい書店なら売っているはずです(^^)
      他にも「Gijie」(ギジー)という渓流トラウトルアーの雑誌もありますよ。
      鱒の森とツートップです。

コメントを残す