スプーンで極太58㎝ニジマス!ボトム(底)狙いのバックス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スプーンニジマス

 

とある釣行前日に悩んでいた。

何の悩みか?

スプーンの事である。

 

約二年ほど本流ではライトニングウォブラーしか使っていなかった。

  • しかし最近バックスというスプーンを使い始めたら、
  • バックスも釣れるスプーンだった。

 

スプーンニジマス

 

これまで一択だったのが二択になっただけでどちらを使うか悶々と悩んでいた。

 

家の窓を開けて遠くの山に向かってこう叫びたいくらいだった。

 

「どっちが釣れるスプーンか教えて下さぁぁ~い!」

 

だけど一方でこうも思う。

 

「ルアーは全て適材適所だから、全方位的に一番釣れるルアーなんてものはない!」

 

なので使い分ける事にした。

  • ウォブラーの方が楽しい場所ではウォブラー。
  • バックスの方が楽しい場所ではバックス。

そう決めたのだ。

 

どんな場所でどっちを使って楽しいかは僕の感覚で決めるのだ。

だって僕の釣りだから。

 

また先日ブログに書いたがバックスの付属フックの大きさに驚いた。

 

フックをサイズアップしようと思いチヌスレ7号を買って巻いたのだ。

 

↓1番右がバックス付属フック。

スプーンニジマス

 

フックサイズを大きくしたのがどう影響するかも気になっているのだ。

 

ウォブラーでアマゴ!

 

釣行当日、まずはアマゴ狙いで入渓。

 

浅くて緩い流れの場所が多いのでウォブラーを使う。

 

すると1匹目に28㎝のアマゴが釣れた!

 

スプーンニジマス

 

釣ったのはチヌスレ7号を装備したウォブラーだ。

 

スプーンニジマス

 

↓愛するウォブラー。

 

浅くて流れの緩い場所で使っていて楽しいのはウォブラーの方だ。

(超個人的意見)

 

余談だがウォブラーの刻印が変わった事にも気付いた。

 

スプーンニジマス

 

僕は刻印にこだわりはない。

愛するウォブラーの動きが変わってなければ問題はない。

 

だけど一部ウォブラーマニアの間で、

  • 旧ウォブラー(前の刻印)と、
  • 新ウォブラー(新しい刻印)、
  • どっちが釣れるか?

的な論争が起こったりするとかしないとか。

(注:僕の妄想です)

 

釣りに話を戻すと最初の28㎝アマゴは『朝マズメの魔法』のおかげだったと思う。

 

その後は稚魚サイズしか反応がなかった。。。

 

なので移動する事にした。

 

バックスで58㎝ニジマス!

 

移動してニジマスを狙っているポイントに到着。

 

水量は少し(約10㎝)増水気味。

実績もある深めの場所だ。

 

ここは底を狙いたいと思った。

なのでルアーはバックス8gにした。

 

バックスを投げて沈める。

10秒カウントする。

(この10秒は僕のなんとなくです)

 

一度ロッドを軽く煽ってから少しフォールしてスローリトリーブ。

 

リール4~5回転で「ゴンッ」と手応えがあった。

 

手応えの第一印象は「重い!」だった。

 

かかった瞬間に突っ走らなかったので最初はサイズや魚種がわからなかった。

 

しかし次の瞬間、その魚が動いた重みがロッドに伝わった。

これは確実にデカい。

 

ニジマス設定の強めドラグが「ジジィッ、ジジィッ」と断続的に出される。

 

ドラグ設定がキツいからロッドはひん曲がりっぱなしでずっと重い手応えを感じ続けている。

 

しばらく我慢して少しずつ寄せる。

姿が見えてデカいニジマスだとわかった。

 

寄せてきたニジマスは手前の強めの浅い流れの中で定位した。

 

流れの強さとニジマスの引きと重さであまり動かない(動かせない)時間があった。

 

もうフックが刺さっているところまで見えている。

 

下顎にがっちりと刺さっているのを確認してニジマスを流れの緩い浅場に誘導する。

 

緩い場所にきたニジマスは最後に抵抗する。

バレるなバレるな。。。

 

何とかキャッチしたのは、

 

極太の58㎝ニジマスだったのだ!

 

スプーンニジマス

 

顔付きもカッコ良いし、

 

スプーンニジマス

 

ヒレもかなり綺麗!

 

↓ヒレが僕の手の平くらいあった。

スプーンニジマス

 

動画撮りました!

 

 

自己記録の60㎝オーバーには届かなかったが、十分嬉しいニジマスなのだ。

(というか今年本流で初めて釣れたニジマスです)

 

リリース動画も撮りました!

 

 

しかし反省点はある。

キャッチ後のニジマスの扱い方の事だ。

 

ニジマスは命のある限り抵抗しようとするので、キャッチ後の扱いに注意しないと死んでしまう事もある。

 

今回のニジマスも自分の中で注意はしたつもりではある。

 

だけどもっと早くリリースするべきだったし扱いもまだ改善点があると思った。

 

ファイトに関してはあまり突っ走らせずにキャッチできたのでそれは良かったと思う。

 

リリースしてから、今回釣ってくれたバックス8gを眺めた。

 

スプーンニジマス

 

↓バックス8g!

 

このバックスには謝らなければいけない事がある。

 

実は最初にこのカラーを見た時に、

 

「視認性が良くなさそうだからあまり好みではない」

 

と思った。

(じゃあ買うなという話である)

 

僕は基本的にルアーのカラーは視認性が良いか悪いかで判断している。

 

視認性が良いのが良いカラーである。

(超個人的意見です)

 

だけどこのカラーのバックスは、

その2匹を釣ってくれたのだ!

 

このカラーのバックス様、

 

「あ、あまり好みのカラーではないとか思ってすみませんでした!」

 

最後にクワガタも!

 

この日はこのニジマスで満足した。

 

なのでそれからはクワガタを探したりして遊んだ。

(暑くて釣りも限界だったのもある)

 

最初に採れたのはコクワガタ、、、かと思ったが良く見るとスジクワガタだった。

 

↓顎先の形でわかる。

スプーンニジマス

 

もっと大きいのが採りたいと思って探していたら良いポイント発見!

 

↓もうクワガタ見えている。

スプーンニジマス

 

クワガタを傷付けないように注意しながらフォーセップで取り出した。

 

良いサイズのヒラタクワガタだ!

 

スプーンニジマス

 

気になったのでサイズを測った。

写真は少し斜めになっているので実際は約60㎜ちょい~63㎜くらいかと思う。

 

↓釣りで使っているメジャー

スプーンニジマス

 

僕は思った。

 

「一日で渓魚とクワガタを測定したのは初めてだ!」

 

うちの息子(小5)が虫好きなら家で飼うのだが息子はなぜか虫嫌いである。

 

なのでヒラタクワガタもキャッチ&リリースした。

 

スプーンニジマス

 

そして車に戻り、家に向かって走りながら思った。

 

今日はアマゴもニジマスもクワガタもキャッチ出来て楽しかった。

 

魚釣りとクワガタ採り。

なんだか今日は子供時代の夏休みに戻った気分だ。

 

そう思いながらいつものスーパーに立ち寄って、子供時代には飲めなかった飲み物を買った。

 

そう。

ビールである。

 

子供のように魚釣りとクワガタ採りに夢中になる。

そして帰って美味いビールを飲む。

 

子供の楽しさも大人の楽しさも味わえて最高である。

 

僕は子供の頃、

  • 色んな事に臆病で不安で、
  • 何の自信も無くて、
  • 前向きでもなかった。

なので大人になってからの方が楽しい日々を過ごしている。

 

僕は自分の記憶の中の子供の僕にこう言った。

 

「大人になるって悪くないよ」

 

すると記憶の中の子供の僕が少しほっとしたように見えた。

 

今日はアマゴとニジマスとクワガタと子供時代の自分と、

 

大人の夏休みにも乾杯だ!

 

そんな事を思って車のアクセルを踏み込んだ僕なのであった。

 

使用タックル

ロッド:トラパラネイティブTXS-762ML

リール:21アルテグラC3000HG

ライン:シマノピットブル 4本編み0.8号200m

リーダー:VARIVAS スーパートラウト アドバンス エクストリーム ショックリーダー ナイロン 30m 10lb

ルアー:ライトニングウォブラー7g バックス8g

 

「アマゴもニジマスもクワガタもビールも全部最高!」とブログ応援クリックお願いします(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

↓僕の本流ロッド!

↓僕の本流リール!

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥17,178 (2021/09/18 06:27:52時点 Amazon調べ-詳細)
           

コメント

  1. きんくま より:

    まさに大人の夏休み!サイコーですね。
     ニジマスもヒラタクワガタ羨ましい…

    1. しげる より:

      大人の夏休み満喫しました!(^^)!

      締めはビールで寝落ちです(^o^)

      ニジマスも嬉しいし、ヒラタクワガタも良型で嬉しかったです(^^)

      クワガタ飼いたいと思う時もあるんですが嫁にカブクワ禁止されています(^^;)

      数年前にカブトムシを3代目まで繁殖させたら10数匹が夜中にプラケースの中で「ブゥン!ブゥン!」と飛び回りました。

      その音に脅えた嫁からカブトクワガタ禁止令が出されました。。。

      切か強しかスイッチがないので「ほどほど」とか「ちょうどいい」が出来ないんですよね。。。

      良い思い出(?)です(^^)

  2. 3110tkj より:

    最近のしげるさん…
    もはや落とし穴に全部落ちるとおっしゃっていた事、まったく皆無で、エキスパートのブログの様になってる事がなんか物足りないですな〜
     そろそろ落とし穴に落ちて貰いたいと密かに願うのは、私含め丹沢界隈に何人がいると…
     まぁ、ひがみです。
    悪い友人で許してね(^^;;

    1. しげる より:

      エキスパートなんてとんでもないです(>_<) まだまだですし、色んな事に不器用なのはずっと治りません(^^;) たしかに以前と比べると落とし穴に落ちる回数や比率は少しは減ったかもしれませんね! それは僕的には嬉しいのですが読み物としては落ちた方が面白味があるかもしれません(^^) 丹沢界隈には僕が落ちまくっていた頃から読んでアドバイスを下さっている方も多いので「たまには落ちてくれ!」と思われる方がいらっしゃるのもわかる気がします(^^) またどこかで落とし穴に落ちる事はあると思うのですが、それまではヒナが巣立ったように、または近所か親戚の子が大きくなったのを見るような温かい目で見守って下さい!(^^)!

  3. くんじー より:

    大人の夏休み、良いですねー!
    僕も林道で下山する時などクワガタのいそうな木があると立ち止まって見るんですがまだ見つける事はできません。
    しげるさんは魚だけでなくクワガタも居るポイントが分かるんですねー!さすがです。

    スプーンは未知のルアーですがいつか使ってみたいです。
    58㎝のニジマス!
    まだ尺も釣った事がない初心者にはどれほどすごい引きなのか想像もつきません( ´ ▽ ` )

    1. しげる より:

      大人の夏休みの一日、楽しかったです(*^_^*)

      おおっ!くんじーさんもクワガタ探したりするんですね!
      山に行くとついついカブトクワガタ探したくなりますよね(^^)

      このクワガタポイントは以前から目を付けていたんです!
      クワガタも渓魚と一緒で良いポイント(クワガタだと木)がわかれば採りやすいです(^o^)

      スプーンは奥が深くて僕もまだまだ入り口に立ったところですが自由度が高くて色々使えるルアーです!

      ロストしてもミノーより安いのも助かります(^^)(それが理由で本流で使い始めました)

      58㎝ニジマス、とにかく重いし引きが強かったです(^^)
      ニジマスの引きが好きなので嬉しかったです!

  4. ロタ より:

    bux.ボトム攻略しましたねー!
    パターンハマるとめちゃ良い魚つれてきてくれる!
    もひとつお伝えすると、ダムなどの止水域で、ぶん投げアンドリフトアンドフォール。これやばい!
    ちなみに、僕は、これでかなりの
    埋蔵bux積んでしまってマス…爆
    ハマるとデカイのくるのだが…
    本流スプーンめちゃたのし!
    ブログに釣りにルアー製作に、引き続き頑張ってください!
    応援してまーす♪

    1. しげる より:

      ボトム狙いのbuxがやってくれました(*^_^*)

      止水域で、ぶん投げアンドリフトアンドフォールですか!

      前回も今回もアドバイスありがとうございます!(^^)!

      バックスは底に向いているからロスト率が高くなるのはありますよね(^^;)
      埋蔵bux、わかる気がします(^^)

      応援ありがとうございます!
      これからもよろしくお願いします(^_^)v

  5. 右脳派釣師 より:

    やっちゃいましたね…
    俺には見えます

    その男はショートピースに火をつけると、目を閉じながら
    ゆっくりとふかく吸い込み、しばらく目をつむったまま。
    何かを考えているようでした。
    そして白い紙に何かを書き始め
    店のシャッターを下ろし、その紙を貼りました。
    「大物が採れるまで閉店!!」
    男は厨房に戻り、バナナ、焼酎、ストッキングで何かを作り始めました。
    何かに取り憑かれたように…
    To be Continued

    1. しげる より:

      ショートピースのその男(ニジマスおじさん)の行動を途中までは頷きながら読んでいました。

      しかし「大物が採れる」の採れるっていう字がクワガタ採りの字!

      さらにバナナ、焼酎、ストッキングはカブトクワガタ採りのトラップ!

      ショートピースの男は僕がニジマス釣った事じゃなくてクワガタ採った事が悔しかった!?

      面白いコメントで笑っちゃいました(^^)
      オチも最高です!

      一笑いありがとうございました(^o^)

  6. あざらし より:

    クワガタをみて昔の夏休みを思いだしました!クワガタ嫌いな男子はいないと思ってたのですが息子さん苦手なんですね!これから虫も釣りも好きになってくれたら一緒にアウトドア満喫も良いですね(^-^)58センチのニジマスお見事です!サーモンって感じの見た目ですね(*^^*)バックス導入で使用率下がってきてるウォブラーがそろそろ嫉妬するかもですよ(笑)こちらは暑い日が続きしばらく雨降ってないので釣りには厳しい感じです(>_<)

    1. しげる より:

      クワガタ嫌いな男子はいないって思いますよね!

      僕もそう思っていました!
      まさか自分の息子がクワガタや虫系嫌いになるとは。。。(>_<) はい!息子とは一緒にカブクワ採りに行くものだと思ってましたがいまだ果たせていないので行きたいです(^^) ニジマスありがとうございます(*^_^*) たしかにサーモン、鮭、のような見た目ですね(^^) ウォブラーが嫉妬!あるかもしれませんね!(^^)! モテる男は辛いなぁ。(注:僕はリアルでは全然モテません(^^;)) 北海道もそうですか! こちらも暑い日が続いて一雨欲しいところです(>_<)

  7. 花屋のいちろー より:

    僕はスプーンをほぼ使わないので、スプーンネタでは勉強させていただいてます。
    それにしてもスプーンに目覚めてから、しげるさんスプーンの方が釣果上げてるんじゃないですかぁ??。
    釣り上げてからリリースするまでの行動に配慮してるあたり、魚への想いを感じます。素敵です!!。そして、最後の子供と大人のってやつになんだかじーんっときちゃいました(ToT)。良い事言うなぁ(*^^*)。僕もしげるさんのような童心を忘れない大人になれてるかなぁ??(*´ω`*)

    1. しげる より:

      いちろーさんはミノーのイメージですね(^^)

      渓流では相変わらず自作の不器用ルアーなのですが、本流はほぼスプーンしか使っていないレベルです(^o^)

      本流でのスプーンはなんだか僕の釣りにスッとハマったのでスプーン覚えてからの方が釣果良いです!(^^)!
      (本流のロスト率にビビってミノーより安いスプーンを使い始めたのが最初なのですが(^^;))

      リリースについてはニジマスは特に弱りやすいですし大型ほど力の限り抵抗するので自分なりには気を付けています。
      僕の中では釣り上げた後の弱りにくさは、イワナ>>ヤマメアマゴ>>>>ニジマス です(>_<) リリースも子供と大人の部分も嬉しいお言葉ありがとうございます(*^_^*) いちろーさんは童心を忘れない大人だと思いますよ! 僕なんかは中一の娘に「お父さんは中二病だね」と言われるような大人です(^_^)v

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください