お試しベリーフックの向き訂正、正しい回答と悔しい宿題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベリーフックの向き

 

先日、シングルフックの付け方、フックの向きなどのブログを書いた。

そこで多数コメントを頂いたり、面白そうなフックの付け方を頂いたので試してみる事にした。

それが前回ブログだ。

 

しかしどうやら意思疎通が上手くいってなかったようで、フックの付け方が違っていた。

訂正は早い方が良いし、昨日の5月25日は出勤前釣行したので合わせて書きます。

 

お試しベリーフックの向き訂正

 

前回ブログでやってみたベリーフックの付け方は下記だ。

 

ベリーフックの向き

 

ただし、声を大にして断っておく。

コメント頂いた付け方としては上記ではなかっただけだ。

 

上記のフックの付け方が良くないという訳ではない。

もしかしたらすごくかかりの良い付け方かもしれない。

こればかりは分からないのだ。

 

そして今回の付け方は下記だ。

 

ベリーフックの向き

 

スプーン用の巻き方でスイミングフックを巻いて、お互いの針先が内向きになるように取付けた。

ミノー用縦アイのフックでは出来ないので横アイのフックを巻く必要がある。

少し時間もかかるので、ルアー2個分だけフックを巻いて交換みることにした。

 

針が向かい合わせの形は『地獄針』という付け方に近い気がするし、効果はありそうな気がする。

出勤前釣行で試してみることにした。

 

正しい回答と悔しい宿題 

 

5月25日(金) 午前6:00 水温12度

場所:ポイントAの下半分

 

川幅広めのポイントAの下半分を釣り上がる。

アップクロスからサイド、ダウンクロスだ。

 

やはり去年の台風で、かなり地形が変わっている。

それが魚の付き場にどう影響するか。

 

釣り上がって、鉄板ポイント。

落ち込みからの淵のような場所。

水深があるところだ。

 

しかし全然反応無し。

前回釣行で3月にはいなかったアマゴが来てくれているのは確認が取れている。

だが反応が無い。

 

そしてライントラブル。。。

出勤前の、2時間無いくらいの貴重な時間を現場でライン巻き替えに使ったりする。。。

PEライン使ってみたいけど、ナイロンラインでよくライントラブルになる僕がPE使うと怖いな。。。

 




 

ライン巻き替え後、深場にいないなら瀬か?

と考えて釣り上がってアップクロスから扇の感じで瀬を攻める。

 

流れが強めの瀬の中でも緩くなっているところを流すと、、、

魚から正しい回答(バイト)が!

 

良い感じの手応えを感じながら下流にいなして、自分も下流に下りながらランディング。

26~27㎝か。体高があるアマゴだ。

 

検証したいベリーフックでは無くて、テールフックにかかっていた。

不器用ルアーPP1とアマゴ。

 

ベリーフックの向き

 

不器用ルアーPP1は先日の釣行でロストしたPP2ピンクシルバーと同じタイプだ。

ロストしたPP2の方が好みの動きだったが、こいつも頑張ってくれている。

パタパタと小気味良い感じの動きだ。

 

そして同じようなところで小さいが綺麗なアマゴを釣る。

これ以上ないというくらいの感じで、テールフックが上顎に掛かっていた。

 

ベリーフックの向き

 

そして1度目にルアーを通した時に、水中の石の前でアマゴが反応したのが見えた。

こちらに気付いて無さそうで、2度目に通してヒット!

 

25~26㎝くらいか。この子も体高が高い。

体高に比べて顔が小さいので、急激に成長しているアマゴかもしれない。

 

ベリーフックの向き

 

この子はファイト中に見たところ、ベリーフックにかかっていた。

しかしネットイン後、フックは外れていたので詳細は分からない。

 

瀬とか流れのあるところの魚は、いたら一発レベルで喰ってくれてファイトも楽しい。

反応したら、白泡の中で魚の姿が一瞬光るのもドキリとして楽しい。

 

そして会社に向かうまでのリミットがあと10分~20分というところだった。

3匹釣れてバラしがないことに満足して、撤収モードになっていた。

そして20㎝後半までは釣れるこの場所で、今年尺アマゴは釣れるのかを考えたりしていた。

 

要は、油断していたのだ。

釣り上がりでサイドからすぐにダウンクロス。

扇型を描くようなイメージでルアーを流していた。

 

ちょっと水深はあり、流れもきつめだ。

手応えを感じた。

しかし感じたのが、気付いたのが遅かった。

 

『グン、グン!というか、ゴン、ゴン!』という魚が首を振っているような強い手応えだった。

それを感じた時に、初めて魚がかかっているのだと認識するくらい油断していた。

 

認識した時には遅すぎた。

ゴン、ゴンという手応えを感じて、僕が戦闘モードになった瞬間、フッと手応えは消えていた。。。

 

そのバラした魚が尺物だったと言うつもりはない。

この場所の前回釣行で26㎝くらいの釣ったし、サイドからダウンで流れも強い場所だ。

前に釣った魚かもしれないし、バラした魚とフラれた女の子の存在は心の中で大きくなるものだ。

 

しかし、この場所に良いサイズの魚はいるのだ。

僕はそれをバラした。

 

もしかしたら、今は20㎝半ばか後半かもしれない。

でもホームの禁漁の8月末(早い)までには尺に届くかも知れないのだ。

 

去年の台風で、地形はかなり変わっている。

でも、3月にはいなかったアマゴたちが今はいてくれる。

あとは僕がどれくらい楽しんで、そしてデカいのを釣るかなのだ。

 

結果

  • 釣果3匹
  • 3匹中、テール掛かり2匹
  • 3匹中、ベリー掛かり1匹
  • バラシ1匹
  • 4匹中3匹を釣り上げる。

 

フックの検証は、1日、2日で出来るとは思っていない。

ベリーフックを試そうと思ったら、テールの方が多くかかった。

だけどまあ、まずまずの結果だ。

 

瀬を流して魚がかかるという『正しい回答』を出せた。

そして首振りが強いアマゴのバラしという『悔しい宿題』も貰った。

今度釣ってやるのだ。

 

僕は、先生たち(川と渓魚)に向かって言った。

 

「いつも良い宿題を、ありがとうございます!」

 

そして、たぶんこれからもずっと、釣行する度に、

先生たち(川と渓魚)から宿題をもらって帰るんだろう。

 

僕の子供(小4と小2)は学校の宿題をしながら、

 

「大人は宿題が無くていいな~」

 

と言っていることがある。

 

お父さんは大人だけど、釣りに行く度に宿題を貰って帰っているんだ。

そして大人になってから貰っているこの宿題は、幸せな宿題なのだ。

 

今度子供たちにそう言ってみようかな。

いや、「またお父さんが訳分からないこと言っている」と嫁に言いに行くだろうな。

なんてことを考えてニヤニヤしながら、会社に向かって車を走らせた。

 

タックルデータ

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 魚太郎 より:

    フック検証お疲れ様です!

    “幸せな宿題”ですか…
    いい言葉ですね( ^ω^ )!
    パクらさ……
    参考にさせて頂きます。笑

    逃した魚は、、なんとやら…( ; ; )
    尺アマゴの報告楽しみにしております(^ ^)!

    1. しげる より:

      魚太郎さん
      パク、、、いえ、参考にして頂ければ幸いです(^^)
      逃がした魚は僕の心の中でどんどん大きくなってくので、尺になって釣れたらいいなと思っております(^o^)

  2. 花屋のいちろー より:

    僕も宿題毎回×2沢山出されて大変なので、残勉したいくらいです(笑)

    面白そうなフックの付け方ですねぇ。でも、上顎下顎に同時に掛かって口が空かなくなりそぅ(汗)

    1. しげる より:

      花屋のいちろーさん
      宿題、行けば行くほど沢山出てくる気がしますよね(^^;)
      お試しフックですが、かかりがどうかと、魚へのダメージはどうかが気になっています。
      フック2つで暴れると2つとも魚に刺さって、、、となる可能性は否定出来ないと思います。
      シングルやバーブレスにした理由も踏まえて検討中です。

しげる にコメントする コメントをキャンセル