渓流ルアー釣りでメンタルと体調が悪いと、チャンスを逃す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流ルアー釣り

 

初めてだった。

渓流釣りをしていて、早く帰りたいと思った。

ヤマメの顔も「今日はもう結構」と思った。

 

前回ブログの朝一でロッドを折ってしまった日の釣行である

ロッドは折ったが、嫁の優しさで気持ちを持ち直して釣行を続けたのだ。

 

8月19日。日曜日でもある。

お盆休みが長い方はお休み最後の日である。

となると渓流釣り好きが黙っている訳はないのだ。

 

渓流釣行 8月19日

 

この日は朝から、

というスタートだった。

 

2つ目の場所でも当日かは不明だが、先行者の足跡があった。

そのせいか反応がない。。。

 

しかし大場所では28㎝ほどのヤマメが釣れた。

渓流では良いサイズが不器用ルアーPF45Fで釣れる。

なんかヤマメっぽくない柄だ。

 

渓流ルアー釣り

 

イワナの川へ移動

 

僕はこの日、イワナの顔が見たくなっていたのでイワナの渓流に移動。

しかしそこはお盆休み最終日の日曜日で、すでに午前9時前。

 

入渓してすぐに、まず足跡を発見。

釣り上がると違和感。魚が出てこない。

やはりプレッシャーか。。。

 

分かりやすいポイントは反応無し。

小場所を丁寧に探るとぽつぽつ反応がある。

 

なんとか20㎝少しのイワナが釣れたりする。

不器用ルアーPFG-9だ。

 

渓流ルアー釣り

 

しかしそこから全然反応無い。

釣り上がっていると岩に足跡がある。

つまり先行者の足跡がまだ乾いてないのだ。

 

そして少し進むと、やはり先行者が居た。

年は僕と変わらないくらいだが餌釣りの方だった。

挨拶してお話を聞くとお連れ様がまだ2人、もっと上にいらっしゃるらしい。。。

 

車に戻り、買っていたお弁当を食べながら1人作戦会議だ。

正直体はすごく疲れていて、あまり気分も上がらない。

前日の夜、何も食べず約2時間で500㎖の発泡酒を4本飲んだのも原因かもしれない。

 

帰ろうかとも思った。

だけどせっかくの1日釣りが出来る日なので、勿体ないとも思った。

 

もっと大きなイワナを釣りたかったが、僕が知っているイワナが釣れるポイントなどたかがしれている。

お盆休み最終日で、日曜日。

今日の人の感じ。

 

珍しく先行者に次々と出会う状況では諦めた方が良さそうだった。

 

午後からヤマメの川へ

 

諦めてヤマメの川に行くことにした。

今年発見したポイントでまだ3回目だ。

 

午後2時くらいから釣り始める。

釣り出していきなりアルボルでヤマメが1匹釣れる。20㎝ちょい。

 

渓流ルアー釣り

 

続いて、凄く分かりやすいポイント。

そんなところでデカいのがヒラリと反応する。

すわ尺か!?と思った。

 

しかし喰い損ねる。。。

2回目までは反応してくれたが、タイミング合わず喰わせ切れなかった。

 

ヤマメの川で少し釣って感じたこと。

  • 午前の川は足跡多いし渇水だった。
  • でも午後からのこの川、活性高いな。
  • まだ3回目だけど、なぜか過去最高に水量も多い。
  • プレッシャーもかかって無さそうだ。

そして思ったことは大正解だったのだ。

 

とにかく活性が高かった。

たぶん僕の渓流史上、過去最高に活性が高かったのだ。

 

それを活かせなかったのは、僕のメンタルと体力である。。。

この川で釣り上がってすぐに、岩で滑ってコケて右胸、右肋骨あたりを強打した。

 

肋骨にヒビが入ったことは2度ほどあるのだが、同じような痛みと衝撃だった。

なのでてっきりヒビが入ったと思い込んでメンタルが崩れていた。。。

 

そして転んで胸を打った際に、ファインテールから手を離してしまう。

ファインテールが完全に川に沈んで一瞬見失って、かなり焦って探してなんとか見つけた。

ロッド折った日に、続けてロッドとリールとルアーを無くすかと思った。。。

 

さらにこの日、なぜか僕が足を置く石や岩はかなりの確率でガタンと崩れる不安定な岩だったのだ。

結果として何度も何度も転んだ。。。

 

例えばこの日、黒ひげ危機一髪をしていたら?

1つ目を刺したらすぐに黒ひげを飛ばしていただろう。

 

渓流ルアー釣り

 

それくらいすごい引きの弱さだったのだ。

 

やはり今日は帰ろうかと思ったが、魚の活性が高いのは分かっている。

体はしんどくてメンタルやられ気味だけど、僕は釣り上がって行った。

 

すると出るわ出るわ。

お盆休み最終日なのに、この川なんでこんなにヤマメがいるのかと驚いた。

活性が高いからか、魚の反応もさすがに3回は出ないが2回目までは反応してくれる。

 

しかも渓流というか小渓流にも関わらず、出るサイズが推定25㎝以上ばかりなのだ。

たぶんこの渓流は、誰かがパルプンテを唱えていたのだ。

わかりやすいポイントに投げると、1投につき1反応ありが続くこともあった。

 

そして釣れた28㎝くらいのヤマメ(アマゴか?)。

不器用ルアーPF45Fで釣れる。

 

渓流ルアー釣り

 

このくらいの良いサイズの反応がすごいのだ。

しかし、本当に残念なことが、、、

 

体は疲れていて、入渓してすぐに滑って強打した胸と肋骨が痛い。

それと僕のテクニック不足なのだが、反応はするが喰い損ねる魚がかなりいた。

僕のへっぽこトゥイッチに問題があるのかも知れない。。。

 

続いてかなりいいヒレをして太かったので尺かと思ったら、27~28㎝だったヤマメ。

アルボルで釣る。

この写真は目がアレだけど、リリース後はちゃんと泳いで行ってくれました。

 

渓流ルアー釣り

 

次々に魚の反応があった。

しかも20㎝くらいは小さく見えるくらい、20㎝後半の反応があった。

 

たぶん、尺を釣れるタイミングだったと思う。

しかし僕のメンタルと体は釣り上がってコケる度に磨り減っていって、HPは0に近付いていた。

 

ここは3回目の場所だが、これまで何とか渡っていた場所も当然増水している。

僕は普段、腕2本で体を支えられるつもりではいる。

いつものその感じでなんとか渡ろうとした。

 

だけど右胸を強打した影響で右腕に力が入らず、岩からずり落ちて胸くらいまでびしょ濡れになる。。。

釣り場としては1度入れば途中で抜けるのは厳しい場所だ。

 

そしてまだ行程の半分くらい。

時刻はまだ午後4時過ぎだが、曇りで木々が覆っているのでかなり暗くなっている気がした。

 

この辺りで僕は思った。

 

「もう今日はヤマメの顔も見たくない。

とにかく無事に帰りたい」

 

ヤマメの顔も見たくないと思ったのは初めてだった。

超高活性、20㎝半ばから後半が確変中にも関わらず、僕はそう思った。

右胸や肋骨は痛いし、何度も転ぶしびしょ濡れになるし。。。

 

渓流ルアー釣りに挑む際に必須なもの。

それは高価なタックルでも釣れるルアーでもない。

 

「心と体が健康」なことだ。

 

よく言われるのは『心技体』だ。

だけど、技は無くともせめて『心と体』

これは必須だと今更思った。

 

その準備が出来ていなかったというか、消耗してしまったのは僕の問題なのだ。。。

 




 

早く帰りたいと足早に釣り上がりながらも、わかりやすいポイントには反射で投げてしまう。

雑に投げた僕のルアーにも、かなりの魚が反応してくれた。

 

途中、良いポイントで僕のヤマメアマゴでは歴代2位の引きも味わった。

そいつはかかった瞬間、ドラグをジィィィーーーっと鳴らして暴れた。

その勢いと動きの速さに焦った僕はドラグを締めた。

 

ドラグを締めた瞬間、ヤマメはジャンプしてフックを外した。。。

最近ドラグを締めると良いことが無い気がする。

 

最近ニジマスにトラウマがある僕はそのヤマメの動きに、

 

「お前はニジマスか!」

 

と1人でツッコんだ。

あいつはスレがかりじゃなければ、尺クラスの手応えだった。

 

結局この日、10数匹は釣った。

サイズは全て20cm以上。午後からの川ではアベレージが20cm半ばだ。

 

そして出たヤマメの数は30匹近い。

バラシている訳ではなく、半分くらいは喰わせられなかったのだ。

 

勝負に『たられば』は禁物である。

なので稀に見る高活性の川で、

 

僕の心身が良い状態だったら?

 

とか言うつもりはない。

だって、半分死んだメンタルと体調で釣り進んで、雑なキャストなどをしていたのは、

 

「ヤマメに失礼なのだ!」

 

僕はそう思う。

相手は命を賭けているのだ。

 

そして途中からメンタルと体調がベストじゃ無くなった。。。

 

「その時点で僕は負けていたのだ!」

 

よく言われるが、

 

「チャンスの神様には前髪しかない」

 

この言葉の元になったギリシャ神話の神様カイロスには、下の通り本当に前髪しかない。

 

渓流ルアー釣り

 

そして、

 

僕は渓魚の活性も女心も読めない。

 

だったら、

 

釣りに行く時は、常に気持ちと体調を整えて行くべきなのだ。

 

『体調管理も釣りのうち』である。

 

それだけは守りたい。

その結果、

 

会社や仕事には、ズタボロのメンタルと体調を抱えて向かう事になろうとも。。。

 

タックルデータ

ロッド:ファインテール FTS-382UL

リール:シマノ 16 ストラディックCI4+ C2000HGS

ライン:ARMORED(アーマード) F+ Pro 150M 0.6号

リーダー:バリバス ライトゲーム ショックリーダー 30m 1.7号

ルアー:ウッドリームアルボル 不器用ルアー(自作)PF45F、PFG-9

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

ナチュラムは会員限定で2018年8月31日正午まで、購入合計3,000円以上で送料無料のようです!

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ヤング より:

    無理は禁物、油断大敵、怪我なく帰宅ですね!

    僕も、(月)に初めて滑ってしりもち付きました・・・(;´Д`)

    たいしたことはなかったですが、気を引き締めて釣りしてました!

    初めて行った日野川で、ハンドメイドミノービルダーのアングラーさんと偶然出会って、お互いのルアー交換したりいい出会いもありました♪

    釣果は、貧釣でしたが新規を開拓しながら楽しめました!

    残りのシーズンも、怪我なく過ごしましょうヽ(・∀・)ノ

    1. しげる しげる より:

      ヤングさん
      本当に無理は禁物ですし、メンタルと体調は大事です(^_^;)
      ヤングさんもお気を付け下さい。

      日野川の話、良いですね!
      ルアー交換とか(^^)
      あと少しですが、お互い怪我無く楽しみましょう(^^)

  2. 花屋のいちろー より:

    散々な1日でしたねぇ(汗)。お疲れさまです。
    でも、本当メンタルとコンディションは大切ですね!!!。気持ち一つでキャスト精度とか違ってきますもんね!?。
    僕も昨日は足元覚束無く、よくふらついてました( >Д<;)

    調子悪い時に限って好条件あるあるです(汗)。

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      いちろーさんも足元おぼつかないことあるんですね!
      この釣行は、活性が最高だっただけにとても悔やまれます(>_< ) ルアーをものすごく岩にぶつけてしまったりしていました(>_<) 調子悪い時に活性良くて、心身万全の時に活性低いとかありますよね(^_^;) 基本的な事ですが、体調管理、再認識しました(^_^;)

  3. ラオウのご主人様 より:

    せっかくの高活性は残念でしたが体力、メンタルが不調になったのは必然であったのかもしれません。
    負の運気に支配されもっと最悪の事態を回避するための合図だったのではないでしょうか?
    深追いしなくて正解ですよ。
    しげるさんを見守っている守護霊、ご先祖様が良い仕事して無事に?帰れたんです。
    上手くいかない日、悪循環な時ってありますから・・。
    気をつけたいですね!
    優しいお嫁さんを心配させないようにしたいですね。

    1. しげる しげる より:

      ラオウのご主人様さん
      ほんとにすごい高活性でした(>_< ) だけどご指摘の通り、もっと最悪の事態にならなくて帰れたのでまずは良しとします(^_^;) 一人で渓流に行って何かあったら大変ですもんね(>_<) 嫁はロッド折ったは全然問題ないのですが、胸を強打したことを怒っていて、新しいシューズを買えと言ってきます。 ありがたいです(#^^#)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください