渓流釣りの熊対策のために熊撃退スプレー購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流釣り熊

 

熊撃退スプレーを、とうとう買ったのだ。

買おうかな~、でも値段けっこうするな~とか迷っていた。

 

一生使わないにこしたことはないのだが、『お守り代わり』に購入した。

というのが、ビクビクと不安を感じながら渓流を釣り上がるのが嫌だったからだ。

当然だが、熊スプレーを買ったから大丈夫、安心と言うわけではない。

 

熊対策をするまでの経緯

 

去年の春までは、熊撃退スプレーとか、熊対策とかは一切考えてなかった。

だけど、去年の4月末のことだった。

 

僕は田舎の僻地在住なので、家に放送が入る。

その放送で「熊が発見されました」と流れたのだ。

 

しかも場所は、僕が釣りをしているより下流部だった。

僕は驚いたのだが、家族がさらに驚いていた。

 

ありがたいことに昨年小3の娘は、

 

「熊が出るから、お父さんは釣りに行っちゃダメ!」

 

と非常に可愛いことを言ってくれた。

 

さらに嫁も、

 

「釣りに行く時は熊に食べられていないかの定期連絡を、ラインで1時間に1回しなさい」

 

と言ってきた。

 

僕は当然、娘の言葉も嫁の言葉も守っていない。

 

釣りには行ってしまうし、釣りに集中している時に1時間に1回など連絡出来る訳がない。

帰る時まで連絡しない、または圏外で出来なかったりする。

 

先日もそれで嫁に怒られた。

なんか自分で書いていて、自分がひどい人間みたいに思えた。。。

 

そして今年も熊の目撃情報が放送されているし、僕も渓流の奥に入ることも増えてきて怖いのは怖い。

なので『お守り代わりに』購入することにしたのだ。

一生使わないに越したことはない。

 

熊撃退用スプレー色々

 

熊用スプレーを購入しようと思って、ネットの海でさまよう鎧をしていた。

すると、幾つかの熊スプレーを発見した。

 

買うならホルスター付きのセット品を買おうと思っていた。

だって、熊はすごく素早いらしい。

 

いくら『お守り代わり』とは言え、いざという時に素早く発射出来ないと意味がないのだ。

ホルスター付きで腰などに付けようかと思っていた。

 

熊撃退スプレーで1番有名なのは下記だと思う。

 

カウンターアソルトだ。

容量の大きいストロンガーの赤色と、黒色がある

 

赤色

 

 

黒色

 

 

カウンターアソルト以外にもこんなのもある。

ちょっと値段が安い。

 

 

僕が見た感じでは、上記スプレーはアマゾンよりもナチュラムの方が安いのと、ポイントも付く。

でも僕はアマゾンで違う商品を買った。

 

僕の買った熊スプレー

 

最初に大事なお断りをするのだが、僕の買った熊スプレーは、

 

「トラウト王国、北海道の方は買わないで下さい!」

 

というのが、ヒグマ用ではないのだ。

だから北海道の方は、前述したカウンターアソルトなどを購入して下さい。

 

僕が買ったスプレーの売りというかPRポイントは、

クロクマ(ツキノワグマ)や、他の獣、悪い人用なのだ。

 

なので下記のようなことをHPや説明書に書いてある。

  • ヒグマ対応用はホッキョクグマやグリズリーなどにも使える
  • なのでヒグマ対応用は熊にも人にも非常に強力で、危険
  • 本州にはヒグマはいないのでヒグマ対応は必要ない
  • 本製品は水性だが、他のヒグマ対応品は油性だったり違いがある

などなどすごく色々と書いている。

 

誤解の無いように書きますが、

「僕はどちらの熊スプレーが良いとか悪いとかオススメとか、そういうことを言いたいのではないです!」

 

「ただ単純に、僕はこんな熊スプレー買いましたよ」

 

という話なのだ。

熊スプレーなんか使いたくないし、使う機会も無いほうがいい。

だから今回のブログは、断じて熊スプレーの使用感やオススメ熊スプレーの紹介などではない。

僕は熊スプレーを使ったこともなければ、熊の反応も分からないし。

 

それに、強力過ぎるとかは考え方にもよるのだ。

熊が出たときには、強力過ぎるくらい強力のほうが安心だという人もいると思う。

また、使う自分にまで危害が加わるくらいなら最低限で良いという人もいると思う。

 

だから僕が買った熊スプレーのPRポイントを鵜呑みにする必要は無いです。

僕はかなりひん曲がった人間なので、色んな広告などに対して「ほんまかいな?」と思いながら接することが多い。

 

ちなみに嫁がまっすぐだからか、僕の子供2人(小4,小2)はすごくまっすぐ育っている。

まっすぐ過ぎて学校で浮いたりイジめられるんじゃないかと思うくらいまっすぐだ。

 

だって、周りの人が大なり小なり曲がっている中で1人だけまっすぐだと、それはまっすぐな人のほうが曲がっているとなってしまう。

いや、渓流釣りも熊スプレーも全然関係ない話なので戻します。

 

僕の買った熊スプレーが届いた。

クロクマ(ツキノワグマ)と悪い人用と書いてある。

 

渓流釣り熊

 

ホルスターから出す。

 

渓流釣り熊

 

長さを測ってみる。

 

渓流釣り熊

 

奥行きを計ってみる。

 

渓流釣り熊

 

ホルスターには、僕のリトルプレゼンツのウェーダーのベルトは問題無く通った。

これで腰に付けることも出来る。

 

渓流釣り熊

 

結束バンドで止めてあるが、本当に熊が出てきた時に焦らず素早くバンドを切れるのだろうか。切る道具も入るし。

と思ってバンドは切って携帯しています。

 

渓流釣り熊

 

装着した写真。

 

渓流釣り熊

 

説明書には『これでもか!』というくらいアピールがある。

日本護身用品協会にも熊スプレーについて色々と書いてあった。

 

渓流釣り熊

 

世の中には色んな協会があるんだな。

前述の通り僕はかなり曲がった性格なので、まだ日本護身用品協会にも心を許してはいない。

読んで参考にはした。

 

続いて細かい説明書きがあったり、

 

渓流釣り熊

 

そしてPRが続いている。

 

渓流釣り熊

 

アップの写真。

有名どころのスプレーが並んでいる。

 

渓流釣り熊

 

そしてスプレーの裏面。

 

渓流釣り熊

 

使用期限はばっちり3年後だった。

容量は他のメーカーのより少なくて、合計2秒くらいか?

 

同じタイプでもっと大きいのもあったが、携行性を考えてこのサイズにした。

大き過ぎて持っているのがしんどくなっても困る。

 

熊用スプレーの使用期限は大体3年くらいだ。

少しくらい期限が切れても使えるような気もするが分からない。

 

今回は『お守り代わり』に熊スプレーを買った。

しかし本当の『お守り』でも1年で神社に持って行ったりする。

 

御利益にも期限があるのだから、スプレーに使用期限があるのは仕方無いだろう。

当然、熊に出会わず、使わずに使用期限過ぎて欲しい。

 

 

僕が買った熊スプレーは下記です。

 

あくまで、『ご参考』程度でお願いします。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ねこ爺 より:

    熊スプレー(って書くとなんかかわいい感じになっちゃうw)は自分も悩み中なんですよね。(熊の)ハイシーズンになると毎日のように放送されるんでw
    ただ、縄張りというか、大体同じエリアで出没してるんで(しかも釣り行ってる場所じゃないところ)鈴だけでもいいかなーとかいろいろと考えてる所です。
    備えあればなんとやらなんで自分も買おうかなぁ…

    あ、別件ですが、しげるさんとまるっきり同じセットのゲータースタイルデビューしましたwただ、早すぎてめっちゃ水が冷たかったですが^^;

    1. しげる しげる より:

      ねこ爺さん
      熊スプレーだと、たしかに可愛い感じになりますね(^^;)
      僕は本当に、お守り代わりと、釣りをしている上での精神衛生上で購入しました。
      使わないと思うし、使わない方が良いのですが(^^;)
      ぼくとお揃いのゲーターデビューですか!
      こっちでもまだ少し冷たいくらいです!
      気合いのゲータースタイルですね(^o^)
      僕は6月くらいからゲーターかと思います!(^^)

  2. たかひろ より:

    熊スプレーにホルスターは必須です!
    私も熊が恐くて安くないスプレーを購入し、先週初めて釣行したのですが、途中かなり獣臭いエリアに出たので早速出番かと手に取ろうとしたら、リュックのサイドポケットに挿していたスプレーがありませんでした!決して山中にゴミの不法投棄をするつもりはなかったのですが。
    いざというときすぐに手に取れるところに収納したつもりでしたが、崖を登ったり降りたりする渓流釣りでは簡単に落下したり、枝に引っ掛かったりしてしまいます。

    熊に限らず野生動物は、お互い気付かずに急に遭遇でもしない限り、襲ってくることは無いように思います。だから、私は定期的に声を出したり、タバコを吸ったり、たまにオモチャの火薬鉄砲をならしたりでこちらの存在をアピールするようにしています。

    1. しげる しげる より:

      たかひろさん
      やはりホルスターあったほうが良いですよね(^^)
      初の熊スプレー同行釣行でスプレー無くされたのはショックですね(>_<) そうなんです。いざという時にすぐに取れる場所にって考えますよね。 僕はその場所の確保が出来なそうだったのでホルスター付きにしました(^^;) 僕も急な遭遇など以外は襲ってこないとは思っております。 声出されるの、僕と同じです。僕は最近、笛という武器を手に入れました(^^) タバコや火薬鉄砲、意味あると思います! 色んな対策をして、渓流釣り楽しみましょう(^o^)

  3. シンジ より:

    自分も買わなきゃなぁ…と思いつつ熊鈴とホイッスルのみの私です。
    先日も自宅近くの山に登っていたら立派な糞があったので途中で帰って来ました。(登山道を使わず獣道を犬と一緒に)
    お守りみたいなものですよね、購入検討しなければなぁ

    1. しげる しげる より:

      シンジさん
      熊スプレー、値段もけっこうしますよね(^^;)
      僕も去年は買わずじまいでしたが、けっこうビクビクしながら釣りをしていたのが嫌で購入しました。
      お近くの山で糞、、、怖いですね(>_<) 本当にお守り代わりなのですが、あると安心感があります(^^)

  4. fujimuuu より:

    おはようございます!

    僕は、去年思いっきり熊に遭遇しながらも、まだ買ってないです。
    相当な至近距離から出ないと効果が発揮されないらしいですね(^◇^;)
    でも、悪人にも効くのならJKになった娘に買ってあげようかな⁈

    レーザーポインターがいいらしいですよ!銃刀法違反にならない程度のヤツで。
    100m位の距離からでも追い払う事が出来るようですよ(^o^)/

    1. しげる しげる より:

      fujimuuuさん
      熊、遭遇されたんですね!怖い(>_<) 熊スプレーは数メートルなので、かなり近いといえば近いですよね(^^;) レーザーポインターで熊対策? と思って検索してみたら強力なものもあるんですね。 驚きました! 娘さん高校生なんですね!  熊や悪い人や、はたまた送り狼なんてのもあるので、撃退スプレー必要かも知れませんね(^^)

  5. 丹沢極釣会 より:

    私も2本下げていますが実際に手際良く使えるかは自信ないですが無いよりは気持ちが違います!
    おそらく1番の武器は素手で闘うのが手っ取り早いですが飛騨の友人は回し蹴りで闘っていますが微動だにせずに
    やられて手のひら60針縫いました。
    もう拳銃しかないですが自然相手はリスクはある事だけは忘れない様にしないとタダでは済まないですね。

    1. しげる しげる より:

      丹沢極釣会さん
      気持ちが違うのが1番のメリットかもしれませんね!
      熊スプレー持っているから安心という訳では決してないですし、いざというときに手際よく使えるかは僕も疑問です。
      ですがスプレー持っておくと多少はビクビクや不安が少なく釣りが出来るので、それだけでも十分な効果かと思いました。
      飛騨の友人さん、凄すぎますね(>_<) 渓流ルアーって、色んなリスクがあると思うのですが、でも渓流に行っちゃいます(^^;) 出来る範囲で対策はして行こうと思います!

  6. 花屋のいちろー より:

    ついに熊スプレー購入されたんですね。これでしげるさんも源流マンの仲間入りですね(*^^*)。
    って言う僕はまだ持ってないんですけどね(汗)。なかなかいいお値段するので手がだせないでいます。
    そんなこと嫁に言ったら余計モノ買わないで、熊スプレー買いなさい!!。それまで釣り禁止とか言われてしまいそぅなのでコレ系の事は嫁には言ってません(笑)。
    いざとなれば、大怪我する覚悟で大型ナイフで肉弾戦ですね(汗)。ヒグマは無理だとおもいますが、ツキノワグマならいけるような気がしてます(笑)←厨二病的発想ですね。

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      熊スプレー購入しましたよ(^^)
      まだ未体験の源流に行ってみたいなあ(^o^)
      うちの嫁も熊スプレー早く買いなさいとめっちゃ言っていました(^^;)
      いちろーさん、ツキノワグマでも無理ですよ!
      いちろーさんが、『いちろーさんになる』になってしまうので無茶しないで下さいね(>_<) 僕も昔、カメハメ波は無理でもドドンパなら出せるかもと真剣に考えていた事がありました。中二病以前の問題ですね(^^;)

  7. ラオウのご主人様 より:

    僕もカウンターアソルトの黒をぶら下げています。
    実際に噴射してどのくらいの勢いでどのくらいの範囲に届くかも実験しました。
    風向きによっては数メートルしか届きません。
    赤だと噴射距離も広範囲みたいですが。
    また個人的な考えになりますが
    万が一自分が遭遇してケガや死亡など事件になってしまうと立ち入り禁止や関係ない熊や動物の駆除など莫大な迷惑をかける事になります。
    もちろん家族なども悲しませる事になるので入山時のスプレー装備は最低限のマナーだと考えています。
    出身が岩手で熊の事故が比較的身近な事だというのもありますけども大事に至った後では遅いので。

    1. しげる しげる より:

      ラオウのご主人様
      カウンターアソルトの黒、実際に噴射されて試されたんですね。
      確かに風向きとかによりますよね。
      ラオウのご主人様はいつも魚や他の動物や人のことを深く考えてらっしゃって、襟が正される思いです。
      色んな考え方はあると思いますが、備えあればということもあります。
      安い買い物ではないですが、僕は買って良かったと思っております。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください