謎の大物渓流魚とのファイト中に一歩も動けなくなりバラす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流魚ファイト

 

あれは大物だった。

いや、姿は見ていないので大物とは言い切れない。

 

だけど、ものすごい手応えだった。

それは間違いない。

 

増水の川で!

 

僕はこれまで増水の川を好まなかった。

だけど今シーズンは増水の川に行こうと思っている。

 

そしてちょうど増水のタイミングがあったのだ。

 

家でスマホとにらめっこしながら川の水位情報を見ていた。

 

この水位なら、増水しているけど何とか釣りになるかもしれない。

そう思って釣行した。

 

朝一番に川に到着。

 

以前の僕なら、

 

「今日は増水しているので、もう少し水位が落ちてから釣りをしよう」

 

というくらいの増水だった。

 

釣りにならなくはないが、流れの緩い場所を選ぶ必要がある感じだ。

 

釣りを開始してすぐに、ダウンのスプーンにヒット!

流れが強いので引きも強く感じる。

 

釣れたのは25㎝くらいのアマゴだった。

 

渓流魚ファイト

 

その後も28~29㎝くらいのアマゴが釣れたが、写真撮影前に脱走される。。。

 

渓流魚ファイト

 

増水のせいか時期的なものか分らないがアマゴが元気になっている。

 

引きが強いし、ネットインしてからもバシャバシャと脱走しやすくなっている。

 

その後、いかにもという場所で大きい手応え!

があったが「ジィィッ」と一瞬ドラグを鳴らしただけで上手くのらずにすぐバレた。。。

 

やはり活性が高いようだ。

 

そして釣り下りながら、流れの中で少し緩い場所。

特に実績がある場所では無い。

 

そこにスプーンを投げて流す。

 

「グッ」と手応えを感じた。

一瞬、根掛かりかと思った。

 

次の瞬間、けたたましくドラグ音が鳴り響いた!

 

「ジィィィィー!」

 

マジか!?

なんだこの勢い!

 

かかった魚は増水の流れを一気に下って行った。

みるみるうちにラインが出ていく。

 

この流れでこの重さと勢いだと、自分から近付かないと魚を引き寄せるのは難しい。

 

合計で10メートル、いや20メートル近くは増水の川の中を下った。

魚は途中で一度は落ち着いたのだが、僕が近付くとドラグ音を響かせてさらに下った。

 

以前の僕なら釣りを見送るくらい増水していたので、川の中を下りながら危険を感じていた。

 

川の中で腰まである流れを横切った時には一瞬流されそうになった。

 

魚に振り回された形で夢中で川の中腹まで移動していた。

そして辿り着いた場所は、一歩も動けない場所だった。

 

立っている足元からすぐ下は急な流れになっている。

 

もう川の中を下れない。

下るとすれば流されるのを覚悟で行くしか無い。

 

この場所まで移動した時点で、すでに1~2分程度は経っていたと思う。

 

それから一歩も動けなくなった場所で、リールを巻いては魚が走り、巻いた分のラインを出されるという事を繰り返した。

 

5分くらいはファイトしている。

トラパラ(ロッド)はずっとひん曲がっていて、腕の力も入りっぱなしだ。

 

こんなにファイトしたのは自然河川で63㎝のニジマスを釣った時以来だ。

だけどあの時は流れの緩い場所だった。今回は流れの力も強い。

 

もう5分くらい経っているのに、また魚が走り出した。

ラインが出ていく。

 

不安になってリールを見るともうスプール本体が見えている。

残りのラインが少ない。このままだと全て出される。

 

ドラグを締めてポンピングする。

しかし魚は締めたはずのドラグも鳴らして走った。

 

もっと締める。

流れの中で、魚は走らないが巻けもしない状態になった。

 

その状態でしばらく対峙した。

そして、、、フッと手応えが軽くなった。

 

バレたのだ。。。

 

僕はがっくりと肩を落とした。

フックが伸びたかも?と思いながら回収したが、伸びてはいなかった。

 

今年になって大物をバラしたのは2回目だ。

だけど今回は、前回とは違う。

 

前回のバラシは、獲れていたはずの魚をバラした。

それに前回はこんなにラインを出されてもいない。

 

今回のバラシは、獲れていたとは言えない。

獲れなかった理由が2つほどある。

 

1つめはリールのライン量の問題だ。

 

2000番のリールに0.8号のPEを巻いている。

巻いた当初から約90mのライン量だった。

 

それが何度もライントラブルや根掛かりをして、40m~50mくらいになっていた。

それは自分でわかっていた。

 

わかっていたのに、まだ新しいラインを巻くのを勿体ないと思って巻いてなかった。

 

40㎝アマゴを夢見ている癖に、

僕は色んな事を舐めていたのだ。

 

魚の力、増水の力、

その2つがダウンになった時の引きの力を。

 

狙っているのはアマゴだった。

だけど今回の魚の走りっぷりは、今年釣った2匹の尺アマゴと比べても大人と子供だった。

 

過去に釣った35㎝の尺アマゴとも全然違った。

 

そんな走りの魚がかかるとは思ってもいなかったのだ。

 

2つめの理由はキャッチまでの事を何も考えていなかった事だ。

 

増水がわかっていたにも関わらず、ルアーを投げて魚がかかってからキャッチまでのイメージがないまま釣りをしていた。

 

これまでに増水での釣り経験があまりない。

だから増水の力を借りた魚の走りっぷりや、増水の流れの中の徒渉も想像出来ていなかった。

 

ただ、あの走りっぷりを想定しろと言う方が難しいかもしれない。

 

しばらくはそんな事を考えながらずっと立ち尽くしていた。

 

そして魚に振り回されて辿り着いた場所から、何とか川岸まで脱出した。

脱出する時にも少し流されそうになった瞬間があった。

 

そして考えていた。

バレた魚の正体を。

 

いやいっそ魚じゃないかもしれない。

 

それらも考慮した結果の候補は、

  1. オオサンショウウオ
  2. 大きいニゴイ
  3. まさかのニジマス
  4. 尺アマゴのスレ掛かり
  5. 40㎝アマゴ
  6. サツキマス

というくらいか。

 

オオサンショウウオは別々の河川で合計3回ほど釣った事がある。

 

1メートルくらいあって重いので、流れの弱い場所でもロッドはひん曲がるし寄せるのに時間がかかる。

 

その大きさで流れに乗って下れば今回のような(というか今回以上の)重さや引きになるかもしれない。

 

だけどオオサンショウウオは流れの緩いところにいる。

今回かけたのは緩い場所とは言え流れの中だ。

 

それに1メートルクラスのオオサンショウウオなら姿が少しだけでも見えてもおかしくないが、見えなかった。

 

大きなニゴイの可能性は?

この場所でニゴイを釣った事はないが、可能性がない訳ではない。

 

だけどニゴイは体力がないので、5分以上もファイトするかな?

あの大きな体で強い流れに乗って下るならありうるかもしれない。

 

まさかのニジマスか?

でもここはニジマスいないと思うんだけどな。。。

 

僕はかかっている間、尺アマゴのスレ掛かりかと思っていた。

 

スレで掛っているから引きが強く、スレで掛っているから流れの力をもろに受けてすごい勢いで下ったのだと。

 

針が魚の口にかかった時の川の流れが魚に当たる面積と、スレがかりの場合に流れが当たる面積の違いを絵にしてみました。

 

絵は嫁に描いて貰いました。

 

40㎝アマゴの可能性もある。

僕はその可能性を夢見て釣行しているからだ。

 

しかし過去に35㎝アマゴは2回釣っている。

 

35㎝アマゴのファイト時間は1分か1分もないくらいだった。

増水して流れが強いとは言え、5㎝の違いでこんなに違うのか?

 

もしかしてサツキマス?

可能性は無いわけではない。

 

バラした魚はデカいというけど、本当にデカかった。

だけど5分以上も戦って、姿も見ずにバラしたのだ。

 

当然、悔しいのは悔しい。

 

だけどライン量不足(準備不足)やキャッチまでのイメージ不足もあって、完膚なきまでにやられた気がした。

 

完全にやられたからか、なんだかスッキリした。

 

前向きに考えよう。

昨年までの僕なら、こんな大物と戦えてもいなかったのだ。

 

それが釣り上げてはいないが、出会えている。

それは確かな進歩なのだ。

 

ドラクエでボスにやられたらどうする?

  • レベル上げして、
  • 装備を調えて、
  • 再チャレンジするのだ。

レベルを上げよう。装備(本流用リール)も欲しいなあ。

 

まったく渓流釣りってやつは、

次から次へとすごい相手(魚)が出てくる。

 

僕は一人で、誰に言うでもないツッコミを入れた。

 

「渓流釣りって、

ドラゴンボールかよ!」

 

謎の大物渓魚、待っていろよ。

 

下級戦士と判定されて地球に送られたカカロット(悟空)。

 

そのカカロット(悟空)が何度も負けて瀕死の状態を乗り越えて、伝説のスーパーサイヤ人になったように。

 

不器用で釣りが下手な僕が、

スーパーアマゴ(40㎝級)もサツキマスも釣れるようになってやる。

 

ブログを読んでくれているみんな、

 

「このオラに、ほんのちょっとずつだけ元気をわけてくれ!」

 

いやほんと、謎の渓魚と戦っている時はそんな気持ちでした。

渓流釣りでも、元気玉が使えたらいいのになぁ。。。

 

(使用タックル)

ロッド:トラパラネイティブTXS-762ML

リール:シマノ 16 ストラディックCI4+ C2000HGS

ライン:デュエルアーマード F+ Pro 200m0.8号ゴールデンイエロー

リーダー:モーリス ストリームショックリーダー30m 8lb

ルアー:ライトニングウォブラー 7g

  

「渓流釣りはまるでドラゴンボール説に賛成!」とブログ応援クリックお願いします(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

           
   

コメント

  1. アバター まさのり より:

    見えます、見えますよしげるさん。

    大きな波のように繰り返される強烈なファイトを、強化されたタックルとレベルの上がったしげるさんが難なくいなす。
    何度もひるがえりながら近づいてくる大きな銀色の魚体。
    巨大な銀色が射程距離に入ると同時に素早くネットに手を掛けるしげるさん。

    巨大な銀色を見る。

    ネットを見てみる。

    巨大な銀色を見る。

    もう一度ネットを見る。

    「こんなん入るかーい!」

    泣きながらランディングネット購入記事を書くしげるさんに期待します。

    1. しげる しげる より:

      まさのりさん
      僕が失敗したりショックを受けた時のブログにコメント率がすごく高いまさのりさんじゃないですか(^o^)

      僕のレベルが上がって難なくいなせるようになるかはわかりませんが、ランディングネットの話はありそう。。。

      今使っているのも渓流にしては大きくて尺アマゴでも余裕のネットではあります。
      ですが、以前の63㎝ニジマスの時にそれ思いました。

      「このネットで入るんかな?もっと大きいネットじゃないと。。。」って(^^;)

      大物狙うならネットもタックルも普通のサイズの魚を相手で楽しめたり見栄えが良いようなのじゃなく、大物に特化したのが必要かもしれませんね(>_<) いつもからかっているように見える文章ながら、実は僕が失敗しないようにするようなアドバイスコメントありがとうございます(^_^)v

  2. アバター 3110tkj より:

    デカアマゴ(?)よりもオオサンショウウオ三匹のほうが、凄いと思いますが…
    ウチのカミさんはサンショウウオ大好きで、ほっとくと水族館で30分以上眺めてますよ。

    1. しげる しげる より:

      3110tkjさん
      奥様、オオサンショウウオがお好きなんですね!

      地域性なのかもしれませんが、オオサンショウウオは見るだけならもっと沢山見ています(^^)

      最初に渓流で発見した数年前には、デカいし見た目もちょっと怖いのですごく驚きました。
      ですが今は慣れてきてあまり何とも思いません(^^;)

      アマゴ狙ってスプーンを流していたらオオサンショウウオの口にがっちりとフッキングしたりしました(^^;)

      僕の会社の人ももっと下流でバス釣りか餌釣りしていたらオオサンショウウオが釣れたと言っていました。

      わりとある事かと思ったり、天然記念物を釣った事を書くのもどうかと思ったりしていたのでブログにも書いてませんでした。。。

      まあ、、、地域性ですね(^_^;)

  3. アバター ヤング より:

    残念でしたね…増水してても7’6のロッドで寄せれない魚の正体がかなり気になりますね(>人<;) 自分も、増水中の日野川へ行きます! この前は、流れが強くて本流で2回立ち往生しました(笑) 一昨日の釣行では、滑って転けてアンバサダー2500Cのハンドルが曲がりました…増水中は危険ですが、大物のチャンスもありますよね〜♪ 最近は、グラスのベイトロッドをビルドしてたのが完成したので次回は入魂してきます。夢のスーパーアマゴ期待してます!

    1. しげる しげる より:

      ヤングさん
      増水の力は凄かったのですが、その直前に28~29㎝はそんなにドラグも出ずに釣っているのであの走りっぷりの魚の正体が気になります(>_< ) これまでは増水の時にあまり行って無かったのですが、おっしゃる通り増水の水中って危険ですね。。。 直前に腰まで一瞬浸かって流されかけたので、一歩も動けなくなってから飛び込めませんでした(>_< ) まあ命あっての釣りなのでそれで良かったと思います(^^;) アンバサダーのハンドル曲がるのショックですね(>_<) グラスのベイトロッドビルド!ルアーだけじゃ無くてロッドも作られるんですね! ベイトタックルにもすごく魅力を感じるんですが、本流用リールやデジカメが先かな。。。 夢のスーパーアマゴ、頑張ります(*^_^*)

  4. アバター あざらし より:

    謎の大物の正体が気になりますねぇ(^^;しげるさんが無事で何よりです。通常の川でも流れに乗られると大変なのに増水してるとなると尚更ですよね(*_*)個人的には大物のスレのような気がします!サイヤ人はやられても復活したら強くなるので次は謎の大物釣ってブログでアップしてくださいね(^-^)

    1. しげる しげる より:

      あざらしさん
      大物の正体、気になりますよね(>_< ) 僕の体を心配して下さってありがとうございます(*^_^*) これまであまり増水の時に釣行してなかったのですが、増水の流れの力は凄いですね(>_<) 大物のスレの可能性もあると思います!姿見ずなので余計に気になります! サイヤ人は復活したら強くなりますよね(^^) 何となくですが、この場所を通り過ぎて上流に行く魚の気がします。。。 ひととこに留まって無い気がしますが、リベンジ頑張ります! 仙豆(せんず)が欲しいです(^o^)

  5. アバター ラオウのご主人様 より:

    惜しかったですね!
    水を得た魚は活発になりますがただの魚ではなさそうですね。
    40オーバーのヤマメの可能性高く感じますよ。

    1. しげる しげる より:

      ラオウのご主人様さん
      姿見ずでバラしてしまったので正体が気になります(>_<) 増水って普段なら会えないような渓魚に会えるかも!?と思わせてくれた釣行でした。 だけど増水の川の遡行は怖かったです(^^;) 40㎝ヤマメ(アマゴ)を夢見て釣行していますが、少しは現実めいてきました(^_^)v

  6. アバター 新横浜の佐々木 より:

    いやぁ、読み応えありました。
    惜しかった。50オーバーのサツキですよ、その魚。
    糸巻きなおして次に備えましょう。この経験は次へのステップですよ。

    ただ、「オオサンショウウオは別々の河川で合計3回ほど釣った事がある」には、
    度肝抜かれましたw

    1. しげる しげる より:

      新横浜の佐々木さん
      楽しんで読んで頂けて嬉しいです(*^_^*)
      バラしたのは悔しいですが(^^;)

      サツキマスの可能性もあると思っています!
      ほんと、63㎝ニジマス以来の引きだったので(>_< ) 大物狙っているのにラインをケチっていたらダメですね。。。 渓魚とは決まってませんが、こんな引きの渓魚がいるんだという認識が出来ました。 正直、大きなニジマス以外は舐めてました(>_<) オオサンショウウオは3110tkjさんへの返信の通り、こっちはけっこう見るんです(^^) オオサンショウウオはスレの時もありましたし、ちゃんと口にかかっていた事もあります。 すごく重いし、釣り上げるというか近くまで寄せてフォーセップでフックを外すまでに時間がかかります(^^;) オオサンショウウオはヤマメやアマゴを食べるのであまり歓迎出来るゲストではないんです。。。 これは地域性だと思います(^_^;)

  7. アバター 右脳派釣師 より:

    見えます、見えますよしげるさん。
    くらげ亭のカウンターで「おっ、しげるさんのブログ更新されてる」
    オデコにメガネをずらして、スマホを見るまさのりさん!
    とたんにスマホを置き「ムッキー!」とビールを一気飲み!

    自分もしげるさんのブログを見てみると「正体は80アップのニジマスだったのだ!」のタイトルが!

    そんな展開を期待します(笑)

    1. しげる しげる より:

      右脳派釣師さん

      オデコにメガネをずらしてスマホを見る(^^)
      すごくリアルな情景が浮かびました(^o^)

      表現が上手ですね(^^)

      悔しい味のビールを一気飲みさせるような展開、良いですね(^o^)
      いつかそんなブログが書けるように精進します(^_^)v

  8. アバター 花屋のいちろー より:

    読んでいて、現場に一緒にいて一部始終を見ていたかと思ってしまう程の臨場感にハラハラして読ませていただきました(*>∀<*)。
    増水してる時の魚って本当、元気ですよね!?。先日の釣行で僕もそれは感じました(汗)

    いやぁ、猛烈なファイトを繰り広げた魚の正体気になりますねぇ。正体をあれやこれやと考えて、再戦を願いフィールドに通う!。ロマンがありますねぇ(*>∇<)ノ。40UPのアマゴであれ、サツキマスであれ、夢が一気に現実味を帯びてきたんじゃないでしょうか(^^)d。
    もし、ニゴイとかだったとしても、それはそれで面白いので…(爆)
    にしても、増水の中腰まで水に入り流れを渡るだなんて、気合いが凄いっ!!。腰まで浸かったらかなりと流圧ですから、流されなくて何よりでしたヽ(´ω`)

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      読んでいて臨場感を感じて下さるなんて嬉しいです(*^_^*)

      増水の魚、感じられましたか!
      ほんとに元気ですよね(^^)

      これだけ時間がかかったファイトは大ニジマス以来でした。
      姿見ずのままバラしたので余計に想像力に翼がはえます(^o^)

      はい!この手応えならトラウトなら、、、と少し近付けたような気がしました(^^)

      ニゴイだったら、、、「ニゴイやないか~い!」とオイシイ方向に持っていきます(^o^)

      腰まで入った時は魚に振り回されて無我夢中で、でも腰まで入った時に一瞬ふわっと体が流されかけて焦りました。
      そのせいで(おかげで?)、もう一歩も下れなくなってから川に飛び込まずにすみました(^^;)

      お互い、安全第一で楽しみましょう(^o^)

  9. アバター りょう より:

    しげるさん
    お久しぶりです。
    めちゃめちゃ良い釣りしてますね!バラした後、放出されたアドレナリンの回収場所がなく落ち着かない高揚感!冒険最高です。

    オオサンショウウオ

    1. しげる しげる より:

      りょうさん
      お久しぶりです(^o^)

      ありがとうございます(*^_^*)
      この謎の大物渓魚は結局、姿見ずで終わったので余計にというところがありますね(^^)

      オオサンショウウオは地域柄だと思うのですが、よく見ます(^o^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください