渓流ルアーで意味のあるフック交換と虎の子1匹のアマゴ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フック交換

 

お盆休みが終わった。

僕はお盆明け一発目から出勤前釣行をしようと思っていたのが寝坊したのだ。

お盆の間は初日しか渓流ルアーに行けないと思っていたが、なんとかもう一日行けたのだ。

前回釣行で今年のピークとも言える数のヤマメたちを見たので、夢をもう一度だ。

参考ブログ 夏ヤマメとがまかつシングルバーブレスフックとバラし検証9

 

ただし、前回の場所はしばらく封印しておく。

そしてまた、プレッシャーの少ない状態で沢山出て来て欲しいのだ。

他の釣り人は入らないという希望的観測をもとに考えている。

 

久しぶりの渓流ルアーで新規開拓

 

新規開拓というか、これまで釣っている場所の続きのようなところだが行ったことがない区間を釣ってみたのだ。

なので、まったく新しい場所ではない。

ただ、釣行前日に会った義理の母と書いてお義母さんがヤマメ、アマゴなど好きなので、

「釣れたら食べますか?」

と聞いてしまったので良いサイズの魚を一匹は死守する必要がある。

自分で自分にプレッシャーをかけた形で川に向かった。

 

2017年8月16日 水曜日 午前6時半~10時前後 水温17~18度

 

新規開拓の川は渋かった。

渋かったというか、稚魚ばかりだった。

そして僕はフックサイズを大きくして試していた。

がまかつ(Gamakatsu) シングルフック 53BL ♯10から、

がまかつ(Gamakatsu) シングルフック 53 ♯8にサイズアップしてみたのだ。

 

フック交換

 

♯8のバーブは潰しておく。

というか、パッケージに AREA FISHING って書いてあるのにバーブアリってどういうことだ。

てっきりバーブレスと思った。

 

フック交換

 

装着するとこんな感じである。

下が♯10だ。

 

フック交換

 

そして釣り上がるが、フックサイズを大きくしたせいと、魚が小さいこともありアタリがあってものらない。

唯一かかったのが、10㎝少しのアマゴだ。

すぐリリース。

 

フック交換

 

そして虎の子1匹を求めて移動した。

 

フック交換と虎の子1匹

 

移動した際に、♯8を、最近好きな♯10に戻した。

良くないところだが、僕は釣行中フック交換はあまりしない。

だけど、虎の子1匹をかけるために、フックサイズを戻して新品に交換したのだ。

 

藪をかき分けて降りる。

蜘蛛の巣や藪の感じで、あまり釣り人が来ていないところだとは思う。

 

しかし最初は反応が無い。。。

稚魚の反応も無い。

心配になりながら釣り上がって良いポイントを発見した。

何投かすると、稚魚は追ってくる。

段々落ち込みの方に近づけて投げていくと、追ってきた!

白泡から、水面のヨレがなくなり、思い切り魚が見えるところまで追ってきて、追ってきて、

パクッっと喰った!

アワセがきちんと出来ていたかわからないが、そのまま流れに逆らわず下流に寄せてくる。

ネットを出すのに手間取ったが、なんとかネットイン。

 

虎の子1匹、なんとか確保した。

20㎝少しの食べ頃サイズである。

この日は前の1匹もテールフックに喰いついている。

あまり活性高くないのかな。活性高いときはお腹のフックに来る気がする。

 

フック交換

 

なんとかお土産の1匹をゲットできて安心する。

しかし、フック交換しといて良かった。ガマカツのこのフックの刺さり具合は気に入っているのだ。

 

 

そしてその後、少し釣り上がると、目の前に大きな落差の崖があった。

滝とは違うが、上の川から垂直に大きな落差がある。

そこの落ちた流れが集まりそうな渕尻にキャスト。

ひるがえった! やっぱりいた!

しかしもう反応しなかった。。。

初めて行ったのだが、あの場所の渕尻は餌の集まるデカくなる条件がある。

釣り人が行かなければ、だが。

 

その初めて行った落差の崖のようなところから戻って藪を漕いで地上に上がるの嫌だなあと思って登れそうなところを探す。

すると、簡易的な樹脂っぽい階段のようなものが続いている。

ただ、角度はかなりきついし、年配の方は厳しいだろう。

観光地でもないだろうし、もしかして釣り人が自分で設置したのか?

かなり角度はきついけど、アスファルトの道路を降りてすぐだし、可能性はある。

 

新規開拓は時間を使って空振りに終わることもあるけれど、自分の引き出しが増えるのだ。

だから僕は新規開拓が好きなのだ。

たったの、虎の子1匹で満足して帰ることにする。

 

実はこの日、早朝6時半の段階で少しかがんだときに腰にピリッと違和感があった。

ぎっくり腰まで行かないが、以前経験した腰の痛みに似ていた。

だましだまし釣りをしていたのだがノルマ1匹釣れたのでやめにしたのだ。

 

今朝も出勤前釣行しようと思っていたくらいだが、腰の違和感は少しある。

今シーズンあと少し、足にヒビが入った後に腰を痛めるなんてことは避けたいのだ。。。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. まさのり より:

    こんばんは~
    私も一時バーブ付きフックをプレスバーブで使ってみましたが、バーブ付きフックってバーブありきの形状で作られているのか掛かりは良いけどバラしやすい印象でした。
    現在未来の謎繊維、ケプラーとやらを使ってスイミングフックを制作中です。
    構想5分、製作時間2分の本当に使えるのか不明の超大作です。
    乞うご期待!

    1. しげる より:

      こんばんは!
      確かにバーブ付フックはバーブありきの形状で作ってますよね(^^;)
      今回間違えてバーブ付を買ってしまったので貧乏症で使っていました(>_<) やはり元々バーブレスフックがレスを前提とした針ですね。 スイミングフック制作中ですか! しかも構想、制作と素早く作れる超大作(?)ですね(^^) スイミングフックフラグ立ちっぱなし中としては非常に気になります! 結果お待ちしております(^o^)

    2. しげる より:

      追記。
      釣りの話では無いですが、海外バックパッカー時代のブログ好きです。
      僕はブログに書かれているようなヘビーではないですが、インドだけ少し行ったことあるので読んでいて楽しいです。

      1. まさのり より:

        そうそう、プロフィール見た時割りと共通点多いなと感じてたんですよね。
        インドネタも一度あの空気に触れた人なら、よりリアルに感じてもらえると思います。(私の文章がアレですが)
        村上春樹好きも実は共通してまして、鼠三部作とダンスダンスダンス、世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドは今でももう一度読めるくらい好きです。
        騎士団殺しはシーズンオフに読む予定です。

        1. しげる より:

          プロフィール見てくれたんですね。書いといて良かったです(^^)
          インドネタは、ものすごくリアルに感じます。
          あの、なにが起こってもおかしくないインドの感じ、すごく分かります。
          文章楽しいですよ(^^)
          村上春樹もお好きなんですね!
          僕も書いて頂いてもの、全て好きです。
          中でもダンスダンスダンスと、あとノルウェイの森が凄く好きです。
          騎士団殺しは読みました。シーズンオフにお楽しみください(^^)

コメントを残す