ホームが今シーズン終了でアマゴとイワナに挨拶とお礼の釣行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アマゴイワナ

 

渓流釣りが出来る期間は日本全国でどこも同じではない。

僕のホームリバーは8月末で禁漁になる。

 

禁漁前の8月末にホームの渓魚たちに挨拶に行ったのだ。

 

禁漁目前!

 

まずはホームリバーに到着した。

 

8月半ばの大雨で川の様相は少し変わったが、通い慣れた見慣れたホームリバーだ。

 

しかしこの慣れ親しんだホームリバーが、9月からはすごく遠い存在になるのだ。

 

ホームリバーとの距離は変わらない。

変わらないが釣りが出来なくなる。

 

それだけですごく遠い存在になった気がするのだ。

 

例えるなら、

  • 中学生の時に密かに恋心を寄せていた女の子。
  • その女の子が父親の仕事の都合で来月から遠くに引っ越してしまう。
  • 僕に出来る事は最後に告白する事だけ。

そんな悲しさや寂しさに近い。

 

禁漁なんか、引っ越しなんかなければ良いと思う事もある。

 

だけど引っ越しはともかく禁漁は渓魚たちの産卵などの意味があると思うので受け入れるしかないのだ。

 

本流でアマゴ!

 

まずはアマゴの顔が見たいと思った。

本流域を釣って行く。

 

8月後半のこの日はすごく暑い日だった。

 

しかも釣り始めたのは午前10時くらいからなのでさらに暑さが厳しい。

 

そんな中、待望のヒットが!

 

手応えからしてわかっていた。

 

わかっていたのだけど予想よりさらに小さな10㎝ちょいのアマゴだった。

 

アマゴイワナ

 

使っているタックルは本流用の7.6ftのロッドに3000番のリール、スプーンは7g。

 

それで10㎝ちょっとのアマゴを釣るのって逆に凄くないですか!?

 

いや全然凄くない。

 

でも小さなアマゴがいると言う事はこの川のアマゴはこれからも居てくれるのだ。

 

続いて少しサイズアップ!

(と言っても15㎝くらい)

 

アマゴイワナ

 

僕はネットに収まっている朱点が綺麗なアマゴに対して話しかけた。

 

僕:「あの、気付いてたかもしれないけど、僕はアマゴちゃんの事が好きなんだ。しばらく会えなくなるけど、来年の3月にはまた会いに来るから待っていて欲しい!」

(引っ越して行く好きな子への告白に似ている)

 

そんな僕の語りかけに対して、アマゴはじっと黙っていた。

 

アマゴは頭が良いから僕の相手はしないのだ。

 

魚に対して話かける人間がまともな訳がない。

相手をしないに越した事はないのだ。

 

いやもしかしたらこのアマゴには添い遂げると心に決めた尺アマゴがいるから僕の告白が響かなかったのかもしれない。

 

この日の猛烈な暑さとアマゴのアタリの少なさに音を上げた僕はルアーのスイムテストを最後に渓流に移動する事にした。

 

テストするのは先日リップの位置を調整した本流用の不器用ルアー縁(えにし)だ。

 

サイドやダウンで動きや水流の受け方をチェックする。

 

リップ調整は動きを抑えるために行なったのだが、その効果が出ていた。

 

動きは抑えめになっていて少し良い感じになっていた。

だけどもっと動かないようにしても良いかもしれない。

 

アマゴイワナ

 

イワナに挨拶!

 

アマゴに挨拶した後にはイワナにも挨拶したい。

渓流に向けて車を走らせた。

 

小さな川を釣り上がって小さなイワナは何度か目にした。

しかしかからない。

 

そして大場所。

ここで釣れなきゃイワナは諦めるしかない。

 

キャスト1発目で手応えが!

 

釣れてくれたのは25㎝ほどのイワナだった!

ホームでは過去2番目に大きいイワナだ!

 

アマゴイワナ

 

僕はイワナにも話しかけた。

 

僕:「愛嬌のある君にまた会いたいけど、次に会えるのは来年の3月なんだ。それまで元気で居ておくれ」

 

イワナはじっと黙っていた。

 

イワナも頭が良いから僕の相手はしないのだ。

 

魚に対して話しかける人間が(以下省略。アマゴの時と同じ)

 

だけどこうも思う。

 

いいおっさん(40歳)が魚に向かって語りたくなる。

週末を待ち望んで釣りに行く。

 

釣りの最中も僕はずっと色々と考えたりぶつぶつと一人言を呟きながら歩いている。

  • 一人言の例は、
  • 「あそこは絶対に居る」
  • 「あの流れで反応があったと言う事は今日の居場所は、、、」

などと多岐に渡る。

 

一人言も楽しんでいるから出ているのだと思う。

(基本、釣りの時は周りに誰も居ないとも思っている)

 

渓流ルアーを始めて8年目だが、飽きっぽい僕がまだこんなに楽しんでいる。

 

こんなに夢中になれて楽しめる趣味は他には無い。

 

少なくとも、今の僕にとっては他には無いのだ。

 

そしてこの日、最後に渓流のアマゴの顔も見るためにさらに移動して何時間か釣り上がった。

 

だけど結局、2バラしで終了。。。

渓流のアマゴの顔は来年までお預けになった。

 

この日はスタートが遅かったからか珍しく夕方まで釣りをしていた。

 

もうすぐ帰ろうかなと思った時に嫁から電話がかかってきた。

 

嫁:「今どこ?」

 

僕:「〇〇あたりです」

 

嫁:「5時までには帰りなさいって言ったでしょ!」

 

僕:「ホーム最後だから盛り上がってしまって、、、」

 

嫁:「ヘリ呼ぶぞ」

 

僕:「ヘリは呼ばないで下さい」

 

嫁:「じゃあ早く帰ってきなさい」

 

僕:「今から帰ります」

 

僕は今年、ココヘリという遭難した時にヘリが探してくれるサービスに加入した。

(ココヘリブログはこちら)

 

いざと言う時のために嫁にもココヘリのサイトを伝えている。

 

そんな嫁は僕の帰りが遅くなると、

 

「ヘリ呼ぶぞ」

 

と脅してくるのだ。

(嫁は心配症なので暗くなるまでに家に着いてないと怒る)

 

ホーム最終釣行の夕方、嫁との電話で一気に現実に戻った気がした。

 

最終釣行日はサイズは出なかったけどアマゴとイワナに挨拶が出来た。

 

9月は隣県にお邪魔してどんな出会いがあるのか?

 

秋ヤマメやイワナが楽しみな僕なのであった。

 

本流使用タックル

ロッド:トラパラネイティブTXS-762ML

リール:21アルテグラC3000HG

ライン:シマノピットブル 4本編み0.8号200m

リーダー:VARIVAS スーパートラウト アドバンス エクストリーム ショックリーダー ナイロン 30m 8lb

ルアー:ライトニングウォブラー7g 

 

渓流使用タックル

ロッド:ファインテールFSX-B382UL

リール:17カルカッタコンクエストBFS(左)

ライン:アーマードF+PRO 0.6号

リーダー:バリバス トラウト ショックリーダー 30m 1.5号

ルアー:不器用ルアー縁(えにし)

 

「最後にホームの渓魚の顔が見れて良かったね!嫁にヘリ呼ばれないように早く帰ろう!」とブログ応援クリックお願いします!(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

           

コメント

  1. あざらし より:

    8月末で禁漁は寂しいですね(>_<)魚に語りかけるしげるさん余裕で脳内再生出来ちゃいます(^-^)アマゴもイワナも来シーズンはもっといい身体になってしげるさんを待っていますよ(笑)今月からは遠征になってしまうと思うので事故等お気をつけください!遅くなったらヘリ呼ばれますよ(*^^*)

    1. しげる より:

      8月末は全国的に見ても早いと思います(>_<) なので僕に秋アマゴを釣る機会はありません(^^;) 魚に語りかける僕の脳内再生余裕ですか(^^) ブログ読み込んで頂いてありがとうございます(*^_^*) アマゴもイワナも元気で大きくなって来年顔を見せて欲しいです(^o^) 遠征で秋ヤマメやイワナの顔が見れるように頑張ります(^^) ヘリ呼ばれると困るのでちゃんと帰宅時間を考えて釣りします(^_^)v

  2. くんじー より:

    しげるさんお疲れさまです!
    僕も地元の川が8月で禁漁になるのでイワナとヤマメに挨拶とお礼の釣行をしました。
    4月から渓流ルアーを始め、これまでで1番良い釣りができたお気に入りの沢に!
    1時間くらい釣り上がった所で「釣れますかー?」の声に見上げると上の林道に釣り人らしき人が?(この支流で他の釣り人に会ったのは初めてで少し驚きました)
    話をすると、テンカラ釣り師で県外から2時間くらいかけて来られたとの事!
    僕より上流で釣った区間を丁寧に教えていただき、とてもマナーの良い釣り人と思いました。
    しかし、良い型のヤマメが4匹釣れたと聞いて、4ヒット4バラシ0キャッチだった器の小さい僕は少し残念な気分。
    しげるさん的に例えると、4月から思いを寄せていた(たぶん好きなのは僕だけ)人に告白したら、彼女には県外から時々会いに来ている彼氏がいた!みたいな(^_^*)
    その後別の川に移動して無事イワナとヤマメに挨拶とお礼が出来ました!
    それにしても禁漁前の休日となると釣り人の思いは皆同じなんですねー。少し移動しただけで6人の釣り人(全員餌釣りですが)を見かけました。

    1. しげる より:

      くんじーさんも禁漁前の挨拶お礼釣行行かれてたんですね(^^)

      例え、上手です(^^)
      僕が書くにしてもその例えをそのまんま書くような例えです(^o^)

      狙っていた沢の上流で人を見たら器の大きさがおちょこの裏くらいしかない僕なら歯軋りします(^^;)

      でも良い方で良かったですね(^^)
      僕はテンカラの人にはいまだに会った事がないです!

      別の川で挨拶とお礼が出来て良かったですね(^o^)

      禁漁前に釣りに行きたくなるのは釣り人の性(さが)だと思います!
      にしても釣り人多いですね(>_<) 9月は遠征楽しみましょう(^_^)v

  3. きんくま より:

    これから活動しやすい時期になるのに、渓流のシーズンオフは早いですね。
     日が暮れるのが早くなりますので奥様も心配なさります。ヘリ呼ばれぬよう計画的に釣行してくださいね。
     管釣りはこれから水温も下がるので釣りやすくなります。新しいスピニングリール買ったので早く使いたいです。

    1. しげる より:

      そうなんですよ(>_<) 9月は婚姻色のヤマメアマゴなども楽しみなのですがホームは禁漁です(^^;) 隣県に通うので計画的にヘリを呼ばれないように早く帰ります(^o^) 夏の管釣りは確かに水温上がりそうですね(>_<) 新しいスピニングリール!(^^)! ベイト以外にスピニングも使われるんですね! 楽しんで下さい(^_^)v

  4. 花屋のいちろー より:

    ホームの最終釣行お疲れ様でした。
    最終釣行で有終の美…で、色付いたデカヤマメ等が釣れてくれるに越した事はないんですが、現実なかなかそんな良い終り方になりませんよねぇ(^^;。なので、釣れてくれるだけで十分なんですよね(^^)d。魚にはいい迷惑かもしれませんが、また来年もよろしくって伝えられるだけで気持ちよく終われますよね。

    1. しげる より:

      最後ってどうしても期待しちゃうんですが、最後にさよならホームランになった記憶はないです(^_^;)

      有終の美を飾りたいんですが現実は。。。(>_<) 釣れてくれて顔を見せてくれただけでも嬉しかったです(#^^#) たしかに魚からしたら釣られたくはないですよね(^_^;) アマゴとイワナの顔が見れて満足でした(^O^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください