尺越えとの再会? 準備していたルアーは、渓流にメタルジグ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

土曜日は晴れたので、ちょっとストーキングに出かけたのだ。

ストーキングの相手は、最近見つけた尺越え確定の大物なのである。

参考ブログ
絶対尺越えの大物を渓流で発見! 今年の目標に設定するのだ。

 

見つけてから約1週間が経っており、通うのは3回目である。

奴が潜むであろうポイントは、落ち込みが深くなっている。両端は岩である。

僕は予想した。

この間、1投だけ反応があって出てきてくれたのは、落ち込みの水流に上手いことのって低層までルアーが運ばれて、底に潜んでいた奴の近くまで行ったので反応したのだと。

逆に言えば、1投しかその場に入らなかったのだ。

ちなみに僕は底を攻めるのが苦手である。はっきり言って課題である。

だから底を取るために準備した秘策がある。

メタルジグである。写真はぼけている。

 




 

 

 

 

僕は今シーズン始まってからずっと、原則、自分が作ったハンドメイドルアーしか使わないという誓いを立てていた。

るろうに剣心で言う、『不殺(ころさず )の誓い』である。

しかし、この尺越えを釣るために誓いを破ることにした。

強敵に対して、逆刃刀(僕の作ったルアー)では太刀打ち出来ない可能性が高いのである。

僕は奴がいるだろうポイントに立って呟いた。

「拙者、殺さずの誓いを破るでござる。。。」

すみません。馬鹿なんです。

ただ、今シーズン初めて、自分の作ったルアー以外を使ったのは事実である。

何度か自分のルアーを投げて見たが、奴の反応が無い。

ルアーチェンジである。

アジなどを釣る用の小さなメタルジグをポイントに投げる。

そしてしゃくる。しゃくる。しゃくる。

また投げる。しゃくる。しゃくる。以下同文。


反応無いやん!

殺さずの誓いを破ったのに。。。

僕は肩を落とした。

そして歩いて少し上流に釣り上がる。

すると、またしても落ち込みがあって深くなっていて左右が岩で、かけあがりがあるポイントにでる。

前回、魚の反応はあったが釣れなかったので期待を持ってルアーを投げる。

何投かするが反応は見てとれない。

少し立ち位置を変えようと移動する。

すると、かけあがりの底に陣取っているデカい奴を発見した。
水がかなりクリアなので浅いところは底まで見える。

デカい。尺超えてそうである。

こいつが、前に見た奴が下流から移動したのか違う魚なのか判別が付かない。。。

前に見たポイントとの距離は100mくらいしか離れていない。

僕はルアーを投げて、出来るだけそいつに近づけるように通す。

しかし、そいつのほんの少し上を通ってしまう。

なんの反応もせず、定位している。

何度か投げたが反応しない。

何度目かで、僕が枝にルアーを引っかけてしまってから姿を消した。。。

でも、少し気になっていることがある。

かけあがりの底にいたそいつ、おぼろげだが見えたのは、エラの後ろ辺りに星のようなマークがあったような気が。。。

でもそれってアユだよな。

アユがこんな上流に、というか4月にこんなデカい訳ないよな。。。

僕はもうさっぱりわからなくなったのだが、1つだけ決めたことがある。

やっぱり、ここには通うことに決めた!

 

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへにほんブログ村

 



           
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ねこ爺 より:

    こんばんは^^
    極まれに年を越して大型化するアユもいますよ~。
    こちらの川でも40近いヤツ上がったことあるので。
    (剥製にしてあったwww)

  2. せざも より:

    自作ミノーのニューラインナップ、DeepDiverシリーズの開発が急がれますねぇ

  3. しげる より:

    ねこ爺さん
    アユで年越すの、稀にいるんですね!?
    知りませんでした。
    すると、アユの可能性もゼロではないですね。
    1番良いのは釣って確かめることですね(^o^)

  4. しげる より:

    せざもさん
    よいところ指摘されますね!
    ちょっとディ-プ作ってみようかと思っていました(^o^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください