右投げ左巻きでの初の1匹!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

前回のブログで右投げ左巻きに矯正するという決意表明(大げさ)をしたのだ。

それから、地道に朝練(出勤前釣行)で練習をしていた。

初日は魚がいないところで、ひたすら1時間少し投げて巻くだけの練習をした。

投げて巻くだけでも勝手が違うのでぎこちないのだ。

2日目は練習というか、練習半分、釣り半分の釣行に行った。

追ってきた魚はいたが喰わせきれずにボーズ。

追ってきてUターンした魚には、

『左巻に慣れたら釣ってやる。お前の顔覚えたからな!』

的な視線を、去って行く後ろ姿にあびせた。

そして3日目。魚がいるであろうポイントに向かった。

1投目、いきなり魚が反応してルアーにバイトがあった。しかしかからずバレる。

右腕で合わせの反応が出来なかった。。。

その後、別で反応はあったが喰わず。。。

広めの浅瀬が続くポイントに移動する。

アップクロスというか、サイド気味にルアーを巻く。ほぼただ巻きである。

ルアー回収まであと数メートルというところになっていきなりバイトが!

右腕に手応えがのった。

ロッド操作とリール操作がぎこちない。

魚を寄せてきた。

僕の脳みそはこれまでの癖で、右腕でロッドを持っているのに、右腕でネットを取ろうと混乱した。

しかも、いつもの癖で背中のベルトの、右後ろ側にネットを差してしまっていた。

あたふたしながら左手でネットを持つ。

ネットイン。

自作ハンドメイドルアー(目がアワビシール)でのゲットである。

サイズは、、、20センチ無いくらい。。。でもいいのだ。

 

 

 


丁重にリリースする。

しかし、よくバレなかったなと思う。

合わせと、かけてからのやりとり。

課題は山積みだ。

でもとにかく、1匹釣れたのだ。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへにほんブログ村




           
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. せざも より:

    しかし辛抱強く、ストイックに鍛錬してますねぇ。
    仕事も同じ調子でやってますか?
    私はどうしても仕事は端折る方向でしか出来ません。
    なんでなんですかね・・・

  2. sun より:

    私も右投げ右巻きでしたが、4年前ルアーを始めてから矯正しました。
    理由は「カッコいいから」でしたけども(笑
    最初は同じく脳みそがこんがらがって大変でした…慣れは必要ですよね。
    海もやりますが、右投げ左巻きの恩恵が大きいのはやはり渓流だと感じます。
    とはいえ私の場合それで、特に釣果が伸びたわけではないのですが^_^;
    がんばってくださいね!

  3. しげる より:

    せざもさん
    お褒めの言葉ありがとうございます。
    仕事は肩の力を抜いて、釣りは全力でがモットーです(^o^)
    何かを得るためには、何かを捨てるのも必要ですね(>_<)

  4. しげる より:

    sunさん
    僕が矯正した理由に、プロっぽいからというのもあります(^o^)
    実際は素人の若いルアーの方、ほとんど右投げ左巻ですが。
    ランディングするときに、本当に脳みそがこんがらがりました。
    僕は今、釣果が落ちていますがこれから伸びると信じて矯正します。

コメントを残す