今年最初の1匹を、手作り一斗缶燻製器でアマゴの燻製にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

前回、丸1日がかりで1匹だけアマゴを釣り上げたのだ。

普段はほぼキャッチ&リリース派なのだが、初物だし、またアマゴの燻製を作るために一斗缶燻製器を製作した。

 

参考ブログ 渓流釣り解禁に間に合うように一斗缶で燻製器を作るのだ!

つまり、食べるのである。

 

アマゴは前回釣り上げた20㎝ばかりの初物である。

くどいようだが、アマゴの下のルアーは僕のハンドメイドルアーである。

 

いぶり暮らしレシピブック

 

そのアマゴを、帰宅してから内臓を取って塩をふっておく。





 

いぶり暮らしレシピブック

 

そして網のバットにいれて冷蔵庫で1日置いた。

燻製前はこんな感じである。

 

いぶり暮らしレシピブック

 

これを前々回作った一斗缶燻製の網に載せる。

チップはこんな感じである。

 

いぶり暮らしレシピブック

 

ちなみに嫁の強い希望でヒッコリーを買った。

手作り一斗缶燻製器は、電熱器の上に置いてみるとこんな感じである。

 

もちろん外で燻す。写真用に室内で取ったのだ。

蓋はアルミホイルと一斗缶を切り取った残りだ。

 

また詳しいことは気が向いたらブログに書きます。

 

いぶり暮らしレシピブック

 

そして30分ほど燻して、、、、

完成なのだ。

 

いぶり暮らしレシピブック

 

写真映えはともかく、嫁は美味しいと言ってくれた。

僕は少し煙の匂いがついているのが気になった。

 

しかしまあ、初めての燻製でかなり簡単に作業をしている。

参考レシピは 漫画 いぶり暮らしのレシピ本です。

 

 

温度管理もしていないし、ソミュール液にも漬けていない。

チップの燃え方も、電熱器と一斗缶との距離や空気穴が適正かもこれから手探りなのだ。

 

まずは今年初めの1匹を、燻製で頂けたことに感謝!

2ヶ月くらい禁酒しているので乾杯とは行かなかったが、満足なのであった。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへにほんブログ村




           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター かわし より:

    こんばんは。
    ついに燻製始動ですね。
    作っているご自身の不満はあるでしょうが、奥様の美味しいの評価が一番ですね!

  2. アバター しげる より:

    かわしさん
    はい! ついに駆け足で作った燻製器始動しました!
    一回目にしてはまあまあのできなので、これからレベルアップしてさらに美味しく頂けるようにします。
    まあ、どこまで本当かですが、嫁が美味しいと言ってくれたので良しとします(^o^)

  3. アバター せざも より:

    自分で作ったルアーで今年の最初の一匹。
    それを燻製にして嫁とつついて頂く。
    贅沢な話じゃありませんか。
    ところで禁酒とは肝臓でもやりましたか?

  4. アバター しげる より:

    せざもさん
    そうやって書いて頂くととても良い感じに思います(^o^)
    たしかに楽しいです。
    体は大丈夫です!
    お酒はずっと、やめるか控えようとは思っていたのですが、年明けにちょっときっかけがあってそれからやめています。
    やめだしたら意地になってやめています(^_^;)
    毎日発泡酒をロング缶3本なので1.5ℓ飲んでいたので月2万近く飛んでいました。
    釣りや趣味にもお金を使いたくて。
    まじめな返答ですみません!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください