縁(えにし)の釣果報告を5名も頂けたり渓流魚の扱いを考えたり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aさん釣果ヤマメ

 

渓流シーズンになると僕のブログは渋滞する。

 

『ブログが渋滞する』とは、

  • 書きたい事が沢山あって、
  • 3日~4日に1回の更新では、
  • 書ききれなくなる事だ。

 

毎回書きたい事を「ぎゅうっ」と詰め込んだ長いブログを書いておいて何なのだが、まだ書きたい事は沢山あるのだ。

 

例えば今回の不器用ルアー縁(えにし)での釣果報告もやっと書けたのだ!

 

1ヶ月以上前から頂いていた釣果報告もあるので、遅くなってすみません!

 

今回は一挙に五名様からの釣果報告をご紹介します!

(皆さん初めての釣果報告です!)

 

ご連絡頂いた順でご紹介します!

 

縁(えにし)の釣果報告!

 

今回のお一人目は、、、

 

静岡県から、pckr8296さんです!

(インスタのお名前です)

 

アマゴの釣果報告を頂きました!

 

静岡県は場所によってアマゴ域とヤマメ域があるのかな?

 

pckr8296さんはインスタに釣果の動画を上げて下さいました!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

pckr8296(@pckr8296)がシェアした投稿

 

pckr8296さんからは、

 

「ダウンでもしっかりトレースライン取れて飛び出すこともなく、すごく扱いやすいルアーでした!」

 

という嬉しいお言葉も頂けました!

 

「どこが不器用なのか?」

 

とも言って頂けましたが、『筋金入りの不器用』が作った不器用ルアーです!

(図画工作で1を取った事があるビルダーさんは他に居ないと思います!)

 

2個目が欲しいという嬉しいお言葉も頂けました!

 

pckr8296さん、釣果報告ありがとうございました!

 

釣果報告お二人目は、、、

 

青森県から、クドーさんです!

 

クドーさんはインスタで釣果報告頂いたり、

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

アライ(@aragonyuki)がシェアした投稿

 

ブログにも書いて下さいました!

 

↓下記をクリックで読めます!

 

クドーさん、釣果報告ありがとうございました!

 

また以前に釣果報告頂けたほうじ茶さんの嬉しいつぶやきを発見したのでご紹介します!!

 

 

 

釣果報告に戻って3人目は、、、

 

熊本県から、五木村非公式さんです!

(インスタのお名前です)

 

五木村非公式さんもインスタでのご紹介です!

 

不器用ルアー的には九州初上陸です!

 

 

五木村非公式さんからは、

 

「飛距離、川の中でのアクション申し分ありませんでした!」

 

と嬉しいお言葉を頂けました!

 

五木村非公式さん、釣果報告ありがとうございました!

 

釣果報告四人目は、、、

 

北海道から、あざらしさんです!

 

あざらしさんは僕のブログのコメント欄でお馴染みだと思います!

 

ちなみにあざらしさんは、

  • 僕がインスタを始めたので、
  • インスタを開始して下さり、

僕一人をフォローして下さっている!

 

恐縮しますが、本当にありがとうございます!

 

あざらしさんもインスタでのご紹介なのだが、釣果写真はありません!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あざらし(@azarashi0178)がシェアした投稿

 

写真を撮れなかったのには理由があるのだ。

 

あざらしさんはこれまで、

 

『釣った渓魚は水中でプライヤーを使って針を外してリリース』

 

という流れだった。

(すごく渓魚に優しいと思う)

 

つまり、

 

『釣った渓魚をランディングネットにキャッチして写真を撮る』

 

という行為をされていなかったのだ。

 

だけど、

 

「釣った渓魚を不器用ルアー縁(えにし)と一緒に撮って僕に報告したい!」

 

という思いで先日ランディングネットを購入されたのだ!

 

しかし実際にやってみると、

  • 渓魚をランディングネットにキャッチして撮るのは、
  • 慣れていないあざらしさんには難しくてもたついてしまった。

もたついている間に渓魚が可哀想になってきたあざらしさんは、写真を撮る前にリリースされたのだ。

 

写真が無い理由に僕は深く頷いた。

 

これはあざらしさんの心の純粋さや綺麗さがわかるエピソードである。

 

このエピソードは心が汚れまくっている僕の胸をついた。

 

いや、胸に刺さった。

 

というのも僕は、

 

『ランディングネットの中に渓魚をキャッチして写真を撮る』

 

その行為に慣れてしまっていて、深く考えていなかったのだ。

 

僕も出来るだけ渓魚に優しくリリースしたいという思いはある。

 

だけどこれまでランディングネットに渓魚を入れた事がない人からしたら、その行為がすでに可哀想と感じるのだ。

 

この視点というか考え方。

 

色んな意味であざらしさんの言葉は僕の胸をついたのだ。

 

極論だと、一番渓魚に優しいのは釣りをしない事だ。。。

 

だけど釣り人の僕は釣りをしているし、やめられない。

 

僕に出来る事は、釣らせてくれた渓魚を出来るだけ優しく扱う。それだけだ。

 

そういう意味でもあざらしさんには襟を正された思いがしました。

 

今の僕に何が出来るかと考えた結果、

  • フライの佐藤成史さんの、
  • 「魚に優しい写真の撮り方」を、
  • ブログの最後に貼ります。

以前もブログでご紹介した事がある動画です。

 

あざらしさんが釣って下さったのは25㎝くらいのニジマスでした!

 

あざらしさん、釣果報告ありがとうございます!

 

釣果報告最後の五人目は、、、

 

兵庫県から、Aさんです!

 

Aさんはホームリバーの本流で縁(えにし)を使ってヤマメとイワナを釣って下さったのだ!

 

頂いたお写真は2枚とも縁(えにし)を綺麗に撮って頂いている!

 

釣って下さったヤマメ!

 

Aさん釣果ヤマメ

 

イワナ!

 

Aさん釣果イワナ

 

Aさんからはこんな嬉しいお言葉を頂けました!

 

「キビキビと良く動いて浮き上がりにくいので、深いところからも魚を引き出す事が出来ました」

 

「実は今までスミスのDシリーズでしか渓魚を釣ったことが無く色んなルアーを使いましたが、釣れた試しがなかったので、縁で釣れた時は本当に嬉しかったですし感動しました。」

 

「きっと今日の事は一生忘れないと思います」

 

僕もAさんから頂いたお言葉は一生忘れないと思います!

 

第一回と第二回目の完売御礼ブログにも書いたが、

 

「一人の釣り人の思い出の中に、少しでも不器用ルアーの居場所があるなら」

 

こんなに嬉しい事はありません。

 

釣果報告、ありがとうございました!

 

それにしてもいつも思う事がある。

 

僕のブログの読者さんは良い人ばかりなのだ!

 

長くブログを書いているが、悪意のある批判などはほぼ受けた事がない。

(気付いていないだけかもしれないが)

 

世の中の良い人比率で考えると異常なくらい良い人ばかりだ。

 

SNSなどでは釣り人が、

  • 釣った外道(フグとか)を地面の上に放置したり、
  • ゴミを捨てたり、割り込みやキャスト被せをしたり。

モラルやマナーに欠けた行動を目にする。

 

だけど親馬鹿ならぬ『ブログ主馬鹿』かもしれないが、

 

僕のブログの読者さんはそんなことはしないと思う!

 

僕がブログやルアー作りを続けられているのは、読者さんが良い人だからというのもすごく大きい。

 

本当に、いつもありがとうございます!

 

ただし不器用ルアーに対する建設的なご意見(ダメ出し)は大歓迎です。

 

もっと良くするためのご意見はむしろ頂きたいと思っています。

 

僕のブログと不器用ルアーを、これからもよろしくお願い致します!

 

最後に前述した「魚に優しい写真の撮り方」を貼ります。

  • ただしヤマメアマゴにはこの扱いが当てはまりますが、
  • イワナは暴れてすぐ脱走するし、
  • ニジマスは力の限りファイトするからか、ネットイン後にすぐ弱るので注意が必要です。

最初から上手には出来なくて、色々と経験して知っていくしかない事もあると思います。

 

なので自分の正義を振りかざして初心者さんを叩いたりするのはもっての他だと思います。

(言い方や伝え方が上手なら良いと思いますが)

 

僕も最初は(今でも?)ひどかったので。

 

いつも通りの長いブログに、お付き合い頂いてありがとうございました!

 

↓「魚に優しい写真の撮り方」

YouTubeで見るのはこちら!

 

「渓魚が好きだから、出来るだけ渓魚に優しい釣り人になりたい!出来れば人にも優しくしたい!」とブログ応援クリックお願いします(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           

コメント

  1. あざらし より:

    釣果写真のない私のことまでブログをみる皆様にご紹介頂きありがとうございますm(__)m私そんなに心の綺麗な人間ではありませんですし、渓魚の写真も釣って普通に撮れるものと思ってましたが自分の未熟さ故に撮れなかっただけなんです(^^;次回の釣行では極力渓魚へのダメージを少なくしつつ縁との2ショットを撮りたいと思います!

    1. しげる より:

      釣果写真はなくても縁(えにし)で釣って下さった事には変わりないですから(^^)

      いえいえ、いつも頂くコメントなどでもお人柄はわかります。

      慣れないランディングネットキャッチと写真撮影にもたついても、渓流魚の命よりも、写真に収めたい欲を優先して撮る人も多くいると思います。
      (これは自分にも言い聞かせています)

      あざらしさんの初めてのランディングネットキャッチの感想をお聞きして、僕ははっと自分を振り返りました。

      今の自分には無い視点で、新鮮で大事な視点だと思いました。

      前提として渓流魚に配慮は必要ですが、ランディングネットキャッチしての写真撮影は渓流釣りの楽しみの一つだと思います。
      (注:あざらしさんがネットイン撮影を否定していない事は理解しているつもりです)

      自分の釣った綺麗な渓流魚を写真に収めた時の充足感、渓流釣りをしていて良かったと思える瞬間です(^^)

      あざらしさんが今後もランディングネットを使うかはまだわかりませんが、次回釣行で釣った渓流魚と縁との2ショット、楽しみにしています(*^_^*)

  2. くんじー より:

    しげるさんお疲れさまです!
    「縁」は北海道から九州までデビューしてもはや「全国区」なルアーになりましたね!
    「縁」と渓魚の写真で釣果報告をもらえるのは、自分の代わりにぬいぐるみを旅行に連れて行ってもらって各地でぬいぐるみの写真を送ってもらうサービス(ぬいぐるみツアー?)のように「縁」くんがしげるさんに代わって全国の渓魚に出会うみたいで楽しいですね(^。^)
    「渓魚が好きだから、出来るだけ渓魚に優しい釣り人になりたい!」
    僕も強くそう思います。
    渓魚が与えてくれる大きな喜びや癒しに心から感謝したいです。
    特に新規開拓で渓魚がいるかも分からない山奥に入って2時間以上釣り上がって諦めかけた頃、初めて釣れた1匹には「出てきてくれてありがとう!」と、できるならお土産でも(ぶどう虫とかミミズとか)持たせて帰ってもらいたいような気持ちになります( ´∀`)
    「魚に優しい写真の撮り方」参考になります!
    ヤマメがまるで催眠術にかかったみたいにおとなしくなるんですねー

    1. しげる より:

      縁(えにし)、「全国区」なんてとんでもないですが、色んな地域で使って頂けてすごく嬉しいです(*^_^*)

      ぬいぐるみサービス!そんなサービスがあるんですね!

      僕の変わりに縁(えにし)が全国の渓魚に出会ってくれるのは、たしかにぬいぐるみサービスに似てますね(^^)
      自分が釣るより嬉しいんです(*^_^*)

      渓魚には感謝したいし、いつまでも命を繋いで欲しいですよね!

      新規開拓で歩き回ってやっと出会えた一匹!わかります!もうサイズとかじゃないんですよね!

      お土産のぶどう虫やミミズ、笑っちゃいました(^o^)
      是非お土産持っての新規開拓をして欲しいです!(^^)!

      そうなんです!「魚に優しい写真の撮り方」、催眠術みたいですよね!
      ただヤマメアマゴには適応されますがイワナには難しいと思います(>_<) イワナ、暴れて写真撮るの難しいしすぐ脱走するんですよね・・・(遠い目)

      1. 右脳派釣師 より:

        ぐんじーさんのお土産話しに涙が出そうです
        ちなみに自分が参考にしてるのは
        https://shibakawa-cr.net/candr.html
        これをマイルールで5秒にしてます。
        魚をネットに入れ移動するときは5秒数えます
        自分が20秒息を止めながら魚の扱いをすれば、魚の気持ちが解ると思います。
        魚の扱いは画像の目を見ればわかりますからね
        丁寧な人は見てて判るし、こちらも良い気分になりますね!

        1. くんじー より:

          右脳派釣師様
          お土産話に共感していただきありがとうございます。
          偽の餌(ルアー)で渓魚をだまして針に掛けたお詫びと出てきてくれたお礼に本物の餌を腹一杯食べさせてあげられたらって思うのです。
          「20秒ルール」実践したいと思います!
          「魚を水から出してる間は自分も息を止める」なるほどです!

コメントを残す