釣り友と、お互い初の渡船で沖磯に!カゴ釣りで青物を狙う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鳥取カゴ釣り

 

少し前の話だが、トラウトが禁漁期を迎えた後の10月8日のことである。

このブログを通じて釣り友になった魚太郎さんと一緒に沖磯デビューをしてきたのだ。

魚太郎さんとは何度か釣行して、その様子をブログに書いたりもした。

今のところブログで知り合って、リアルでお会いした唯一の方なのだ。

 

魚太郎さんは20代後半の細身の男性で、けっこうイケメンさんである。

そして低すぎるくらい腰が低い。

野球で言うと、低い弾道のゴロが飛んできても絶対トンネルしないくらい腰が低い方なのだ。

僕が自分のルアーで渓魚を釣っているところを見て頂いている貴重な生き証人である。

 

ありがたいのは、時折釣行に誘って頂けることだ。

良くないところなのだが、僕は子供の頃からずっと自分から人に近付くのが苦手なのだ。。。

「あ~そ~ぼ!」

と中々言えないところがあるので、誘って頂けるのがありがたいのだ。

 

渓流に行けば接待釣行のように良い場所に最初に投げさせて頂くし、恐縮しきりである。

ルアーマンで、海釣りのレベルも格段に魚太郎さんのほうが上である。

そんな魚太郎さんも沖磯は初めてで、今回は弟さんと一緒に3人とも初めての沖磯デビューである。

 

初めての渡船で沖磯!

 

というのも、事故があったため現在鳥取では沖一文字に渡れない。

僕は1回だけカゴ釣りでヒラマサを釣ったことがあり、その強烈なヒキに痺れていたのだ。

ヒラマサを釣りに鳥取網代一文字に行ったのだ! その1

 

なので僕は青物狙いのカゴ釣りである。

念のためルアーロッドも持って行った。

 

鳥取の網代渡船さんで渡船した。

 

鳥取カゴ釣り

 

晴天のべた凪かと思っていたが、沖に出る途中は船がすごく揺れた。

船に弱いらしい魚太郎さんはすでにグロッキー気味だった。

 

渡った島は、黒島だったと思う。

遠目に見るとこんな感じだ。

沖磯初心者なので、マジでここで釣るのか?と一瞬怖く思った。

 

鳥取カゴ釣り

 

そして釣り座に付く。

 

鳥取カゴ釣り

 

 

ちなみに到着後、魚太郎さんと弟さんは潮がどうだとか言う話をされていた。

僕にもその話が振られたが、

「すみません。海の潮とか全然分かりません。。。」

と正直に返答したのである。

 

そして今回も魚太郎さんは1番良さそうな釣り場を僕に譲って頂いた。

いつもすみません。

ありがとうございます。

 

肝心のカゴ釣りだが、開始から1時間半くらいで釣れたのは小さなカサゴ1匹だった。

魚太郎さんは青物狙いが厳しいとみるや根魚狙いに切り替えて35㎝はありそうなアコウを釣っていた。

 

そして2時間ほど経って、初めてウキがスコンと沈んだのだ!

この瞬間が見たいのと手応えを感じたいから沖磯まで来ているのである。

僕は鬼アワセをして、やり取りを楽しんだ。

磯の3号なのでけっこう曲がる。

 

曲がりっぷりをみて魚太郎さんは大物かと思われていたが、僕には分かっていた。

大物ではない。

1回釣ったことがあるヒラマサはこんなものではなかった。

 

ただ、小気味良い手応えはある。

魚影が見えて気付いた。

真鯛だ!

 

足元近くになってずりあげと言うかひっこ抜きをした。

おまけして約40センチの真鯛だ。

海上釣り堀以外でこのサイズの鯛は初めてだ。

写真は持ち帰り後である。

 

 

鳥取カゴ釣り

 

 

その後、全然反応がなくなったオキアミボイルに見切りをつけて、その辺にいたカニを捕まえて餌に試してみたりした。(反応無し)

 

フジツボを割って、中の貝の実のようなものを針に付けて投げると反応が良かった。

わりと大きなカワハギが2匹釣れた。

 

鳥取カゴ釣り

 

あとはアコウ。

鳥取カゴ釣り

 

しかしこのアコウや根魚はリリースのサイズがあり、それが25㎝以下とか30㎝以下らしい。

すみません。知りませんでした。。。

もうしません。。。

 

 

釣り談義など

 

僕は釣りに集中している時はあまり話をしないのだが、時折魚太郎さんと会話をした。

いくつか抜粋すると、

さっきの真鯛に比べてなぜトラウトはあんなにバレるのか考えたり、来年こそはニジマスを釣りましょうとか、僕が渓流最終釣行で釣っていたのはどのあたりですか?とか言う話である。

こういうたわいない釣り談義が楽しいのである。

 

ちなみに時系列でいうと、

  • 10月5日夕方 魚太郎さんと10月8日に釣りに行くことが決定。
  • 10月5日夜  丹沢大反省会にルアー出品を申し出る。慌ててルアーを作り始める。
  • 10月8日   1日魚太郎さんと弟さんと沖磯

というタイムリーさだったのだ。

なので魚太郎さんは、

「ルアー作らなくていいんですか?」

「間に合いますか?」

とかなり心配をされていたし、ルアー出品を楽しみにもしてくれていた。

ブログ書くのが遅れてすみません。。。

 

さらに魚太郎さんは、僕の足のヒビの全快祝いまで用意して頂いていた。

僕はめちゃめちゃ驚いた。またしても恐縮しきりである。

写真はまだ少し残っていますが、美味しく飲み干しました。

 

鳥取カゴ釣り

 

そして今回の沖磯には、誕生日に嫁に買って貰ったニューシューズで来ていた。

それは、ダイワのハイパーVソールシューズである。

 

鳥取カゴ釣り

 

非常に滑りにくという噂の靴だ。

 

鳥取カゴ釣り

 

この靴に関してはしばらく使ったら書こうと思います。

確かに滑りにくく、安心感が違う。

渓流でも使えないかな。。。

 

とにかく、魚太郎さんありがとうございました。

ハンドメイドルアー、本腰入れられるみたいですね。

完成したら見せて頂きたいです。

 

来年はニジマス釣りましょうね!

僕はまだ、管理釣り場以外でニジマス釣ったことないので。。。

 

【お知らせ】

時折リンクさせて頂いているブログ、

渓流トラウトルアー ~男は黙って獣道~ に掲示板が出来ました。

【雑談】2chを超えろ!釣り人のための巨大掲示板爆誕

ご参考下さい。

 

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. まさのり より:

    こんにちは!
    良いですね磯釣り。
    釣りよかでしょうとか見ていると行ってみたくなるんですよね。
    やっぱり海の魚のほうが美味いしね~。

    1. しげる しげる より:

      磯も楽しいです!
      釣りよかでしょうちょっとだけ見たことあります。
      海の魚のほうが美味しいし、青物釣れて刺身とビールなんて最高です(^^)

  2. 魚太郎 より:

    こちらこそ
    急な誘いを受けて下さり
    お忙しい中
    ありがとう
    ございました(^ ^)

    まず、一つだけ
    言わさせて頂きます…
    自分はイケメンでは
    ありません笑

    楽しかったですね!
    肝心の青物は
    出ませんでしたが…
    自分はあの雰囲気の中
    釣りが出来た事が
    大きな収穫でした(^ ^)
    釣り話も楽しかった
    ですし
    カゴ釣りを見たのが
    初めてだったので
    勉強になりました(^ ^)

    次、もし磯第2弾が
    あるなら
    もう少し海が穏やかな
    日に当たるといいです…
    船の揺れが…笑

    疎かになっていた
    ルアーづくり
    このオフの間
    頑張りたいと思います!
    次の渓流の機会には
    見せ合いこしましょ(^ ^)笑

    本当に
    ありがとう
    ございました(^ ^)

    1. しげる しげる より:

      魚太郎さん
      いえいえ、しゅっとされた感じで羨ましく思います(^^)
      初渡船なので、雰囲気掴めただけでも良かったです。
      カゴ釣り、最初に見たら複雑そうに見えますよね。
      でも、やってみるとそんなに複雑ではないですよ(^^)
      たしかに船の揺れはけっこうなものがありましたね。
      ルアーを見せて頂けるの楽しみにしております。
      お互いに見せ合いましょう(^^)
      来年、ニジマス釣りましょうね!(しつこい)
      こちらこそありがとうございました。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください