自作ジョイントミノー、不器用ルアー縁(えにし)の試作7回目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自作ジョイントミノー

 

2021年の渓流シーズンが終了して約3週間が経った。

 

禁漁期間なので渓流釣りは出来ない。

 

だけどルアー作りや道具のメンテなど、やるべきことは色々とあるのだ!

 

と言いつつも週末の渓流釣りがないとかなり時間の余裕が出来る。

 

同じように時間に余裕が出来た渓流釣り師さんも居らっしゃると思う。

 

そんな方に向けて僕が最近(ここ1年くらい?)で読んだ面白い漫画のタイトルを幾つかご紹介します。

 

↓全て漫画のタイトル。

  • ガンニバル、葬送のフリーレン
  • 夏目アラタの結婚、血の轍
  • ここは今から倫理です。
  • 魔法使いの嫁、空挺ドラゴンズ
  • ブルーピリオド、1122(いいふうふ)
  • ミステリと言う勿れ
  • シガレット&チェリー

他にも読んでいるので書き漏れがあるかもしれません。

 

「秋の夜長に漫画でも!」という方の参考になれば幸いです。

 

それでは本編(ブログ)スタートなのだ!

 

縁(えにし)の試作品!

 

2021年の渓流はずっと自作ジョイントミノー、不器用ルアー 縁(えにし)を使っていた。

 

縁(えにし)は試作6回目まで製作した。

 

自作ジョイントミノー

 

試作6回目の縁(えにし)には紅ほっぺと目力が復活した。

 

自作ジョイントミノー

 

その縁(えにし)は9月にデビューして1ヶ月の間に、35㎝尺ヤマメ32㎝婚姻色尺ヤマメを釣ってくれた。

 

自作ジョイントミノー

 

「試作6回目の縁(えにし)で良い渓魚も釣れたし、試作完了でも良いかな?」

 

そうも思った。

 

だけどまだ試してみたい事がある。

 

なので試作7回目の製作を進めていたのだ!

 

縁(えにし)、試作7回目!

 

試したい事は下記だ。

  1. 試作6回目と同じ形で少し細くしてみる。
  2. 体高を低くして少し細めにする。

それらを意識して試作7回目の製作を進めた。

 

アルミ貼り、下手です。。。

 

自作ジョイントミノー

 

そして塗装に入った。

 

↓この猫の手と土台、便利です。

自作ジョイントミノー

↓ネコの手

created by Rinker
ハイキューパーツ(HiQparts)
¥1,518 (2021/12/06 15:27:53時点 Amazon調べ-詳細)

↓土台

created by Rinker
ハイキューパーツ(HiQparts)
¥1,755 (2021/12/06 15:27:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

今回もドブ漬けをしたらなぜかルアーに気泡が付いてしまったりしながら紅ほっぺまで塗装!

 

自作ジョイントミノー

 

目を付けて、

 

自作ジョイントミノー

 

目力を付けてドブ漬けして塗装完了!

 

自作ジョイントミノー

 

リップを付けた。

(試作なので仮付け)

 

自作ジョイントミノー

 

と、ここで問題が!

 

完成したルアーたちは僕の想定より細くなかったのだ。

 

バルサの段階では前回より1㎜ほど細くした。

 

だけど完成したら0.4㎜~0.5㎜前後しか細くなってなかったのだ。。。

 

自作ジョイントミノー

 

原因はドブ漬けだ。

 

ドブ漬け回数が1~2回増えてしまったのとドブ漬けのやり方だな。

 

ドブ漬け、何年経っても難しいなぁ。。。

 

少しヘコみながらお風呂スイムテストへ!

 

試作6回目と動きを見比べる。

 

↓1番上は試作6回目。

自作ジョイントミノー

 

お風呂スイムテストの結果は良い感じに思えた。

(ちょっと動きすぎの感もある)

 

なので家の前の川でスイムテスト!

 

自作ジョイントミノー

 

スイムテストの結果、

  • 体高が高いのは問題なし。
  • 試作6回目に近い動き。
  • 体高が低い方は、
  • 動き過ぎる。

という結果だった。

 

お風呂スイムテストですごく動くルアーは川でテストすると動き過ぎという事がある。

 

川の流れがあるとなしではルアーの動きは変わるのだ。

 

動き過ぎのルアーはリップをずらして調整した。

 

ついでに動き過ぎとまではいかなかった体高が高い方もリップをずらして泳ぎの違いを見ることにした。

 

↓瞬間接着材を少しつけて仮付け

自作ジョイントミノー

 

リップを調整したルアーたちでお風呂スイムテスト後に川でのスイムテスト!

 

自作ジョイントミノー

 

リップずらした結果、、、

 

良い感じになったのだ!

 

しかしここでまたしても問題が。。。

 

試作6回目と同じく体高を高く作ったルアーと、体高を低くして作ったルアー。

 

どちらも良い感じに見えた。

(注:僕は自作のルアーに親馬鹿です)

 

縁(えにし)として完成させるためにはどちらかに絞る必要がある。

 

どうしようかな。。。

 

悩んだ結果、ある方法を思い付いた。

 

管理釣り場で使って決めよう!

 

お風呂スイムテストと川での泳ぎは変わるように、

  • 家の前の川で使うのと、
  • 渓流的な場所でも変わる。

なのでより渓流的なところで試してみよう!

(渓流釣りもしたいし)

 

渓流を泳がせてみて、どちらが良いのか見てみよう!

(すごく渓流釣りもしたいし)

 

渓魚の反応と渓流での使いやすさで決めるのだ!

(とにかく渓流釣りがしたいし)

 

という事で、

  • 釣りに行きたい欲と、
  • 試作を実戦でテストするため、

管理釣り場に行こうと思った。

 

管理釣り場で試してはみたいが、

  • 今の所は今シーズン使っていた、
  • 体高が高い扁平(へんぺい)。

そちらを採用したいと思っている。

 

管理釣り場で1回使っただけでは大きな違いはないかもしれない。

 

それに僕が実際に使って釣っていたルアーこそが『不器用ルアー』だからだ。

 

今回のブログはダイジェストで書いているが、

  • 僕はルアーの完成までに、
  • 約1ヶ月半くらいかかる。

急ぎ足で作った今回の試作でも1ヶ月ちょいかかった。

 

ルアー製作という面から考えると、

 

渓流のオフシーズン(約5ヶ月)は、長くはないのだ!

 

製作する形や重さを決定して、集中して作る。

 

不器用な僕は集中して作っても失敗という落とし穴にハマる確率は高い。

 

来シーズンを迎えるまでに、納得出来る不器用ルアー 縁(えにし)が出来るのか。

 

大きな不安と少しの期待。

 

それらを胸に抱えてドキドキワクワクしている僕なのであった。

 

「ルアー作ったら渓魚の反応見たくなるよね!」とブログ応援クリックお願いします!(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

           

コメント

  1. あざらし より:

    縁が完成に向けて着々と制作が進んでますね!試作品一覧をみると全部釣れそうなオーラが滲み出てますよ(^-^)最後2つで迷ってましたがどちらかに絞るのが難しいのであれば2つとも縁としてしまうのも良いんじゃないですかね?縁タイプA、タイプBみたいな感じで分けるのも1つの手だと思いますよ!せっかく作ったルアーがお蔵入りはファンとしては悲しいです(>_<)しげるさんのことだから価格設定はかなり遠慮しそうな感じするので他のハンドメイドルアーと同等の価格にしてくださいね!しげるさんの情熱と技術と時間を注いだルアーなんで自信持って販売してほしいです!

    1. しげる より:

      完成に向けてあと一踏ん張りです(^^)
      試作品一覧、ありがとうございます(*^_^*)

      縁タイプA、タイプBですか(^^)
      そういう考え方もありですね!(^o^)!

      管理釣り場で試してみて考えます(^^)

      価格設定についても嬉しいお言葉ありがとうございます(*^_^*)
      考えておきますね(^_^)v

  2. きんくま より:

    縁の開発歴史が分かるような写真、スタートから新作まで全く違うミノーに見えて面白いです。 近作の紅ほっぺバージョンは、カッターマットの位置意図的になのかは分かりませんがピカーンと光を発してます♪
     新作はシルエットがシャープ(より流線型)になっているので水の抵抗が少なそうでキビキビ動くのかもしれませんね。試作6回目のファット気味の方が水押しは強いかも(想像)
     管釣りのテスト結果楽しみです。

    1. しげる より:

      縁(えにし)、最初は丸い太めのシルエットだったのが段々細く平たくなりました(^^)

      写真下手なのでカッターマットの位置などはたまたまなのですがピカーンと見えたのは嬉しいです(*^_^*)

      新作を細くしたかったのは書かれている効果も狙っていました(^^)
      しかし思ったより細くならず。。。

      管釣りの日程を嫁と交渉します(^_^)v

  3. くんじー より:

    しげるさんお疲れさまです!
    試行錯誤しながらの試作作りも楽しそうですね(^^)
    「縁」はこれまでの試作品でも実績があってすごいなー!って思うけど、しげるさんが納得される完成形がどんなのか楽しみにしてます。
    気が早いけど来年もし縁を手にする事ができたなら最初に行きたい川もあれこれ想像してます(ロストの恐れが少ない小渓流でイワナのいる川がいいなー(*^^*)

    1. しげる より:

      試作作りも悩みつつも楽しかったりです(^^)

      僕が使ってきたルアーが不器用ルアーなので、ほぼ完成形に近付いてはいるのですがもっとこうしたらどうなるんだろう?とついつい試してみたくなります(^^;)

      本当の完成は死ぬまでないと思いますが、人に使って貰うためには一つの型として一端の区切りを付ける必要があるので今回のロットを試して決めようと思います(^o^)

      嬉しい想像して頂いてありがとうございます(^^)

      ハンドメイドミノーはロスト怖いですよね(^^;)

      作った人間からすると先日書いた通りロストを恐れず使って頂けた方が嬉しいです(^^)

      ですが自分が購入したルアーはロストしたくないという相反する感情があったりもします。。。(^^;)

      立場が違えば考え方も変わりますね(^^)

  4. 花屋のいちろー より:

    あはよぉございます。
    ブランクスを細く作ったのにコーティングで厚みが増し太くなるってのめっちゃわかります!!(笑汗)。丁度よい塩梅を掴むまで難しいですよねぇ(^^;。
    ルアー作りのシーズンになりましたねぇ。確かにルアー作りの観点から見ると禁漁期間も長い様で短いですねぇ。僕なんかは一回に作る数もしげるさんより少ないのでいくらも作れないしなぁ(^^;。そぅだ、前に教えてもらったリップの位置での動きの変化、試して理想の動きに近付きました!?。ありがとぉございました(^^)d
    お互い禁漁期間中、ルアー作り楽しんでいきましょぉー。管釣りテストはどぅだったのかなぁ?。楽しみにしてますね(*’-^)ノ

    1. しげる より:

      コーティングで厚みが増して太くなるの、わかって頂けましたか(^^)

      ドブ漬け、難しいですよね(>_<) ルアーが完成するまでに1ヶ月半かかるとすると、禁漁期間(5ヶ月)って短く感じます! 釣りが出来ない期間と考えると長いんですが(^^;) リップの位置での動きの変化、お役に立てて嬉しいです(*^_^*) はい!お互いに楽しみましょう(^_^)v 管釣りテストが終わったらまた書きますね(^o^)

  5. しげ より:

    しげるさんー超超ーご無沙汰ですー!笑 ブログ一気読みしましたー! シーズンあっという間でしたねー! 塗装も進化してスゴいと思いましたけど、カルコン復活は感心しました!ボクはシーズン秩父に入り浸りでしたけど竿納は丹沢でしたー!オフシーズンも来期の準備で楽しみましょうーー!

    1. しげる より:

      しげさん!マジでご無沙汰です(^o^)
      お元気そうで良かったです(^^)

      ブログ一気読みありがとうございます!

      竿納の丹沢、聞きましたよ(^^)
      というかジムニーにバイクに驚きました!(^^)!

      オフシーズンはルアー製作や釣り道具のメンテナンス頑張ります(^o^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください