ハンドメイドミノーの鮎カラー塗装完成!本流ルアー用!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハンドメイドミノー塗装

 

少し前のブログで新しい形のルアー作りと親馬鹿について書いていた。

そのルアーたちの塗装が完成したのだ!

 

ハンドメイドミノーの塗装

 

前回ご紹介したが、

  • 約43㎜、
  • 約50㎜、
  • 約65㎜改め70㎜

の3種類のシンキングミノーだ。

(65㎜じゃなくて70㎜の間違いでした。。。)

 

どうみても70㎜ほどある。

ハンドメイドミノー塗装

 

少し前のブログでは下記のアルミ貼りまでを書いていた。

 

本流用は鮎カラーにチャレンジ!

ハンドメイドミノー塗装

 

今回は、

  • いつもの塗装と、
  • 鮎カラー塗装を、
  • 分けてご紹介するのだ。

 

ルアー製作は約2ヶ月振りだからか、

  • 実は塗装の最初で、
  • 盛大に色流れしたが、
  • 何とか完成した。

約2ヶ月振りのセルロースが濃くなっていて色流れした可能性もある。

 

まあ今回は全て初めて作るプロトタイプなので、

  • ちゃんと動くかもわからない。
  • なので塗装せずに早く作ろうかと思ったがそれは味気ないし、
  • 不器用(僕)がしばらく塗装してないと、元々無い腕がさらに落ちる。
  • なので塗装の練習もしないと。

と言う事で塗ったのだ。

 

自分用なので色流れした心のダメージも少ないのは少なかった。

 

だけどやはりショックはあったのか、塗装の最初の方の写真を撮るのを忘れてしまっていたのだ。

 

背中やパーマーク塗装終わりから撮った。

ハンドメイドミノー塗装

 

塗ったのは不器用ルアーの定番色だ。

  • ルアーの背中に、
  • 蛍光黄色、
  • 蛍光ピンク、
  • 蛍光オレンジ。

を塗っている。

 

これ以上視認性の良い色は知らない。

視認性最強の3色なのだ。

 

前述した通り最初に色流れをして焦ったのだけど、不器用(僕)的にはわりと上手に塗れた!

 

まずは約43㎜ミノー!

パーマークを薄く塗るのを意識したら薄くし過ぎたかもしれない。。。

 

ハンドメイドミノー塗装

 

そして約50㎜ミノー!

 

ハンドメイドミノー塗装

 

約70㎜ミノーも!

 

ハンドメイドミノー塗装

 

リップ付け前のこの段階で一旦のお披露目をしたかった理由がある。

  • 塗装完成が嬉しいのもあるが、
  • プロトなのでちゃんと泳ぐかわからないし、
  • リップ位置などを色々と探って付け替えるので、
  • ルアーの口元が綺麗じゃなくなる。

それが分かっているのでリップ付け前にお披露目なのだ。

 

そして久しぶりに塗った鮎カラー塗装のお披露目なのだ!

 

鮎カラー塗装!

 

僕は視認性が良い色が好みなので、鮎カラーは過去に4回しか塗った事がない。

 

簡単に歴史を振り返ると、

初代から四代目までは下記の写真なのだ。

 

四代目はリップ付け前。

ハンドメイドミノー塗装

 

四代目は恐れ多くも出品させて頂いた。

チャリティイベントだとしても、買って下さってありがとうございました。

 

そして今回の70㎜ミノーは本流用なので「マッチザベイト」ではないが、久し振りに鮎カラーを塗ってみたのだ。

 

僕が塗った鮎カラーは、

  • 「マッチザベイト」
  • と言うより、
  • 「まっちざべいと」

という感じになると予想される。

(この語感の違い、わかっていただけますか?)

 

とにかく五代目鮎カラーを塗ってみたのだ!

 

最初は細かく写真を撮るのを忘れたので途中から写真をご紹介する。

 

本当は最初の方のお腹にホワイトを吹く時点で、

  • ベリーにホワイト吹くの、
  • 超難しい。。。

と心が折れそうになっていた。

 

写真では誤魔化せているかもしれないが、相変わらず不器用で下手な塗装なのだ。

 

アルミホイル貼りも皺があったりする。。。

 

塗装の途中段階!

ハンドメイドミノー塗装

 

目玉辺りを黒塗りしてから鮎の追星(おいぼし)を塗った!

 

ハンドメイドミノー塗装

 

ここから悩んだのは、

  • 鮎って金色ベース?
  • いやホワイトやシルバーベース?

という事だ。

 

結論が出なかったので金色ベースを1個と、もう1個はエラ付近だけ金色にしてみた。

 

ハンドメイドミノー塗装

 

久しぶりの鮎カラー用に目玉(アイ)も幾つか作った。

 

ハンドメイドミノー塗装

 

目玉の色や位置を変えて、

  • ホログラム、シルバー、ゴールドを、それぞれ中心と寄り目で、
  • 計6種類を作ったのだ。

 

ハンドメイドミノー塗装

 

どんな目玉が合うかわからないので色々と作った結果、

 

余計にどれにするか悩む事になったのだ!

 

悩んだ結果、全部写真を撮った。

 

まずはホログラム目玉で中心。

 

ハンドメイドミノー塗装

 

そしてホログラム寄り目。

 

ハンドメイドミノー塗装

 

シルバー(銀色)目玉で中心。

 

ハンドメイドミノー塗装

 

シルバー(銀色)で寄り目。

 

ハンドメイドミノー塗装

 

金色目玉で中心。

 

ハンドメイドミノー塗装

 

最後に金色で寄り目!

 

ハンドメイドミノー塗装

 

6種類の目玉を全て取り付けて試したが、まだどれにするか悩んでいた。

 

悩んだので自分以外の意見も聞きたくなった。

 

なので撮った写真を嫁に見せて意見を聞いたのだ。

 

僕:「鮎カラーの目玉を6種類作ったんだけどどれが良いかな?」

(スマホで写真を見せた)

 

嫁:「う~ん。私は金色の寄り目が好きかな」

 

僕:「金色寄り目が良いの?でもこの目玉も良くない?」

 

嫁:「ちょっと待った!」

 

嫁:「あなたはいつも私にルアーの塗装とかどれが良い?って聞くけど、結局自分の好きなのに決めるよね?」

 

僕:「うん。僕の不器用ルアーだから僕が好きなのに決めている」

 

嫁:「結局あなたが好きなのに決めるなら、私に聞く必要はないでしょ?」

 

僕:「でも参考に他の人がどんな好みかは聞きたいんだよ」

 

嫁は椅子に座りなおして姿勢を正してから大きく息を吸い込んだ。

 

そして吸い込んだ息と語りたい言葉を一気に吐き出した。

 

嫁:「例えば彼氏とデート中の彼女を想像してね。服屋さんで服を2着持ってきてどっちが似合う?とか聞いてきたとする」

 

嫁:「でも彼女が好きな本命の服は最初から決まっていて、彼氏はその服の方を正確に選んで褒めてあげないといけないならどう思う?」

 

僕:「それは面倒な話で面倒な彼女だね」

 

嫁:「その彼女、今のあなただから!」

 

嫁:「ルアーもいつも結局、自分の好きな塗装や目にするんでしょ?面倒な彼女と一緒じゃないの!」

 

僕は嫁に対して何の言い訳も出来なかった。

 

どうやらハンドメイドルアー作りというのは、いいおっさんをデート中の乙女のようにしてしまうほどの魔力があるらしい。

 

そうやって嫁に詰められながらも、僕は結局自分の好みで目玉を選んだのだ。

(嫁は「もう私に聞かないで!」と怒っていた)

 

僕の好みで決めたのは、

銀色ベースには銀色目玉で中心!

 

ハンドメイドミノー塗装

 

金色ベースには、

金色目玉で中心にしたのだ!

 

ハンドメイドミノー塗装

 

五代目鮎カラーの集合写真!

 

ハンドメイドミノー塗装

 

不器用(僕)の塗った五代目鮎カラー、

 

「どうですか?

お客さん(読者さん)!」

 

そして今回作っている不器用ルアーの集合写真!

 

全てウエイト量や位置が違うのでお腹には型番手書きしています。

ハンドメイドミノー塗装

 

これで塗装は何とか完成した。

だけど実際的な問題はここからだ。

 

今回は全て初めて作るタイプで、特に70㎜ミノーなんてあんまり経験がない。

 

実際にちゃんと泳ぐルアーかどうか?

それは塗装の仕上がりとは何の関係もないのだ。

 

だけどそれでも、

あくまで自分的に上手に出来たというだけだけど、

 

それでもやっぱり、ルアーの塗装が上手に出来ると嬉しい僕なのであった。

 

「鮎カラーに見えるという人も見えないぞという人も!」ブログ応援クリックお願いします(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           
   

コメント

  1. アバター かわし より:

    いやー、奥様の意見は素晴らしいですね!
    作りたいものと、購入者の欲しいものは違いますよね!
    最近、私のホットトピックだったので、考えさせられました。

    でも、製作者のエゴも大事だと思いますよ!

    1. しげる しげる より:

      かわしさん
      うちの嫁、普段は何も考えてないような、買い物行こうとして財布を忘れるようなサザエさんなんですが、たまに核心を突くんです(^^;)

      かわしさんのホットトピックだったんですね!
      少しでも参考になったなら嬉しいです(^^)

      僕が作っている僕の不器用なので、僕の意見も大事ですよね(*^_^*)
      ありがとうございます!

  2. アバター ねこ爺 より:

    お久しぶりです!
    自分なりの経験からですが、ルアーの大きさが大きくなればなるほど、ウェイト位置が多少ズレていても泳ぐ気がしますね。
    ウェイト中心に前後の長さが長い方がおそらくバランスが取れ易いのではないかと。
    逆に小さくなると、ちょっとウェイト位置がズレただけで回転したりする気がします。
    35mm使った時はまともに動くの無かったですわwww

    1. しげる しげる より:

      ねこ爺さん
      お久しぶりです(^o^)

      ルアーが大きくなれば多少の誤差は許容してくれるんですね!

      今回の70㎜はあんまり作った事ないのでドキドキしていますが、少し安心しました(^^)

      不器用な僕が設定したそもそものウエイト位置が全然ダメという可能性もあるので、やっぱりちゃんと泳ぐかは緊張しています(^^;)

      小さいルアーはセッティングがシビアなの、すごくわかります!
      35㎜は小さいですね(>_<) 35㎜は作った事ないのですが、40㎜ワンフックはブログに書けてないですが最新のも失敗しています。。。 ベリーがないと余計にバランスとりにくいのもあるのかもしれませんが。。。 参考になりました! コメントありがとうございました(^o^)

  3. アバター きんくま より:

    きんくまです、こんにちは。
    久しぶりにルアー作り見たような気がしますが、仕上がりのクオリティが凄いですね!
     不器用なんて名乗る必要のないレベルですよ。
     奥さまとの会話は思わず電車の中で笑ってしまいました! 中々鋭いツッコミをなされます、本質をグサリです。
     しげるさんに影響されて最近買ったミノーは全て視認性高い蛍光色です。ナチュラルカラーもそそりますが、蛍光色はモチベーション上がります‼️

    1. しげる しげる より:

      きんくまさん

      ご指摘の通り、ルアー作りは2~3ヶ月振りなんです(^^;)
      毎年の事なんですが、年に1度の出品用を作り終えると燃え尽きたようにしばらく作らなくなります(>_<) いえいえまだまだ不器用ルアーです。またお見せするかもしれませんが、鮎カラーの片面はベリーのホワイト塗装失敗してツートンカラーみたいになっています(^^;) でもお褒め頂けて嬉しいです(*^_^*) 僕のブログは笑って頂けるのが1番嬉しいので、嫁との会話で笑って下さってありがとうございます(^o^) 嫁は普段、浮き世離れした感じなのですが、たまに核心を突いてきます(^^;) 僕の好きな視認性が高い蛍光色!嬉しいです(*^_^*) ナチュラルカラーも素敵ですが、視認性の高いルアーは(僕的に)実用性が高いです(^^) きんくまさんに不器用ルアーを手にして頂いた時に「実際見るとほんとに不器用だな」となるレベルが少しでも抑えられるようにルアー作りも頑張ります(^_^)v

  4. アバター あざらし より:

    鮎カラーの進化が素晴らしいですね(^-^)視認性の良いカラーの方が見やすくて扱いやすいですけど、ナチュラルカラーも使えないと日中の釣りは厳しいので練習中です(^^;奥さまの例え面白すぎました(笑)例えが面倒な彼女ってセンスの塊ですね(笑)それにしても作成中のルアーは今までのルアーと比べると形が大きく異なるのでどのような動きになるのか気になります(^-^)スイムテスト上手くいくといいですね!

    1. しげる しげる より:

      あざらしさん
      鮎カラーお褒め頂きありがとうございます(*^_^*)
      上手く塗装出来てない部分もあるのですが、少しは鮎っぽくなったかなと(^^)

      ナチュラルカラーはあまり使った事がないのですが、ナチュラルが効くタイミングもやはりあるんですね(^o^)

      嫁はたまに核心を突いてくるんですよ。。。僕は何も言い返せませんでした(^^;)

      僕も新しいルアーの動き気になっています!
      鬼が出るか蛇が出るか、良い感じの動きのルアーが出て欲しいです(^_^)v

  5. アバター 3110tkj より:

    私はですね〜、個人的に色に関してはつい最近まで懐疑的でした…
    魚は色盲なんて言われもあるし、雑誌なんかでエリアやらエギングなどでよく言われるカラーローテーションなど、釣具メーカーの胡散臭い策略だと思って、自分視点のカラーを無理矢理使い通しておりました。

     ところが自分でルアー作って豊富にカラー持てるようになると、色による違いってあるのかも…と感じるようになりました。
     果たしてそれが、彩度なのか明暗なのかはお魚さんにしかわかりませんが、色変える事で自身の気持ちがリセットされたり、所有欲みたいなものは間違いなくありますね。

    あとこっちの川、ルアータックルによる鮎の友釣りが、一部区間で一昨年から認められ、今季試してみましたが、当然ながら鮎カラーじゃないとまずかからないってところから、カラーは大事なんですね。

    1. しげる しげる より:

      3110tkjさん
      カラーローテーションに疑いの眼差しを向けられていたんですね!
      「本当かな?」と思うのって大事だと思います。

      ちなみに僕はいまだに疑いの眼差しを向けています(^^)
      視認性の良い同じカラーばかり使っているので、色の違いによる釣果や反応の差に気付けてないだけかもしれませんが(^^;)

      ルアーでの鮎の友釣り!
      実はちょっと興味あります!

      鮎カラーじゃないとまずかからないと言う事は、カラーって大事ですね。。。
      ちょっと見直す必要があるかもしれません(>_<)

  6. アバター 花屋のいちろー より:

    新たなモデルがどんなアクションになるか楽しみですねぇ(*>∀<*)ノ。
    僕ごときが言うのもなんなんですが、しげるさんの成長率には驚かされるばかりです!。視認性の良いカラーもですが、鮎カラーのリアルさが(^^)d
    僕的感想としてはシルバー系は若鮎。ゴールド系は成魚の鮎たなぁっと感じました!!

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      ありがとうございます。!
      新しいモデル、僕も楽しみにしてます(*^_^*)

      新しいモデルなので、全然ちゃんと泳がなかったらそこはご愛敬(ごあいきょう)と言う事で(^^;)

      お褒め頂き嬉しいです(*^_^*)
      まだまだ不器用が出ているのですが、少しずつ自分が納得いくように作れればと思います。

      若鮎に成魚の鮎!
      嬉しいです(^o^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください