大アマゴのリベンジはならずだが美しいアマゴに盛り上がる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美しいアマゴ

 

先日のブログで大アマゴ(35㎝~40㎝近い?)を、ネットイン寸前でバラした事を書いた。

 

そしてその後に釣れた尺アマゴに慰められた事も。

 

そのブログの中で、

「バラしたアマゴは恐らく移動中のアマゴだから、もう一度釣行しても会えないと思う」

と書いていた。

 

一方で、

「釣れる釣れないじゃ無くて、釣り人としてバラした場所に行ってもう一度ルアーを投げないと気が済まない」

という事も書いていた。

 

そう。

とにかくもう一度行かないと気がすまない。

 

という事でリベンジ釣行に行ってきたのだ!

 

しかも二回も!

(しつこい性格なんです)

 

リベンジ一回目!

 

リベンジ一回目。

朝から少し小雨が降っていた。

 

これが恵みの雨になるのか涙雨になるのか?

などと考えながら車を走らせた。

 

午前5時前に到着。

少し明るくなりかけている。

 

だけどまだ朝マズメの魔法が効いている時間帯だ。

 

朝マズメの魔法は有名なシンデレラの魔法に似ていると思う。

 

シンデレラの魔法は、

  • 本当はボロボロの服を、
  • 24時まではドレスにして美しくしてもらって、
  • 魔法が効いている短時間で、
  • 王子(超大物渓魚)を釣り上げた。

 

釣りの朝マズメの魔法は、

  • 下手な僕の、
  • ボロボロな釣りの腕で、
  • 操っているルアーでも、
  • 大物渓魚を釣りやすくなる魔法だ。

 

そんなシンデレラタイムを逃さないように急いで準備した。

 

入渓して、釣り下がる。

 

ルアーを投げる。

 

投げる。

 

投げる。

 

投げる。

 

朝マズメなのに、

まるで反応がない!

 

いや、正直言うと一度だけ小さいサイズがかかったがバレた。

 

予想はしていたのだが、

  • あの時のあの場所は、
  • 年に何回かしかない、
  • とても活性が高い日だったのだ。

そしてさらに移動中のアマゴにぶつかったと思われる。

 

普段でも決して釣れない場所ではなくて、20㎝後半とかは普通に釣れる場所だ。

尺アマゴの実績もある。

 

だけど同じ川でも、釣行のタイミングによってこうも違う顔を見せるのかと思った。

今回はまるで違う川の反応だ。

 

釣れる場所や良い場所と言われる場所でも、渓魚や川の状況の活性やタイミングが合わないと釣れない。

 

それにこの場所の美味しい時期(釣れる時期)はやはり多くの釣り人が知っているのか、足跡もいくつか見つけた。

 

渓魚や川の状況も大事だが、他の釣り人が直近で入っていないというタイミングも大切なのだ。

 

渓魚や川の状況、また他の釣り人が入るかどうか。

それらのタイミングの見極めが出来るかどうか、それが釣果を大きく左右すると思う。

 

重要なのはその見極めが狙って出来るかなのだ。

(他の釣り人が釣り場に入るタイミングを見極めるのは難しいとは思うが)

 

僕だと釣行のタイミングなどを何となくは考えているレベルで、まだ見極めは出来ない。

 

だから運にも頼っているし、数多く釣行しているうちに当たるだろうというバット大振りの考え方もある。

 

磨り減らした靴の数で勝負すると言えば聞こえは良いかもしれない。

 

だけどその磨り減らす靴を出来るだけ減らして多くの良い日に出会えるようにしたいのが本音なのだ。

 

良いタイミングを狙って釣りに行ける知識や目を養いたいと思った。

(狙った日に釣りに行けるか行けないかという問題もある)

 

あっ、はい。

この日がボウズだった事の壮大な言い訳でした。。。

 

リベンジ二日目!

 

リベンジ二日目は良い天気だったので、ゲータースタイルにした。

 

ゲータースタイル紹介ブログはこちら!

美しいアマゴ

 

しかしアマゴの反応はまったく無いまま時間だけが流れていった。。。

 

このままではリベンジどころか返り討ちの二連続ボウズだ。

 

やっぱりアマゴは移動したのかな?

そう思った僕は少し上流に移動した。

 

上流ポイントを少し釣っていると、ルアーを追っている魚が一瞬見えた。

 

一瞬見えたその魚は「なんか赤い!」という印象だった。

しかしその魚は掛らず。。。

 

なんで赤いんだろう?どこが赤かったんだろう?

そう思いながら釣り進んだ。

 

しばらくしてから、この日初めてのヒット!

手応えからしてわりと良いサイズだ!

 

魚を寄せると、また赤い色が見えた。

 

何で赤いんだろう?

確かめたいからバレるな。

 

ネットイン!

釣れたのは20㎝後半のアマゴだった。

 

そして赤く見えた理由がわかった。

アマゴの体が少し赤みがかっていて、特にヒレが鮮やかな赤色だったからだ。

 

美しいアマゴ

 

釣れたアマゴをまじまじと眺めて思った。

 

「すごく綺麗なアマゴだ!」

 

iPhone撮影の写真の腕が悪いので伝わりにくいかもしれないのが悔しい。。。

 

これまでに釣ったアマゴの中で一、二を争うくらい綺麗なアマゴだったのだ。

 

サイズも測らずに夢中で何枚も写真を撮った。

 

自分的にすごく綺麗なので、同じアマゴの写真を何枚も載せるのだ。

 

わりと太さもある。

美しいアマゴ

 

タックルと一緒に撮った!

 

美しいアマゴ

 

そして赤く色付いたヒレなどのアップ!

背中もうっすらと赤く色付いている!

 

美しいアマゴ

 

めちゃめちゃ綺麗じゃないですか!?

 

僕はアマゴの写真を何枚も撮りながら、自然と関西弁になってこんな風に呟いていた。(生まれも育ちも関西圏です)

 

「綺麗やわぁ。めっちゃ綺麗やぁ」

 

「最高やなぁ。ほんまにたまらんわぁ~」

 

この、

  • 「べっぴんさんのアマゴ」
  • (訳:美人のアマゴ)を、

関西弁で褒めちぎっていたのだ。

 

言い方としては鶴光師匠の「ええか〜ええのんか〜」に近い感じである。

 

このアマゴを見れば見るほど気分が盛り上がっていった。

 

村西とおる監督の「ナイスですね!」という言葉も頭に何度も浮かんできた。

 

しかしこのアマゴで、一つだけ出来なかった事がある。

 

それは、

動画が撮れなかったのだ!

 

夢中で写真を撮って、次は動画を撮ろうとした。

 

その瞬間、ネットの中で落ち着いていると思い込んでいたアマゴがいきなり跳ねた。

そして着地した瞬間にすごい勢いで流れの中に泳いで行ってしまったのだ。。。

 

写真だけでも綺麗で満足ではあるのだけど、やっぱり動画を撮りたかったなぁ。

 

動画を撮って、帰宅してからその動画をつまみにビールを飲みたかったなぁ。。。

 

だけど、逃げたアマゴの気持ちもすごくわかる。

 

アマゴはネットの中でおっさん(僕)から、やけに粘っこい感じの関西弁で褒めちぎられていた。

 

たぶんアマゴはネットの中で、

「このおっさん気持ち悪い」

と思っていただろうし、居心地も悪かったんだろう。

 

さらに動画を撮るとなると、これまた粘っこい感じの、体の隅から隅まで撮られるようなカメラワークになるのが想像出来る。

 

撮られるアマゴとしては、たまったものではない。

 

アマゴが関西弁で、

「もう堪忍(かんにん)して!」

と思ったかどうかは分らない。

 

だけど一瞬の隙をついて見事に僕のカメラワークから逃げる事に成功したのだ。

 

結局、このアマゴ一匹でこの日は終了した。

だけど僕は満足だった。

 

リベンジも出来ていないし、二日間で一匹しか釣れなかった。

 

だけどものすごく綺麗なアマゴに出会えた。

それだけで十分、気持ちが満たされたのだ。

 

トラウトルアーには、釣れた魚のサイズだけではない魅力が確かにあるのだ。

 

一匹のアマゴに胸を満たされた僕は、家に向かって車を走らせた。

 

車を運転しながら思った事がある。

 

綺麗なアマゴを、もっとちゃんと綺麗に撮りたいなぁ。。。

 

動画もiPhoneで撮ってブログにアップしたらなんか画像が粗い事もある。

ちゃんと綺麗に残したいなぁ。

 

トラウトアングラーはこうやって、写真にハマってデジカメを買ったりするのだろうか。

 

デジカメで撮ったらもっと綺麗に写真に残せるなら、デジカメ欲しいなぁ。。。

 

釣り用にはこういうのとか、

 

こういうのなのかな?
どれが良いか分からない。。。

created by Rinker
リコー
¥39,999 (2020/09/30 18:47:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

いや、動画ならGoPro とか買ったら自分が見た物を残せるのでは?

写真ならデジカメの方が良いのかな?

 

綺麗なアマゴのおかげで、カメラに少し興味が出て来た僕なのであった。

 

現実的な予算の問題は、今は考えないようにしよう。。。

 

(使用タックル)

ロッド:トラパラネイティブTXS-762ML

リール:シマノ 16 ストラディックCI4+ C2000HGS

ライン:デュエルアーマード F+ Pro 200m0.8号ゴールデンイエロー

リーダー:モーリス ストリームショックリーダー30m 8lb

ルアー:ライトニングウォブラー 7g  

 

「スマホ撮影派の方もデジカメ撮影派の方も、ブログ応援クリックお願いします!」(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           
   

コメント

  1. アバター あざらし より:

    大アマゴに会えなくて残念でしたが、画像のアマゴめちゃくちゃ綺麗ですね!私もいつも朝マズメの魔法に助けられてます(笑)活性高くてフローティングにも反応してくれるので楽しいです♪しげるさんがGoProで撮影した動画すごく楽しそう(^-^)

    1. しげる しげる より:

      あざらしさん
      大アマゴは残念でした(>_<) まあ、会えないと思いながらも気がすまなくて行った釣行なので(^^;) アマゴ、褒めて下さってありがとうございます(*^_^*) 関西弁になってしまうくらい綺麗でした(^o^) 朝マズメには魔法がかかっていますよね(^^) 僕もいつもその魔法に助けられています。フローティング、楽しいですね(^_^)v 動画、ありがとうございます(^^) 興味はあるのですが、釣っている場所がわからないように撮るのが難しそうです。 場所バレしたくないので難しいかもしれません。。。 動画撮るの楽しそうだとは思っています(^^)

  2. アバター 花屋のいちろー より:

    朝まずめのゴールデンタイムをシンデレラの魔法に例えるなんて、上手いですねぇ(*>∀<*)ノ。今度から僕もシンデレラタイムって言おうかなぁ(^-^)

    二回も行っちゃうだなんて、逃がした状況もですし、型が型なだけに相当引きずってますねぇ(笑)。

    でも、そのお掛けで美人さんに会えた訳たから、悪い事ばかりじゃないですね(^^)d。尾鰭なんてオレンジ通り越して朱色だし、写真でこの鮮やかさなら、現物の綺麗さは凄かったんでしょぉね!!。
    本当、大きさだけではないと思わされる一匹ですね!!

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      お褒め頂きありがとうございます(*^_^*)
      シンデレラタイム、是非お使い下さい(^o^)

      ご指摘の通り、サイズも大きいしバラし方もバラし方だったので引きずっていました(^^;)
      まあ二回もリベンジに行ったので気持ちはだいぶ落ち着きました(^^)

      美人アマゴ、そうなんです!僕の写真の腕がアレなんですが、実物はさらにべっぴんさんでした!
      サイズだけじゃない、嬉しい一匹でした(*^_^*)

  3. アバター 右脳派釣師 より:

    綺麗なアマゴですね!
    体高もあって夏には尺超えしそう!

    PS丹沢にもボウズ続いた後、釣ったヤマメに「やっと会えたねヤマメたん♡」とか話しかけてるキモいおっさんが居ますよ!

    1. しげる しげる より:

      右脳派釣師さん
      ありがとうございます!本当に綺麗なアマゴでした(*^_^*)
      良い感じに太さもあって嬉しかったです(^^)

      心残りは動画撮れなかった事だけです(^^;)

      僕と同じく右脳派さんに話しかけられたヤマメは「もう堪忍(かんにん)して!」と思っている可能性大です(^o^)

      だけど、話かけたくなるお気持ちわかります。わかっちゃうんです(^^)

    2. アバター 3110tkj より:

      そのキモいオッさん、一人じゃないっすよ絶対!

      1. アバター 右脳派釣師 より:

        そうなんですか!?1人じゃないと知ってほっとしました(笑)

      2. しげる しげる より:

        3110tkjさん
        釣れた渓魚に語りかける人、実はけっこう居るかもしれませんね(^o^)

  4. アバター 新横浜の佐々木 より:

    いやー、ホント綺麗なアマゴですね。羨ましい

    私はTG4使っています
    いまはバージョン6までなったんですね
    あのシリーズ便利でタフでいいですよ

    1. しげる しげる より:

      新横浜の佐々木さん
      ありがとうございます(*^_^*)
      嬉しいです(^^)

      佐々木さん、TG4なんですね!
      TG4で先日のブログにも載せさせて頂いたアンバサダーと山椒のような写真が撮れるのなら、最新の6ではなくても5でも僕には十分過ぎるかもしれません。

      情報ありがとうございます(^o^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください