川のぬしがかかってエースハンドメイドルアーが持って行かれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

前回ブログで、アマゴを釣りに行ってニューロッドに入魂が出来た僕は、気合いを入れて新規開拓の場所に向かっていた。

時間は午前7時前、1時間程度の出勤前釣行である。

気合いが入っているのは、新しいウェーダーを買ったからである。

 

履き心地を試してみたかったのだ。(おっかけブログにアップします)

新しいウェーダーにピンホールがあかないか気にしながら藪をこいで新規開拓を続けているポイントに降り立つ。

 

ロッドもニューロッドである。

デカイアマゴの手応えを感じたいのだ。

 

遠投して引いてくる。

何投目かで、かなり近いところまでアマゴらしき姿が追ってきたのが見えた。

 

おるやんか! 新規の場所はアマゴがいることがわかっただけでだいぶ嬉しいのである。

しかも、尺はなさそうだが20センチ後半はかたい。

 

ルアーは僕の2番手のハンドメイドミノーだった。

この2番手ルアーは追ってくるが喰わないパターンがわりとある。

 

それはルアーが悪いのかたまたま魚の活性なのかと考えるが、ルアーに責任もあると思う。

自分が作ったから特にそう思うのだ。

 

すぐにエースハンドメイドミノーに変えて投げる。

しかし反応が無い。

 

何投かすると、

ズシン!

と竿に重みを感じる。

 

のった!

そしてルアーのあるべき方向を見ると、

浅瀬でデカイ魚影が背中を見せている!

 

でもでかすぎる!





60センチくらいある。

川の主? ニゴイだ!

(僕のホームリバーでは、誰も狙わないからか無防備にゆうゆうと動いている姿は主のようである)

 

ニゴイの参考写真(これは僕ではないです。)

 

 

ちなみに僕はニゴイを初めてかけた。これまでもルアーを追っていたことはあったがかかったことはなかった。

しかしトラウトロッドに4lb(約1号)のライン、リーダーである。

 

切れるのでは?

ニゴイを釣りたいとは思わないが、僕のエースハンドメイドルアーである。

 

回収したいし、ニゴイからルアーもとらなくては。

最初はデカイ姿とは対照的に思ったより簡単に近づいて来た。

 

しかし近付くと逃げる。

逃げるたびにドラグがジーーーーとなってラインが出る。

 

ニューロッドでかけた魚の2匹目がニゴイなので、どれくらい負荷をかけられるかわからない。

しかしこのニゴイのやつ、1匹かかっていて僕とファイトをしてるのに、あと2匹ほど寄り添うように近づいて来た。

 

距離数メートルである。なんか緊迫感がない。

近くになんとか寄せれたのでネットを手に近づく。

 

しかしまた逃げる。

なんだかんだで5分くらいやりとりしている。

 

これが尺アマゴなら嬉しいが、ニゴイである。

しかも、僕のハンドメイドエースルアーのお腹のフックを口の端で咥えている。

 

スレがかりではないのだ。

なんとか回収したい。

 

何度目かの寄せ、僕はミスをしていた事に気づいた。

しかしもう遅い。

 

僕の立ち位置は川の肩の部分で、ニゴイが少し下流に走ると流れのある瀬、そして落ち込みへと続くのである。

そこに逃げられたらキャッチできない。

 

僕は必死に寄せる。

しかし、流れの中に入る。

 

ドラグがなる。

ジーーーーーーーーーーー、パン!

 

全て終わったのである。

恐らく、ラインとリーダーを電車結びしていたところから切れてしまった。

 

僕のエースハンドメイドルアーはニゴイの口の端についたまんまである。。。。

29センチや20センチ後半を釣るなどいい活躍をしてくれていたのに。

(参考ブログハンドメイドルアーで泣き尺アマゴ! ゆとり世代に活! )

 

同じようなルアーをもう1回作れるかというと、不器用のため、自信はないのである。

しかし、それよりも口の端に僕のルアーを付けたニゴイは無事なのだろうか。

上手く外れてくれればいいのだが。

 

そして川に立ちつくす僕の腕はニゴイとのファイトで重たくなっていた。

でもやっぱり、トラウト、鱒のファイトが気持ちいいなと思いながら。。。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 







           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください