サビキに反応せずにルアーでだけ釣れるアジがいた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

昨日は日曜日である。朝から釣りに行って来た。

といっても渓流ロッド、ファインテールが折れているので海に行ったのである。

そろそろ鳥取の海ではアジが釣れているらしい。

 

何事にも(?)本気の僕は、朝3時半に起きて、am5:00には既に海にいた。

しかし、すでに先行者は何人かいた。

ルアーの人、サビキの人。

しかしそれらの人のロッドはまったくしならない。

嫌な予感がした。

 

というのも、前にも書いたがアジは時合いを釣るというか、回っていれば爆釣するし、回ってなければ名人でも釣れないと思っているのである。

 

遠投サビキをし続けるがまったく釣れない。

まわりのサビキやルアーの人もまったく釣れていない。

1時間を超えた辺りから眠くなっていた。

そして決心したのは7時半くらいである。もう2時間半釣っていた。

ちょっとゆっくり目の釣り人が釣り場に来る時間にはすでに2時間半釣っていて坊主なのである。

もう帰ろうと思った。

でもせっかくだから、すごく近くにある港ものぞいて帰ろう。

そう思って車を出す。

その港も、朝早く何台か車が来ていたはずだが、僕がいったときには一人しかいなかった。

その一人は、白髪まじりのおじさんで、ルアーだった。

そして僕が見ている前でデカイ何かを釣り上げた。

 




 

 

僕は近寄った。

 

デカイアジである! 尺アジのサイズだ。

 

僕は思わず聞いた!

「アジ釣れるんですか!?」

おじさんは答えた。

「あの黒いの全部アジだよ」

僕には黒いのがまったくわからなかった。

 

おじさんは続けた。

「餌では釣れないよ」

アジを釣るのにサビキ釣りや餌釣りでは釣れない?

咥え煙草のおじさんはそういってルアーを投げた。

ちょっと抱かれてもいいと思った。 いや嘘です。

でもおじさんの車にはロッドが3本あって、手返しはきびきびしていた。

僕が試しにサビキをすると、一投目で寝ているウキを見て、

「底が長すぎるよ!」

と言ってから颯爽と車に乗ってどこかに移動していった。

 

僕はサビキを何投かした。

しかしピクリともかからなかった。

サビキをしていると小さなジグと糸がかかった。

これ幸いにシーバス用ルアーロッドを出して投げたが、何投かして釣れなかった。

それどころか、何投目かでプチんとリーダーが切れて飛んで行った。

結局坊主だったのである。

しかし、僕は初めての意見を聞いた。

湾内で、餌には喰わないが、アジングには反応する大型アジがいるのだ。

アマゴでは、確かに餌に反応しなくてもルアーで釣れるようなのはいる。

アジも一緒なのかな。

やっぱり現場で話を聞くと勉強になるのである。

釣りは会議室でおきているんじゃない、現場でおきているんだ!

とかいうとおっさんなのが世代的にバレるのであった。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 




           
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください