渓流ベイトでの初釣果とホームリバーでは1番大きなイワナ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流ベイト釣果

 

前回ブログで今年の個人的解禁日の事を書いた。

 

渓流ベイトデビューの日でもあったが、結果は丸坊主だった。

 

坊主釣行が終わって週が明けて、

次の週末までの月曜日から金曜日。

 

その時間をとても長く感じていた。

 

恋する気持ちは一日千秋(いちじつせんしゅう)と言われる事がある。

(1日に季節が1,000回巡るほど長く感じられるという表現)

 

僕の渓魚を想う気持ちも一日千秋なのだ!

 

個人的解禁日に丸坊主を喰らった僕は嫁にお願いをした。

 

その結果、

  • 土曜日は午前中、
  • 日曜日は1日中と、

連日釣りに行ける権利を勝ち取ったのだ!

 

そして土曜日!

 

雨が降っていた。。。

 

もう少し季節が進んだ雨なら気持ちが良かったりする。

 

だけどこの時期の雨や風は寒い。。。

 

個人的解禁坊主の僕は考えた。

 

今日は午前中だけだからホームリバーのイワナに会いに行こう!

 

出来ればアマゴにも会いたい!

 

そう思って車を走らせたのだ!

 

ホームリバーのイワナ!

 

まずは放流アマゴでも良いからアマゴの顔が見たかった。

 

ホームリバーのいくつかのポイントをラン&ガンする。

 

しかし、

 

魚影すら見えないのだ。。。

 

例年、3月は厳しいイメージがある。

 

あるのだけど、ほんとに叩かれまくって釣られまくっていて厳しい。

 

アマゴの姿が全く見えないので、当初の予定通りイワナの顔を見に行く事にした。

 

僕は渓流釣り8年目だが、

  • 長い間ホームにイワナは居ないと思っていた。
  • 初めてホームのイワナを釣ったのは2年前なのだ。

 

僕のホームはイワナを放流していない。

なのでホームのイワナは間違いなく天然なのだ。

 

ホームのイワナは一跨ぎ出来るような、すごく小さな川で命を繋いでくれている。

 

その変わりサイズは期待出来ない。

これまでのサイズは20㎝前後が最大なのだ。

 

この川のイワナのサイズを考えた結果、少しでも写真映えするように小さい方のネットで釣行した。

 

↓大きい方は尺でも余裕。今回は小さい方。

渓流ベイト釣果

 

到着して釣り始めた。

 

小場所が連続する中を渓流ベイトタックルで釣り上がる。

 

渓流ベイトのバックハンドアンダーのコントロールは小場所ですごく活かせると思った。

 

ここは本当に小さな川で、魚影もあまり濃くはない。

 

だけど幸いな事に、直近で釣り人は入って無いような気がした。

 

釣り上がるとすごく小さな渓魚の反応は何度か見えた。

だけど喰わせる事が出来なかった。

 

しばらく経ったとあるポイントで、

 

待望の初ヒットが!

 

小さなイワナが追って来たと思った瞬間、ルアーを喰ったのだ!

 

サイズ的にも手応えと呼べるほどの手応えではない。

 

だけど僕の渓流ベイトの初ヒットなのだ!

 

バレるなバレるな。。。

 

ネットイン!

 

僕の渓流ベイト初釣果は、

小さなネットの中でも小さく見える、15㎝弱のイワナだった。

 

渓流ベイト釣果

 

お腹の濃い色が印象的だった。

 

渓流ベイト釣果

 

小さな小さなイワナだけど、僕は嬉しかった。

 

このイワナが僕の渓流ベイトタックルでの初釣果だ!

 

最初の一匹というのは特別なのだ。

 

皆さんにもあるでしょう?

 

初めて渓流ルアーで釣った渓魚。

 

初めてこのロッドで釣った渓魚。

 

初めてこのリールで釣った渓魚。

 

使いたかったルアーで初めて釣った渓魚。

 

本当は渓魚との出会いは全て新鮮で、一期一会で特別なのだ。

 

しかし渓流釣りの経験年数が増えるほど、それを忘れがちになる。

 

だけどその一匹に到る背景。

 

それがあればその一匹は自分の中で特別な一匹になるのだ。

 

僕は渓流ルアー8年目で、ほんの少しは釣れるようになってきた。

 

だから小さなサイズの渓魚に特別な新鮮な思いを感じる事は薄くなっていた。

 

だけど今期初めて使う渓流ベイトタックル。

それを使うと新鮮な気持ちで釣り上がれる。

 

最初の一匹への期待感や緊張感。

初めて渓流ベイトで釣れた一匹の嬉しさ。

 

渓流ルアーを始めた当初のような新鮮な気持ち。

 

それを感じられただけでも、渓流ベイトを始めて良かったと思ったのだ。

 

この川一番のイワナ!

 

ベイトで初めての一匹が釣れて達成感を感じた僕。

 

その後も少し釣り上がった。

そしてとある大場所。

 

というか普通だと小場所なのだが、この川では大場所のようなポイント。

 

落ち込みにルアーをキャスト。

白泡が立っていて魚が追っているのかわからない。

 

ルアーを回収する寸前になって魚の影に気付いた。

 

何か追ってた!?

しかも良いサイズ!?

 

もう一度ルアーを投げる。

追い切れるように先ほどよりゆっくりと巻く。

 

僕のジョイントミノーはゆっくり巻いても動いてくれるのだ。

 

少しトゥイッチをかけて一瞬ストップ、そして次のトゥイッチのタイミングで喰った!

 

グンッとファインテール3.8ftに重みを感じた。

ロッドが曲がっている。

 

やはり良いサイズだ!

ドラグはきつめの設定になっていたのか出ていない。

 

近距離戦なのでそのままネットインまで強引に寄せる。

 

ネットイン!

 

一瞬尺あるかも!?と思ったが、

釣れたのは28.5㎝のイワナだった!

 

渓流ベイト釣果

 

この小さな川ではこれまでに20㎝前後しか釣った事がなかった。

 

なので自分的には想定外のサイズだった。

この川でこんなに大きくなるんだと驚いた。

 

↓別角度での写真

渓流ベイト釣果

 

ヒレも綺麗!

 

渓流ベイト釣果

 

この川に良いサイズのイワナはいないと思っていた自分を恥じた。

 

「自分の腕や知識不足で自分のホームリバーの価値を下げてどうするのだ?」

そう思った。

 

この川でこのサイズがいるのなら、どの川でも探せば尺はいると思った。

 

尺が釣れないのは自分の川のせいではなくて、自分の腕のせいなのだ。

 

この日、そんな想定外サイズのイワナを釣り上げてくれたルアーは不器用ジョイントミノーだ!

 

製作ブログはこちら

渓流ベイト釣果

 

そういえば、不器用ジョイントミノーも今シーズンがデビューだった!

 

この日の釣果は初めて尽くしの嬉しい釣果だったのだ。

 

その後、釣りが出来る昼前までに、

  • アマゴの姿も見たいと思い、
  • 2ヶ所ほど移動したが、
  • 2ヶ所とも先行者の車が停まっていたのは、3月だから仕方が無い。

なのでこの日はイワナ2匹で終了した。

 

イワナ2匹でも、この日は初めて尽くしの釣果を喜んで帰宅した。

 

そしてこの日の翌日は、

一日中釣りが出来る日。

 

その日に僕の渓流ベイトタックルとジョイントミノーが火を噴くのだが、それはまた次のブログの話。。。

 

(使用タックル)

ロッド:ファインテールFSX-B382UL

リール:17カルカッタコンクエストBFS(左)

ライン:DUEL(デュエル) PEライン アーマード F+ Pro 0.8号

リーダー:VARIVAS スーパートラウト アドバンス エクストリーム ショックリーダー ナイロン 30m 8lb

ルアー:不器用ルアージョイントミノー

 

「渓流ベイトでの初釣果おめでとう!次回が気になる!」とブログ応援クリックお願いします(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター ラオウのご主人様 より:

    初ベイト、おめでとうございます!!
    良いイワナですね。
    ジョイントミノーも良い仕事しましたね!
    このジョイントミノーは絶対釣れると確信してましたよ。

    1. しげる しげる より:

      ラオウのご主人様さん
      ありがとうございます(*^_^*)

      ベイトとジョイントでの初物尽くしでした(^_^)v
      ジョイントミノー、やってくれました(^^)

      嬉しいお言葉もありがとうございます(^o^)
      まだまだプロトですが色々試してみます(^_^)v

  2. アバター 3110tkj より:

    アワビ貼り、ジョイントミノー、フライ。
    私がトラウトフィッシング始めた当初は、これらは反則的な「餌」と認識し、禁断の領域と決めておりました。
    フライは直ぐに解禁してしまいましたが、あとの2つは未だに封じ込めております。
    しかし最近はシェル貼りが気になり出し、ジョイントも色々好調みたいじゃないですか!
    やばいなぁ…

    1. しげる しげる より:

      3110tkjさん
      アワビ貼りもジョイントミノーもフライも「餌」ですか!?

      フライはやった事がないのでわからないのですが、アワビ貼りとジョイントミノーは使ってみると餌ではないのがわかると思います(^^)

      でも人によってこだわりが色々とあるのもトラウトフィッシング!

      禁断の扉を開けるかどうかは、3110tkjさん、あなた次第です(^o^)

  3. アバター きんくま より:

    ベイトフィネス &ジョイントミノー入魂おめでとうございます。グッドサイズも釣れて幸先良いですね♪

    1. しげる しげる より:

      きんくまさん
      ありがとうございます(*^_^*)

      個人的解禁日坊主が僕に火をつけました(^o^)

      渓流ベイト、まだまだ楽しみます(^_^)v

  4. アバター あざらし より:

    童貞卒業おめでとうございます(笑)惜しくも尺には届きませんでしたが良いイワナですね(*^^*)それに作成したジョイントミノーで釣れたのも嬉しいですね!こちらも雪溶けが進んでおり、もう少しで今年初釣行になりそうです!一昨年、昨年はミノーで釣れずARスピナーとボトムノックスイマーに頼ってしまいましたが、今年はミノーで釣ることが目標です(^-^)

    1. しげる しげる より:

      あざらしさん
      卒業したので大人の渓流ベイト使いとして胸を張れます(^o^)

      ほんとに小さな川なのでこんなサイズがいるとは思っていませんでした。
      自分のホームを甘く見てはダメですね(^^;)

      ジョイントミノーも今年デビューなので嬉しいです(^_^)v

      北海道の雪も少しずつとけて行っているんですね!
      初釣行楽しみですね!

      ar-sは僕的渓流最強ルアーですし、ボトムノックスイマーもすごく釣れますもんね(^^)

      お互いに色々試して渓流を楽しみましょう(^o^)

  5. アバター ヤング より:

    無事にウロコ付けで卒業ですね^ ^
    ジョイントミノーもいい感じですね!自分も新型ミノーを製作したのでテストが楽しみです♪3月末に釣行してきます。

    1. しげる しげる より:

      ヤングさん
      やっと大人になれた気します(*^_^*)
      初めて尽くしの嬉しい釣果でした(^^)

      ジョイントミノーもありがとうございます(^^)

      ヤングさんも新型ミノーを作られたんですね!
      3月末、楽しみですね(^_^)v

  6. アバター 花屋のいちろー より:

    フィールドによって大物のと呼べるサイズは違ってきますが、人跨ぎ出来てしまうほど細い流れでは尺物以上の価値があるんじゃないでしょうか(*´ω`*)
    しかも、新作の不器用ジョイントでの釣果だもんなぁ(*>∀<*)ノ。嬉しさ倍増ですね(^^)d

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん

      そうなんですよ!
      フィールドによって大物の基準ってありますよね(^^)

      今回のイワナは他の場所での尺イワナより驚きました(*^_^*)
      ありがとうございます(^^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください