尺イワナ36㎝に必殺の指ドラグとちょっと待ったコール!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
指ドラグ尺イワナ

 

先日の週末の事だ。

 

日曜日に釣行するために土曜日に良い子ポイントを稼いでいた。

 

土曜日は昼食作りにトイレ掃除、息子の部屋になる予定の場所の片付けなどなど。

 

色んな作業(良い子ポイント稼ぎ)をしながらある事が気になっていた。

 

というのも、

 

雨と風がすごい!

 

土曜日は雨と春の嵐の日だったのだ。

 

雨と最近の暖かい気温。。。

 

川の増水具合が気になっていた。

(ネットで水位を調べて気付いてはいた)

 

翌日の日曜日、釣り場に向かう道中でこの時期にも関わらず一人も釣り人を見なかった。

 

ゆっくり出発だったので午前8時半に釣り場に到着。

 

この場所は今シーズン初めてだ。

 

到着してから渓流の水の勢いを見て、僕の不安が的中していた事がわかった。

 

やっぱり前日の雨と暖かい気温の影響か水量がすごい!

 

雪代というよりは雨の影響が大きいと思う。

 

この場所でこんなに水量があるのは珍しい。

 

道中で釣り人を一人も見なかったのはこの増水のせいかと納得した。

(みんな今日は無理と思ったのかな)

 

「上流に行けば何とかなるかも?」

 

と淡い期待をしていたがそれでも思ったより増水していた。

 

正直、帰ろうかとも思った。

 

だけど土曜日に家族孝行して掴んだ今シーズン3回目の釣行。

 

禁漁期間で鈍った(なまった)体も今のうちに動かして慣らす必要がある。

 

という事で半分トレーニングのつもりで釣り上がってみる事にした。

 

タックルは昨年から始めた渓流ベイト!

 

↓渓流ベイト楽しいです!

指ドラグ尺イワナ

 

しばらく釣り上がるが反応はない。

 

水量も多すぎて釣りにくい。。。

 

なるべく流れの緩い場所や巻いている場所狙う。

 

ルアーも出来るだけ長い時間水中にあるようにする。

 

入渓して1時間ほど経ってから、やっとこの日の初ヒット!

 

釣れたのは20㎝弱のイワナだ!

 

指ドラグ尺イワナ

 

小さくても釣れると気持ちが上がる。

 

続いて27㎝くらいのイワナも釣れた!

 

指ドラグ尺イワナ

 

ここまで釣れた2匹のイワナたちは、とても嬉しい反応を見せてくれた。

 

スレてなくて、無垢で純真な反応だ。

 

僕がこのイワナたちの今年最初に出会った釣り人かどうかはわからない。

 

わからないが、スレてないイワナの反応を見られる事がすごく嬉しい。

 

続けて2匹釣れたので、

 

「ここから爆釣か!?」

 

と思いながら釣り上がるが、

 

それから1時間以上、まったく反応無し。。。

 

「雨の増水で雪解けの冷たい水も入っているだろうからイワナの活性が良くないのかな?」

 

そう思いながら鈍って(なまって)いる体に鞭打って水量の多い渓流を遡行する。

 

イワナの反応が無いので何度か「もう帰ろうかな」と思った。

 

だけど昨年この時期に良いイワナが釣れたポイントまでは行こうと決めたのだ。

 

しばらく釣り上がってそのポイントに到着。

 

縁(えにし)を投げるが、一投目は反応無し。

 

二投目、岩の際を狙いつつ少しサイド気味にゆっくり流す。

デカいイワナの反応が見えた気がしたがかからず。

 

水量が多いので僕の存在はまだバレていないと信じたい。

 

三投目、イワナの反応が見えた!デカい!

 

縁(えにし)を追ってきたデカいイワナは僕から5~6mの浅くて近い場所でかかった!

 

かかったイワナは縁(えにし)を咥えて流れの奥に逃げようとしている。

 

逃げるイワナの力でキツく締めているドラグが出されている。

 

ドラグを出しながら流れの奥に逃げようとするイワナの後ろ姿が見えた。

 

その瞬間、僕はイワナの後ろ姿に向かって『ねるとん紅鯨団』(古い!)のように叫んだ!

 

「ちょっと待ったぁ~!」

 

伝説の「ちょっと待ったコール」だ!

 

せっかく近場でかかったデカいイワナ。

走られる前に寄せてキャッチしたい!

 

まずはデカいイワナが引き出しているドラグを止めたい!

 

僕は反射的にベイトで使える必殺技を繰り出した!

 

「必殺、指ドラグ!」

 

説明しよう!

 

指ドラグとはベイトリールのスプールを親指で押さえる事で、ラインが出るのを強制的に止める技である!

 

↓ベイトなら簡単に出来る!

指ドラグ尺イワナ

 

ドラグを止めたらイワナの力がロッドにかかる。

 

グンッとしなったロッドの重みを感じながらラインを弛ませないように寄せる!

(僕はシングルバーブレスなのでラインが弛むとバレやすい!)

 

寄せて近付いた時に「デカい!」と思った。

 

何とかネットイン!

 

釣れたのは、

 

36㎝の尺イワナだ!

 

↓今シーズン2匹目の尺イワナ!

指ドラグ尺イワナ

 

僕の写真が下手なのと、

  • ネットがデカいせいで、
  • サイズが伝わりにくい。

僕のネットの内径は約36㎝(35.5㎝)あるのだ。

 

↓尺でも余裕!

指ドラグ尺イワナ

 

尺イワナの顔のアップ!

良い面構え!

 

指ドラグ尺イワナ

 

リリース動画も撮った。

(カッコ良くリリース出来てません。。。)

 

 

前回釣行ではクヴェレ・ツヴァイで33㎝の尺イワナを釣った。

  • だけど縁(えにし)の製作者として、
  • ツヴァイで釣ったより大きなイワナを縁(えにし)で釣る!
  • それを今シーズンの目標の一つにした。

その目標を縁(えにし)は早速達成してくれたのだ!

 

正直、達成出来るとしてもシーズン盛期になってからだと思っていた。

 

尺イワナをリリースしてから、縁(えにし)を手に載せた。

(僕が使っているのは販売出来なかった縁たちです)

 

指ドラグ尺イワナ

 

僕は縁(えにし)に向かってこう言った。

 

「縁(えにし)は、やればできる子なんだよ!」

 

山奥で自分の作ったルアーに対して語りかける40歳のおっさん。

 

かなりぎりぎりである。

 

そんなぎりぎりな男は山奥で自分の作ったルアーを褒めちぎっていた。

(超親馬鹿です)

 

褒めちぎられた縁(えにし)の紅ほっぺは、いつもより赤くなっていたような気がしたとかしないとか。。。

 

指ドラグ尺イワナ

 

尺イワナが釣れて気力体力が回復したのでその後も1時間ほど釣り上がった。

 

しかし釣れたのは20㎝ちょいのイワナ1匹。。。

 

指ドラグ尺イワナ

 

この日、退渓しながら考えていた事がある。

 

今年は雪が多く積もった。

 

それもあって、何年も通っている渓流でも例年とは状況が違う。

  • 例年の3月や4月と、
  • 今年の3月や4月は、
  • 渓魚の釣れる場所や、
  • 釣れるタイミングや釣り方。

色々と違うと思う。

 

僕にはそれが新鮮で面白く感じるのだ。

 

雪や雨の量は年によって違い、同じ川でも年によって色んな顔を見せてくれる。

 

それに通いなれた川以外にも日本中には沢山の川がある。

 

トラウトルアーの釣り場だけでも、

  • 本流(遡上含む)や、
  • 渓流や源流、湖もある。

僕は思った。

 

「トラウトルアーって、一生掛けても遊び尽くせないかも」

 

僕は中国の古い言葉を思い出した。

 

「一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい」

 

「三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい」

 

「一生幸せになりたかったら釣りを覚えなさい」

 

昔の人は良いことを言うのだ。

 

僕は毎日お酒を飲んで、20年前に出会った嫁と今でも仲が良いけれど。

 

そんな事を考えながら、退渓途中で空を眺めた。

 

指ドラグ尺イワナ

 

気持ちよく晴れたこの日の空に向かって、大きな声でこう言った。

 

指ドラグ尺イワナ

 

こんなに楽しいなんて、ずるいなぁ、渓流ルアー。

 

(使用タックル)

ロッド:ファインテールFSX-B382UL

リール:17カルカッタコンクエストBFS(左)

ライン:アーマードF+PRO 0.6号

リーダー:バリバス トラウト ショックリーダー 30m 1.5号

ルアー:不器用ルアー縁(えにし)

 

「2釣行連続尺イワナとは今年の運を使い切ったな!とブログ応援クリックお願いします」(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

↓僕のリール!

↓僕のかんじき!

           

コメント

  1. あざらし より:

    この時期2回目の尺でしかも36センチとは見事なスタートダッシュですね!この勢いでもう次は念願の40オーバーいくんじゃないですか(*^^*)先日昨シーズンから結束しっぱなしののPEとリーダーをチェックしたら軽く引っ張っただけでプチっと切れてしまいました(笑)しっかりとノットを組み、私もそろそろ縁を渓流に連れていきたいと思います!

    1. しげる より:

      ありがとうございます(*^_^*)
      今回は半分トレーニング気分でしたが実績のあるポイントがやってくれました!(^^)!

      ここからの40の壁が分厚いのですが出会えるように頑張ります(楽しみます)!

      北海道もそろそろ準備開始ですね!

      偉そうで申し訳ないのですが一つ書かせて下さい!

      僕は電車結びですが、釣行毎にリーダーを新しくして電車結びをしなおしています。

      そうしたら電車結びでもめったな事では切れたり結びが外れたりはしません。

      でもなぜか電車結びして釣行して一週間後とかにひっぱるとすぐに切れます。(外れます)

      なのでノットは釣行毎に結ぶ事をお薦めします!

      今回は昨年のラインのチェックのお話だと思うのですが、念のために書きました!

  2. ラオウのご主人様 より:

    36センチ!
    おめでとうございます!!
    縁は大物ハンターですね。
    もう1日だけ釣行が後だったら爆釣だったかもしれないですね。
    程よい増水は最高のコンディションだと思ってます。
    僕は増水けっこう好きです!

    1. しげる より:

      ありがとうございます(*^_^*)

      縁(えにし)、良いの釣ってくれています!(^^)!

      そうなんですよ!程よい増水とか良いタイミングって難しいですよね(>_<) 渇水よりは増水の方が活性高かったりしますよね! 僕は渓魚がルアーにアタックしてくる姿を見れる方が嬉しかったります(^^;)

  3. mura より:

    あれ!クラッチがいつのまにか
    バージョンアップしていますね、
    カルコンのカラーと相まってはじめ気づきませんでした。
    いいお値段しますが使い心地はいいですよね!
    こちらはまだ解禁しないのでしげるさんの
    ブログをいつも指を咥えながら拝見させて
    いただいています。(笑)

    1. しげる より:

      クラッチはシーズン開始前に思いきって購入したんです(*^_^*) 
      (ブログはこちら)

      使い心地良いです!買って良かったと思います!(^^)!

      オフセットクラッチ使った感想ブログも書きたいのですが手が回っていません(^^;)

      そちらは4月1日からでしたでしょうか。

      ブログ読んで下さって、指まで咥えて頂いてありがとうございます(^o^)

  4. くんじー より:

    しげるさんお疲れさまです!
    今シーズン3回の釣行で余裕の尺越え2匹目とは驚きの釣果ですね!
    さすが「チーム尺取り虫」のキャプテンです(°▽°)
     増水の日曜日、僕も行きました。一度、尺ありそうなイワナが出てきたものの、バイト寸前でルアーが葦のようなゴミに絡まり、見切られて帰って行く魚影に向かって「待ってぇ~!帰らないでぇ~~」と心の中で叫ぶのが関の山でした(´∀`*)
     キツく締めてるドラグを出しながら逃げる巨大イワナに「ちょっと待ったぁ~!」って僕もいつか叫んでみたいです(^。^)

    1. しげる より:

      ありがとうございます(*^_^*)

      たぶん、今シーズンの運のかなりの部分を使い果たした気がします(^^;)

      チーム『尺取り虫』は一人しかいないチームなのでキャプテンなのですが尺が取れて嬉しいです(*^_^*)

      増水の日曜日、行かれていたんですね!

      しかも尺ありそうなイワナを誘い出した!

      その状況だと僕も「帰らないで~」って言いそうです(>_<) くんじーさんがちょっと待ったコールを叫ぶ日を楽しみにしています(^_^)v

コメントを残す