夏の渓流釣りで、熊とアブと虫除け対策に携帯用蚊取り線香

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流釣り虫除け対策

 

今年の夏、渓流ルアーが非常に楽しかった。

夏渓流は魚が元気だし、引きが強い。

昨年までは真夏にあまり渓流ルアーをしていなかったが、もったいないことをしたと思った。

本流域では水温上がりすぎかもしれないが、上流域では魚は元気だった。

しかし、困ることもある。虫と熊である。

 

アブに刺されたり、目の近くに虫が飛んだりする。渓流は熊も怖い。

実際、今年の夏に渓流ルアーに行くとアブにチクチクと刺された。

当然、虫除けスプレーは親の敵(かたき)のようにかけてから渓流に入る。

 

 

 

しかし、ウェットウェ-ディングスタイル、ゲータースタイルなので膝上くらいまで水に入ることがある。

すると、虫除けスプレーも流される。

結果、黒いタイツを履いている膝裏あたりを刺されたりするのだ。

参考ブログ ウェットウェーディング、ゲータースタイル入門 写真付!

 

なので、携帯用蚊取り線香に期待する効果は下記だ。

  • 虫除けスプレーが流されてもアブが寄らないように。
  • 煙で目の近くを飛ぶ小さな虫も避ける。
  • 煙と匂いで熊除け

熊除け効果にも期待している。

 

 

夏渓流ルアーの厄介者、アブ対策

 

僕はまだ、4~5匹程度の小編隊で襲ってくるアブしか経験はないが、場所によってはもっと凄い数らしい。

ただ、4~5匹程度でもチクチクと刺されると面白くない。

 

渓流ルアーをされる人なら想像して欲しい。

キャストしてルアーが着水する。ルアーにアクションを加えているとチクッと刺されてリーリング止まる。釣れたかも知れないのに。。。

すごくイラッとしませんか?

 

移動が多い渓流ルアー釣り、イコール歩く、動くことは多い。

ただ、魚を釣るためにルアーを投げたり動かしたりしている時は体が止まっているのだ

ということは、アブに刺されるタイミングでもある。

 

下記写真のような車の中にまで入り込んで来る奴がチクチクチクチクと刺してくるのだ。

 

渓流釣り虫除け対策

 

 

僕は体質的に刺されてもそんなにひどくはないが、腫れる人もいるらしい。

それに、面白くないのだ。

せっかく趣味で楽しみにしている渓流で釣りをしているのだから、出来るなら快適に釣りたい。

 

 

虫除け対策に携帯用蚊取り線香

 

虫除け対策として、携帯用蚊取り線香に着目した。

最初に調べたのが、『業務用』といういかにも効きそうな森林香である。

ただ、蚊取り線香ではなくて虫除け線香である。

 

森林香の特徴

  1. 蚊取り線香ではない。
  2. 虫除けに特化。
  3. 虫除け成分が多く配合。
  4. 煙が多い。
  5. 線香自体も太くなっている。
  6. 太いので専用の携帯防虫器がいる。
  7. 値段は普通の蚊取り線香より高い。
  8. どこでも売っている訳ではないが通販で買える。

である。

 

 

森林香

 専用携帯防虫器
 しかしこの森林香、効きそうである。
『業務用』というのがまた効きそうである。
しかし、欠点もある。

 

森林香の欠点
  • 普通の蚊取り線香より値段が高い。
  • 太いので仕方ないが、専用の携帯防虫器も高い。
  • 僕は田舎在住なので通販じゃないと近所ではすぐに手に入らない。

である。

アマゾンなどを使えばすぐ届くが、送料がかかってしまったりすると面白くない。

 

2017年9月13日現在の値段の差をアマゾンで調べると、

 

富士錦 パワー森林香(赤色) 30巻入り 1,345円

児玉兄弟商会 児玉 携帯防虫器    936円

合計2,281円

 

対して、アースの蚊取り線香は、

 

アース製薬 アース渦巻香 蚊取り線香 30巻缶入 444円

アース製薬 アース渦巻香 線香皿       191円

合計、635円

 

 

アース 蚊取り線香

 

アースの線香皿

 

差額、森林香 2,281円-アース635円=差額1,646円

 

まあ値段はかなり違う。

というか、アースが凄い安い。

これが『日本の夏』の金鳥(キンチョウ)だとアースよりは高くなる。

 

森林香もすごく興味があったのだが、アースで攻めてみる事にした。

 

というのが、

  • 蚊取り線香は1本で6~9時間持つらしい。
  • 僕は出勤前釣行が多い。
  • 9時間もいらないのだ。
  • 2~3時間で十分。そこで考えた。
  • 煙の量と効果を増やすために2ヶ所か3ヶ所に火を付けよう。
  • ならば煙の量も増えるし効果も上がるはず。
  • それでも3時間少しは持つはずだ。

そしてやってみました。

 

端と端だけではなく、真ん中にも火を付けようとした写真である。

 

 

渓流釣り虫除け対策

 

そして火を付けたら、このように吊す。

これはビクを持った日の釣行だったが、そうでなければベルトや、フィッシングベストのどこかに付ければ良いと思う。

 

 

渓流釣り虫除け対策

 

 結果、、、

 

虫除け効果はかなりある!
僕は先日の釣行時、このダブルで火を付ける作戦をしていた。
けっこうな煙が出ていた。

 

しゃがんでキャストしてルアーを引いて引ききった後に、すぐ隣の石にスズメバチが2匹とまっているのを発見した。
正直、知らない間に巣の近くに行ってしまったかと結構ビビったのだが、この蚊取り線香の煙のおかげ(でもないが)かすぐ隣にスズメバチがいたが刺されなかった。

 

森林香も非常に魅力的なのだが、しばらくこのアース蚊取り線香に火を2ヶ所付けでやってみようと思ったのだ。

 

安くて手に入りやすいアース携帯用蚊取り線香にも欠点はある。
フックが外れることがあるのだ。すでに1個無くしてしまった。

 

ぶら下げ用のフックは、下記写真のように金具がはまっている。

 

 渓流釣り虫除け対策

 

このように、力を加えると金具縮まって外れるようになっている。

 

 渓流釣り虫除け対策

 

これは一般的な使用では問題無いと思う。
ただ、僕は渓流ルアー釣りをするのだ。

 

つまり、
  • 藪や葦をかき分ける。
  • 携帯用蚊取り線香が葦や蔓などに引っかかる。
  • それを知らずに強引に進んで引っかかった葦や蔓をぶち切ろうとする。
  • すると強い力で携帯用蚊取り線香のフックが外れて無くす。
と言うことで1個無くしてしまった。

 

強引に進まずにちゃんと確認して丁寧に葦や蔓などを外して行けば良いのだが、性格の問題である。
体に引っかかった蔓などもグイグイ進んで力技でぶち切ろうとする癖があるのだ。

 

なので、簡易補強ではあるが、フックの取り付け部分に接着剤を塗っておくことにする。
これで少しは強くなるのだ。

 

 獣除け線香、熊除けには?

 

冒頭で少し、熊除けにも蚊取り線香と書いた。
実際に、熊は嗅覚が非常に良いので蚊取り線香などの煙を感じて近づかないということもあるようだ。

 

調べていると、森林香を出している会社が獣除け線香も出していた。

 

説明書を抜粋すると、
  •  シカ・イノシシ・タヌキ・イタチ・ノラ猫など害獣を寄せ付けない!
  • トウガラシの辛味成分カプサイシンが空中に飛散します。
  • 獣避け専用ですので、周辺に人や家畜などが居ないか注意して下さい。
  • 薫煙の際、非常に強い刺激臭を伴います。出来るだけ携帯使用はお控え下さい。
  • 刺激臭が強いので、直接に煙を吸い込まない様にして下さい。
  • 唐辛子粉末、タブ粉、木粉、防腐剤

 

煙の刺激が強過ぎて携帯は避けたようが良いようだ。。。
強烈な熊除けになりそうだと思ったのだが、その前に人間が煙でやられそうだ。

 

源流でテント貼って泊まりで釣りをする人は、テントの外に置いておいたら少しは安心して寝られるかもしれない。

 

 

 携帯用蚊取り線香で釣行中の一人言

 

結論的に、僕はアースの蚊取り線香を使って2ヶ所、3ヶ所火を付けて使用している。
すると、かなり煙が出るのだ。

 

移動中は全く問題がないのだが、釣りをしている時に困ることもある。
蚊取り線香の煙が顔のあたりに立ちのぼってくることがある。
こうなると、2ヶ所、3ヶ所付けのもうもうとした煙で燻されてしまうのだ。

 

この煙がリーリング中や大事なバイトの瞬間に、もわっとくると困ってしまう。
当然、携帯用蚊取り線香を付ける場所や、風向きにもよるのだが。

 

渓流で顔に煙が立ちのぼってくると、たまにつぶやく有名な台詞がある。

 

それは、

 

「煙が目に染みるぜ。。。」

 

である。

 

そう言いながら少し目を細めて遠くを見るのがコツだ。
気持ちは、ちょっと男前になったつもりで言うのだ。

 

この台詞を言っている時は、渓流の山の中で、僕一人である。
誰にも聞かれていないから出来る荒技である。

 

でも、一度言ってみたくないですか?
けっこう気持ち良いものですよ。(馬鹿ですみません)

 

何の話をしていたっけ?

 

そうそう。
携帯蚊取り線香、虫除け熊除けに、少しは役に立ちますよ!

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す