ココヘリと遭難保険(jro)に渓流釣りや源流釣り用に入会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ココヘリ渓流釣り

 

皆さんは『ココヘリ』というというサービスをご存じでしょうか?

僕は昨年このサービスを知って、今年(2021年)の2月に入会した。

 

2月からかなり時間が経ったのだが、やっとブログが書けたのだ!

 

ココヘリ入会

 

「ココヘリって何なの?」

という方に簡単にご説明すると、

 

遭難した時に見つけて貰えるサービスなのだ。

(ココヘリHPはこちら)

 

ココヘリ渓流釣り

 

ココヘリに入会するとこのような充電式発信機が届く。

 

ココヘリ渓流釣り

 

遭難した時にはヘリがこの発信機を辿って見つけてくれるのだ。

 

ココヘリ渓流釣り

 

最大16㎞も繋がるらしい。

 

ココヘリ渓流釣り

 

僕がこのサービスに入ろうと思ったきっかけは、

  • 年々少しずつ山の奥地に行くようになった。
  • 昨年電波が圏外のところで少し危ない目にあった。
  • 今年行ってみたい場所がある。

という自分の理由が一つ。

 

二つ目は家族(嫁)に対して、

  • 僕が遭難して連絡が取れずに困った嫁が、
  • どこを探したらいいのかどこに連絡したらいいのか?
  • そういう思いをさせたくなかった。

当然、そうならないように行動するのが前提ではある。

 

今でも嫁に、どこのどの川に行くかの連絡はしている。

 

だけど特にイワナ狙いだと携帯圏外の場所になりがちだ。

 

圏外に行くと伝えていても、うちの嫁は心配症なので下記のように怒られたりする。

 

↓途中で圏外になった時のLINE。

ココヘリ渓流釣り

 

そんな嫁と僕の、

今シーズンが始まる前の2月の話だ。

 

ココヘリに入会しようか悩んでいた僕は嫁と話していた。

 

僕:「いざという時にヘリで探してくれるサービスがあるみたいなんだ」

 

嫁:「それ入ろう」

(値段も聞かずに即決)

 

僕:「遭難保険と合わせたら年に1万円近くするんだよ」

 

嫁:「必要経費として家族のお金で入会しよう」

 

僕はにぶい男なのだが、この会話で改めて思った。

 

いつも嫁に心配かけてるんだ。。。

 

自分のお金で入会するつもりだったのだが、家族のお金で払ってくれる事になった。

 

僕は渓流ルアー8年目なのに本流用ロッドは1万円以下でリールも1万円半ばである。

(ブログはこちら)

 

そんな我が家で年に1万円近くは安くはない。

 

安くは無いのだが、

  • お守り代わり。
  • 嫁の心配が少しは減る。
  • いざという時のため。

そういう色んな理由で今年は入ってみる事にした。

 

それに遭難して遺体が見つからないと失踪者扱いになるという部分も気になった。

 

ココヘリ渓流釣り

 

入会の理由が家族のためというのも頷ける。

 

ココヘリ渓流釣り

 

繰り返すが前提として、

 

「自分の体力や力量に応じた場所に行って、無理や無茶をせずに安全を担保して釣りをする!」

 

それを実践していたらこんなサービスに入る必要はないのかもしれない。

 

僕も出来る限りそうしたいと思っている。

 

だけど僕は単独釣行だし、

  • 初めての場所は何が起こるかわからないし、
  • 初めてじゃ無くても何が起こるかはわからない。
  • それに今年行きたいと思っている場所もある。

だから入会してみる事にした。

 

熊撃退スプレーのように使わずにすむに越した事はないサービスではある。

(僕は熊撃退スプレーを買ってから3年間使った事はありません)

 

ちなみにココヘリだけだとヘリは出動してくれるが、捜索にかかるお金の補償はないらしい。

 

なので山岳保険や遭難保険をネット検索したけど僕は素人である。

 

よく分からないのでjroとココヘリの一括入会で安くなるキャンペーンがあったのでそれにした。

 

ココヘリ渓流釣り

 

こんな補償内容だ。

 

ココヘリ渓流釣り

 

僕は源流釣りというレベルの場所にはまだ行った事がないと思っている。

 

渓流釣りという範囲で釣りをしていると思っている。

(この線引きは難しい)

 

だけど前述した通り、以前から行ってみたい場所があって今年はチャレンジしたいと思っていた。

 

思っていたので2月にココヘリに入会していた。

 

だけど自分の力量というかレベルを痛感した事もあって、まだ足を踏み入れていない。

 

結局、今年は行かないかもしれない。

 

単独釣行で初めての場所で源流域。

行きたいけど不安もあるのだ。

 

コロナ禍でもあるので、

  • 昨年からずっと誰とも、
  • 一緒に釣行していない。
  • 今年もそうなるだろう。

(というか元々性格的に単独釣行向き)

 

一人で釣りをするので危ない事は避けて安全第一で釣行するつもりだ。

 

だけどもしものために。

ココヘリというサービスに入ってみたというブログなのだ。

 

ココヘリでは21年8月末までご友人紹介キャンペーンをやっている。

 

ココヘリ渓流釣り

 

ココヘリにすでに加入しているご友人(お知り合い)が居れば、事前にココヘリ会員証IDを聞いておく。

 

そして下記のご友人紹介ページから入って、

 

安心の輪を広げるプロジェクト【第1弾】 | ヒトココ (hitococo.com)

 

聞いておいたご友人の会員証IDを入力すると、

 

ココヘリの入会金3,300円が無料になるらしい。

 

会員証IDを教えた方(紹介者)も、紹介した人数に応じた次年度の割引があるらしい。

 

まあ僕は単独釣行向きの性格なので紹介とかは無く入会しました。

(ぼっちとも言う)

 

繰り返すが、

  • ココヘリに入ったから安心とか、
  • ココヘリに入ったから無茶しても良いとかそんな話では無い。

このようなサービスに入ろうが入らまいが安全な釣行を心がけるべきだ。

 

だけど僕はココヘリを知った時に、

 

「こんなサービスがあるんだ!?」

 

と驚いた。

 

だから今回のブログは、

  • こんなサービスがあって、
  • 僕は入ってみました。

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

別にココヘリへの入会を勧める訳でもありません。

 

もし興味のある方はココヘリHPを参照下さい。

 

「遭難しない安全釣行に越した事はない!」とブログ応援クリックお願いします!(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           

コメント

  1. ヤング より:

    安心をお金で買うですね! 自分の釣り仲間も源流行くので入会してます^ ^ 気にはなってますが、自分はあまり深いとこまで行かないので検討中になってます…お互い気をつけて楽しみましょう♪

    1. しげる より:

      はい!おかげで心配症の嫁にかける心配も少しは抑えられたかなと。
      (発信機を見る度に使わないように気を付けて釣行するように気を引き締めるという効果もあります(^^))

      ヤングさんの釣り仲間さんも入会されているんですね!
      自分の釣行先や釣行スタイルで必要かどうかも変わりますよね(^^)

      気を付けて釣行して安全に帰ってくるのが一番ですよね(^o^)

  2. mura より:

    ほほぅ。そのようなサービスがあるとは知りませんでした。
    私も常々家族から『山に行くって言ったってどこにいるかも
    わからんし、くれぐれも気をつけろ』とシーズン中に
    数えきれないぐらい言われています。
    たしかに年間1万円は高いですが、これは入会するのが
    山に入る人のマナーかもしれませんね。
    (いや、万が一を考えれば安いと言ったほうがいいですね)
    有益な情報ありがとうざいます。

    1. しげる より:

      僕のブログで新しい事を知ったと言って頂けるのはすごく嬉しいです(*^_^*)

      muraさんもご家族から言われているんですね!
      渓流釣りは圏外の場所も多いから余計に心配かけますよね。。。

      ココヘリと遭難保険で年間1万円近くは僕も最初は二の足を踏みそうでした。

      だけど嫁の安心と何かあった時のもしも対応として入ってみました(^^)
      (それに万が一の事を考えれば確かに安いです)

      もし入会を検討されて友人紹介割引の会員証IDがあった方がよければご連絡下さいね。

      会員証IDがどれくらい個人情報なのかわからないので不特定多数の方に見て頂くブログには載せていませんが、muraさんならお伝えしますので(^^)

      こちらこそありがとうございました!

  3. きんくま より:

    遭難の危険を伴う趣味と分かった上でも否定されない奥さまの優しさというか、懐の深さに感服致します。 国宝級の奥さまいらっしゃるのですから、ボウスでも無事帰宅が絶対ですよね。私もこの楽しいブログをずっと読みたいですし♪

    追伸、昔の話ですが遊びの師と慕っていた友人が渓流で亡り凄く悲しかった経験があるので、そういう経験は誰にもして欲しくないです。面倒でもひと手間大事、安全第一な楽しんでください。(楽しいブログに暗い話申し訳ございません)
     

    1. しげる より:

      渓流釣りって携帯圏外だったりそれ以外にも色んな危険がありますよね(>_<) それでも通うのだからリスクを越える魅力があるんだと思います(^^) うちの嫁、国宝級とは嬉しいお言葉ありがとうございます(*^_^*) 国宝級かはわかりませんが僕の中では宝です。(のろけてすみません(>_<)) はい!釣果より安全第一を心がけます! 嬉しいお言葉もありがとうございます(*^_^*) 慕っていた方が渓流で亡くなる。。。 悲しいし辛いですね。。。 暗い話なんてとんでもないです。 書いて頂いた事で渓流の事故は身近に起こりえる事だと改めて認識しました。 また僕以外にも読んだ方が渓流に行かれる時に少しでも気を引き締めて釣行されれば事故に遭う確率も減ると思います。 ありがとうございました。

  4. 3110tkj より:

    これは、これはこういうサービスがあるのかと、真剣に読んでしまいました。
     神奈川も首都圏と言えども、まだまだ携帯の圏外だらけの丹沢界隈。
     気持ちはまだまだ若くとも、身体がワンテンポ鈍くなってしまったお年頃…
    充分注意はしてるつもりでも、転んだりして、ちょっとした怪我もする様になってきてしまってるので、もしも滑落やら足でも折ろうものなら遭難確実。
     そういう自覚があるなら本来なら、渓流釣り行くべきではないとは思いますが、加入すること前向きに考えたいと思います。

    1. しげる より:

      真剣に読んで下さってありがとうございます(^^)
      そう言って頂けて嬉しいです(*^_^*)

      丹沢界隈は携帯圏外が沢山ありそうですね(>_<) まだまだお元気でお若いとは思いますが渓流釣りって不意なヒヤリハットがあったりしますよね。。。 きんくまさんへの返信と同じくですが、渓流釣りにはそのリスクがあっても行きたくなる魅力があるんだと思います(^o^) もし必要でしたら会員証IDお伝えするのでご連絡下さい(^^)

  5. あざらし より:

    源流で岩魚釣って焼いて食べてみたいなことに憧れありますが私のレベルではまだまだ出来なさそうです(>_<)それにしても有料ですがこんな良いサービスあるんですね!いつかのために参考にさせていただきます(^-^)お互い怪我や遭難には気を付けましょうね!

    1. しげる より:

      わかります!源流テント泊とかも憧れます(^o^)

      僕も今の自分のレベルではまだまだ出来ませんが(^^;)

      ココヘリ、参考にして下さってありがとうございます(^^)

      はい!お互いに怪我や遭難に注意して安全に帰宅をモットーに釣りを楽しみましょう(^_^)v

  6. 花屋のいちろー より:

    数年前から入ろう×2と思いつつも未だに申し込んでない横着者です(._.)。僕なんかは絶対に入った方が良いんですけどね(^^;。しげるさんのブロクを読んで改めて調べてみようとおもいます!
    それにしても、家のお金から出してもらえるなんて本当優しい奥様ですねぇ(*^^*)

    1. しげる より:

      数年前からご存じだったんですね!
      僕は去年知りました(^^;)

      さすが源流釣り師のいちろーさん(^^)

      入るか入らないかは悩むところだと思います(>_<) 僕のブログ読んで改めて調べようと思って頂けたなんてすごく嬉しいです(*^_^*) 家のお金で払って貰えるとは僕も思っていませんでした(^^;) いつもですが、嫁に感謝です(^^)

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください