渓流ルアー釣りの上手い人の条件は決まっている (2015年5月後半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりですが、

みなさんは渓流釣りが上手な人というのは、どういう人だと思いますか?

掛けた魚を逃さないロッドワーク?

ルアーのキャスト精度が高い?

ルアーのアクションがうまい人?

いや、違います。

 

僕は断言するのだ。

渓流釣りの上手い人というのは、

 

「魚がいる場所を見つけるのが上手い人です!」

 

意味をわかってくれますか?
何を当たり前のことを言ってるんやと思いますか?

いや本当にそうなのだ。

特に、こと渓流釣りに関しては絶対に断言できる。

確かに、キャスト精度が高ければ素人が釣れない魚を釣れるかもしれない。

ルアーアクションが巧みであれば素人には釣りあげれなかった魚を釣れるかもしれない。


でも、大前提としてそこに魚がいなければどうしようもないでしょう?


当たり前じゃないかとあなたは思うかもしれない。

でも、これは僕なりに渓流釣りを約2年(たかが2年ですが)やってきて実感として思ったのだ。

渓流は海とは違うのだ。

細い川、小さい淵。

 

そんな中で、同じ淵に何十匹も魚っていますか?

 

その淵で魚が釣られたら放流と産卵以外にどうやって魚はその淵に補充されるのですか?

その淵に対して釣り人って年間何十人も来ませんか?

これは僕の魂の叫びなのだ。

2年目の素人が諸先輩たちには申し訳ないが身の程知らずに言わせてもらう。

 

魚がいるところを見つけられる人が、渓流釣りの上手い人なのだ。

 

というのも、防波堤の海釣りでもなんでもいいのだが、海は広い。
他の海と文字通り繋がっています。

でも渓流って、限られたところしか繋がっていない。

それに、いつも魚が見えるほどてんこ盛りの淵なんて僕は知らないのだ。

たしかにストック量が多い場所はある。

魚が集まりやすい場所はある。

でもその年にその場所に来る渓流魚の量って、ある程度決まっていると思いませんか?

海じゃないんですよ渓流は。

 

地球の約7割は海だ。  海は日本海も太平洋も大西洋も繋がっています。

 

いや、そんな大げさな話ではなく、海は魚のストック量が多いのです。
これは単純に、一人の釣り人としての視線で見た場合のことです。

 

でも渓流は違います。

大げさな話、僕のホームリバーであれば、餌釣りやフライ、ルアーが力を合わせればかなり壊滅的に魚の数を減らすことが出来るんじゃないかと考えている。
川の全てではなくてもポイントを区切れば確実に壊滅するだろう。

なにが言いたいかというと単純なのだ。

渓流釣りの渓流魚たちは、限りある資源なのだ。

もちろん、海の魚も限られた資源だ。

ただ、程度で考えると。 という話なのだ。

要は渓流釣りの場合、

 

もう釣り切られてしまった、まったく魚がいない場所に竿を出し続けている可能性もあるのだ。

 

ということなのだ。

前回のブログで竿抜けについて書いた。

僕はそれから、竿抜けの、プレッシャーの低い場所でとてもいい思いをしたのだ。

誰も竿を出していない(だろう)場所は、パラダイスだった。

そして当時の事を思い出しながらビールを飲んでしまい、もう3本目なのだ。

話がくどくなっていたら申し訳ありません。

その思い出は、

2015年5月17日 8:30~11:30
釣果2匹

2015年5月20日 1日休暇 6:30~9:30
竿抜けパラダイス発見 釣果8匹

 

渓流ポイント

 

 

 

2015年5月21日 出勤前釣行 6:00~8:00
Dコンタクトで25センチオーバーのアマゴを釣る。
テンションが上がり過ぎて一度家に帰る。

 

渓流ポイント

 

 

 

体高がかなりあったのだ。

 

 

渓流ポイント

 

 

 

 

スミスDコンタクト【50mm/4.5g】

スミスDコンタクト【50mm/4.5g】
価格:1,452円(税込、送料別)

 

アウトドア&スポーツ

2015年5月23日(土) 6:00~9:00
釣果2匹

2015年5月24日(日) 6:00~13:00
釣果11匹  4~5匹バラシあり。いい型もいた。

 

 

 

渓流ポイント

 

 

新しいポイント(主に竿抜け)を探しながら、僕はボーズで終わることは少なくなっていた。

自分の考えを元にした行動と、その結果に確かな手応えを感じていたのだ。

しかし、数が釣れ出すと、次は大きさを目指すのが魚釣りという病の症状の変化である。

僕は 『尺アマゴ』を 目指す様になるのだった。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 


 



           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 渓流玄人 より:

    貴方のように、大切な渓魚を持ち帰るからダメなんだよ❗

    1. しげる より:

      そうですね。
      気を付けようと思います。
      貴重なご意見ありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    リリースしましょう。

    1. しげる より:

      現在は基本はリリースで、時々家族で食べる分程度の持ち帰りにしております。
      釣った魚を美味しく頂くのも楽しみの一つではあるので(^^;)
      ご意見ありがとうございます。

コメントを残す