僕は全力で出勤前に釣りをした。(2015年3月末出勤前釣行)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2015年の3月末を僕は全力で駆け抜けた。

というのも、3月22日のホームリバー放流日から、

 

  • 3月23日出勤前釣行
  • 3月25日出勤前釣行
  • 3月30日出勤前釣行
  • 3月31日出勤前釣行

 

と、かなりの頻度で渓流ルアー釣りに行っていた。

こうして振り返ると僕は仕事していたのかと思うくらいに行っている。

 

大体、朝5時に起きて、6時前には釣り場について、8時前後までの2時間を釣るというのがパターンだった。

僕は、残業無しで定時に会社を出て、夜はビールを飲んで子供と21時までに寝るという超規則正しい生活スタイルを確立した。

 

ようは、出勤前に釣りに行くことを前提に早く寝ていただけの話である。

3月初めの厳しい釣果に満足していなかったのだ。

 

そして季節は春を前にして少しづつ暖かくなってきていた。

3月22日はホームリバーの放流日で、僕は昼までで帰ったが、珍しく餌釣りだけで、14匹ほどアマゴを釣った。

 

そして翌日の3月23日月曜日から怒涛の出勤前釣行が始まった。

3月23日は 一匹釣りあげて、一匹バラした。 ヒットルアーはスミスのニアキス だ

 

 

 

 

3月末の僕はニアキス押しだった。

3月25日にもニアキスで出勤前に二匹釣り上げた。

 

3月30日は ボーズ。 姿すら見えなかった。

3月31日は一匹だけ姿が見えたが、逃げる後ろ姿だけだった。

 

釣果は変わらずへっぽこではあったが、僕なりにお気に入りのルアーもできかけており、

出勤前に魚が釣れるのが楽しかった。

 

この頃になると、僕は完全に釣りという病にかかっており、アマゴが見える快感、アマゴがかかった時の手に伝わる振動の虜になっていた。

こんなに魚の姿がリアルに感じられる釣りは他にないんじゃないかと考えていた。

 

僕は週に一回Tさんと釣りの話をして、さらに会社の若い子で興味を持った子に釣りの話をした。

家に帰ってもルアーフィッシングの本を読んだ。

そして待ちに待った春はもうそこまで来ていたのだ。

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村




           
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください