☆ドキドキ☆ ブログが縁で、まったく初対面の人と天神川釣行したのだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




 

僕がブログを初めてから半年以上が経った。

この半年以上の間で僕が想像していたより多くの人からコメントなど頂きました。

そして、ブログから繋がった縁で連絡をして、初めて会う人と釣行をしてきたのだ!

 

お相手は仮に、Uさんと呼ぶことにする。

 

Uさんは、僕のブログに何度かコメントをくれたりしている中で、僕が鑑札を買っている鳥取天神川をホームとされていることがわかった。

そしてありがたいことに、釣行のお誘いを受けたのだ。

ちなみに僕はデジタルというかネットというか、まあわりとそういった関係に疎いほうである。

昔流行った、出会い系的なサイトとかそういったことは今までしたことがない。つまり、ネット関係で人と会ったことがないのだ。

なのでUさんから釣行のお誘いがあった時にも正直どうしようか悩んだ。

インターネットやブログなどを通じて出会うことは、他の釣りブログで時々見かける。が、いざ自分となるとちょっと緊張するというか、不安というか、小動物並みの僕の心臓はドキドキだったのである。

 

というのも、まず僕は割と人見知りである。

 

それに、釣りの腕ははっきり言ってたいしたことないのだ。がっかりされる可能性が大である。

 

しかし、お誘いにのって、初めて会う人との釣行にチャレンジをしてみた。
僕的には、清水の舞台から飛び降りたような気持ちである。

僕に沸き起こった感情は以下の通りである。

 

①どんな人が来るかな? 何歳かな?
②僕を見て、相手はどう思うかな?

 

僕は30代半ばの、もうおっさんと言っていい年齢なのだが、まるで少女のようにドキドキして緊張していたのだ。だって相手の年齢すらわからないのだ。

30代半ばのおっさんの僕ですら不安や緊張があったのだから、出会い系などで初めて会う人と待ち合わせをしている女の子の気持ちは『何をかいわんや』 である。

というか、男同士ではなく、女の子が男と会うのはさらに恐怖というか、何が起こるかわからないくらいの不安感があると思うのだが、それでも出会い系をする女の子はすごいというか無謀だと思った。

 

そして当日の日曜日、待ち合わせ場所に向かう僕は、落ち着かない気持ちだった。

 

どんな人が来るのか、僕を見てどう思うか、色々と不安や期待がごちゃまぜになった感情である。

日曜日の午前8:30 僕は待ち合わせ場所に着いた。

前日の天気予報では午前中は曇りで持つかと思っていたが、僕の日頃の行いを示すかのようにがんがんに雨が降っていた。釣りに行く気がほぼほぼ失せるくらいだった。

そしてちょっと緊張しながら待つ。

意味も無くアイフォンをいじりながら待つ。

そこで現れたのは、待ち合わせ場所に傘をさして現れたUさんは、明らかに僕より年下で細身のさわやかな感じの人だった。

最初は挨拶から、初めて会う者同士のぎこちなさが多少あり、しかも雨模様である。

なんだかんだ話しながら、とりあえず車でうろうろすることになった。

大変に失礼なことだが、僕はUさんが『変な人』でなくて安心したのである。

車に乗って貰い、走らせながら話をすると僕より若いUさんは渓流釣りに関しては僕よりベテランで、いろいろと詳しいことが分かった。

やはり同じ趣味を持つもの同士、色々と釣り談義をしながら行く予定だったポイントに向かう。

そのうちに雨が弱まってきた。

川に入る前に取った写真である。写真では青空だが、断続的に激しい雨が降っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに僕は初めての人との釣行で緊張して、写真をまったく撮っていなかった。

釣り始める前のこの写真しか残っていないのだ。

 

深い山のなかを進む。

源流と言っていいような川幅である。

 

そしてUさんは僕に花を持たせてくれようと、良さそうなポイントをことごとく僕に譲ってくれるのだ。

まるで接待ゴルフならぬ、接待渓流という勢いである。

 

渓流ルアーは1投目が1番重要なので、それをことごとく譲ってくれたUさんの懐の深さ、器がおちょこの裏くらいの僕にはとても新鮮でした。

この源流的な所では、数センチのアマゴが数匹と、15センチ強が2匹釣れた。
全てリリースである。

ただ、15センチ強のアマゴはサイズのわりにはいい引きを見せてくれた。

ちなみに初めて行く場所で弱気な僕が投げていたルアーはエース、AR-Sスピナーである。

AR-Sスピナーは数センチの小さなアマゴも釣り上げてしまうのだ。。。

 

その後、昼食をとりに町に戻り、ご飯を食べてからニジマスがいるというポイントを案内してもらった。

最初のポイントに向かう車の中で、ニジマスが釣れるという話を聞いていた。

天神川でニジマスが釣れるとは知らなかった。。。

僕は管理釣り場以外でニジマスを釣ったことがなくて、野性化したようなニジマスのファイトに憧れがあるのだ。

なので連れて行ってもらった。

そのポイントでは追ってきたり、あたるだけあたってのらなかったりしたのが合計3回ほどあった。

正確なサイズはわかないが、明らかに20cmは超えており、尺あってもおかしくなさそうなサイズだった。

なのでニジマスか、デカイヤマメ(アマゴ)の可能性が高い。

このポイントでもUさんはいいポイントを僕に譲ってくれる。

しかし僕の腕の未熟さであたるがのらず。追ってくるがかけれず。。。

そんな僕に、Uさんは何度も『ブログのネタになるような魚が釣れず申し訳ない』と言ってくれた。。。

 

いえいえ、僕の腕のせいです!

 

だって魚はいたのだ。あたったし、追って来たし。かけれなかったのは完全に僕のせいなのだった。

 

なんか、『接待ゴルフをしているのだが、接待される側があまりに下手なので勝ってしまった』 的な感じだった。

 

僕は基本的にはずっと一人で渓流ルアー釣りをしている。

なのであまり渓流ルアー談義などをしたことがない。
(会社には僕に渓流ルアーを教えてくれたTさん、年齢50代半ば、が1人はいるが)

 

そんな僕にとって他の釣り人と一緒に釣り歩くのは何かと参考になった。

Uさんの釣れると信じているルアーのカラーも新鮮だった。それに渓流ルアーをしている者同士でルアーケースを開けてルアーについて語るのも新鮮だった。

まあ結論的には、いい経験だったのだ。

あまりないくらいの天候の変化で、急に激しい雨が降りだしたり、まあ色々とあったが楽しかったのである。

やはり同じ趣味を持つ者同士、色々と語ることは沢山あった。

僕の初めてのニジマスは次回以降に持ち越すとして、ご案内頂いてありがとうございました。

なんだかんだと楽しかったです。

また行きましょう☆

 

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村





 



           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. サバオ より:

    ネットでの出逢いもいいものですよね。
    昔、ヤフーチャットというものがありまして、私もそれで遊んでました。
    その時のオフ会で知り合った友人が6名いるのですが、それ以来今もよく遊ぶ大切な友人です。かれこれ13年の付き合いになります。
    ネットを介しての姿、形のわからない出逢いと釣りでのお魚との出逢いのドキドキは似てるものがあるかもしれませんね。

  2. しげる より:

    サバオさん
    今回初めてでしたが、ネットで知り会うのもいいなと思いました。
    13年の付き合いとは、貴重な出会いだったんですね☆
    確かに何が釣れているかわからないときのドキドキ感に似ているかもしれません。
    まあ、同じ趣味の人とは話すのは楽しいですね(*^_^*)

  3. 魚太郎 より:

    こんにちは(^ ^)
    こちらこそ
    ありがとうございました!
    変な人に思われなくて
    よかったです(´Д` )笑
    次はポイント選定を
    しっかりしますんで…笑
    またお相手お願いしま–す♪(´ε` )

  4. 魚太郎 より:

    魚太郎さん
    爽やかイケメン風でしたよ^_^
    今回のポイントも良かったですよ!
    またよろしくお願いします⭐️

コメントを残す