初めての渓流ハンドメイドルアーその13 完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

少し遠ざかっていた不器用がハンドメイドルアーを作ったらシリーズ、その13である。

ルアーの製作は完成しているのだ。

 

ただ、でかいのだ。

参考にした本の完成品との写真である。

 

 

明らかに一回り以上でかい気がする。。。

 

でも、完成品のモデルは、52mm。

僕が作った力士のようなルアーは55mm

 

3mmの差なのである。

気になったので他のルアーと比べてみた。

 

並べたのはスペアヘッドリュウキ45mm、  Dコンタクト50mm、 シュガーミノー40mmだ。

 

 

もう大体わかった。





次の写真が確証になった。

 

 

めっちゃデブいのだ!

 

全長についてはDコンタクトと5mmの違いだ。

まあ50mmと55mmも差はあるが、それよりも横幅というか太さである。2倍じゃきかないくらい太い。

 

比べるのがDコンタクトではなく、僕が参考にした本のスペックで重さも書くと、

完成品 52mm 5g  (フック込みかどうかわからない)

 

僕が作ったルアー、 55mm 8g  (フック込み)

まあ、フックはシングルだし、1gもいかないだろう。

 

やっぱりデブい。

削りが甘かったのか。。。

 

本の悲しい所で太さまではあまりリアルにわからなかった。

というか、本はいい本なのだ。

 

初めてのルアー不器用がチャレンジした結果なのだ。

パッと見た感じ、形の作り方、削りが足りなかったのだと思う。

 

腹部や背中になるところは中心より細くなるし、中心からか、少し手前から細くなっていくが、それが削り切れていない感じがする。

ルアーが全体的に四角いというか、アールになるはずの端がかくかくしている。

 

アマゴは自分の体の3分の1は喰ってくるというけど、こんなんで喰ってくれるのかな。。。

高校生以来だが、ルアーがでかいのでブラックバスでも釣ってみるか。。。

 

まあ、嘆いていても仕方がないので、後は動きをチェックするスイムテストをしてみよう。

ちゃんと泳いでくれるだろうか。

 

ちゃんと泳げば、次が不器用ルアーシリーズ最終回の予定だ!

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村




           
   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください