初めての渓流ハンドメイドルアーその7 リップ製作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016年渓流解禁がもう明日である。

ルアーを作っていても、なんかもう、気持ちはそぞろである。

僕の住んでいる岡山では3月1日解禁がほとんど。3月半ば解禁が一部である。

解禁日はごったがえすのであまり乗り気ではなかったけど、日が近づくとやっぱり行く気になるのである。

初めての不器用ハンドメイドルアーはドブ漬けを繰り返す段階になっていて、その待ち時間にリップとアルミテープを作った。

といっても、リップもアルミテープもテンプレートを元になぞって作るのだ。

まずはリップ。 本からテンプレートを作ってサーキットボードに写す。

リップの大きさによってルアーの動きが変わるらしいので大と小を2個ずつ作る。

 

渓流用ハンドメイドルアー

 

 

 

ハサミや爪切りで切り取ったら、やすりで削って形を整える。

 




 

いびつながら大と小が2個ずつ出来た。

 

 

渓流用ハンドメイドルアー

 

 

次もテンプレートを作ってアルミテープにマジックでなぞっていく。

 

 

渓流用ハンドメイドルアー

 

 

渓流用ハンドメイドルアー

 

 

 

 

顔とルアー本体を作る。

文章で書くとすぐだが、こういう細々した作業にも時間がかかる。

でも、ドブ漬けしている間は自由時間なので、合間合間に出来るのだ。

それにしても、ハンドメイドルアー作りを商売にしている人は釣りに行けないのではないか思うくらい、やることがあるのだ。

早く解禁日になることを願って発泡酒を飲んで寝るのであった。。。。

 

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村




           
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す