渓流釣りのはしごで朝の渓と昼の渓で季節が違い過ぎて戸惑った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流釣り季節

 

距離は近くても、それぞれの渓流によって季節の進み方は違う。

 

その事を体感した釣行だったのだ。

 

朝は通いなれた渓

 

先週の週末の釣行日の事だ。

  • とにかくイワナを釣りたい!
  • 数も型も釣りたい!

と思って釣行先を選んだ。

 

というのも、

  • 4月になったし、
  • もう少し暖かくなったら、
  • 昨年から目星を付けていた新規開拓の渓流にも行ってみたい。

 

だけど新規開拓に行くとボウズになる可能性もある。

 

その前に満足するくらいイワナを釣っておきたかったのだ。

 

ということで実績のある渓流に向かった。

 

しかし入渓して釣り上がって驚いた。

 

もう4月でこの日も暖かいのに、この渓はすごく寒い!

 

僕の体感では今年1番レベルの寒さや指先の冷えだった。

 

水温も4度と今年1番レベルで低かった。

 

↓4月で暖かい天気が続いていたのに。

渓流釣り季節

 

増水はしてないし濁ってもないが、

  • 雪溶けの冷たい水が流れているのか、
  • 水温が低くて体感温度も寒い。
  • そのせいかイワナの反応もまったく無かった。

 

「釣り人の足跡かも?」というようなものもあったので、数日内に先行者も居たのかもしれない。

 

にしても寒いし、春の渓ではなく冬の渓流のようなのだ。

 

3時間くらい釣り上がるがずっと反応はない。

 

満足するくらいイワナを釣りたくてここに来たのに。。。

 

心が折れそうになったので早めに嫁弁当のおにぎりを1個食べた。

 

ドラクエ4のトルネコのネネのお弁当ではないが、今シーズンは嫁がおにぎりなどを握ってくれている。

 

僕のリクエストで、おにぎり、ウインナー、バナナという行動のための栄養補給しか考えていない組み合わせだ。

 

渓流釣り季節

 

嫁弁当のおにぎりを食べてからは主要なポイントだけを狙って足早に釣り上がった。

 

しかし反応なし。。。

 

結局、お昼前に退渓した。

 

イワナが釣りたくて通い慣れた場所に来たのにボウズ。。。

 

悔しい僕は移動する事にした。

 

昨年のオフシーズンに調べていた4つほどの新規渓流の中の1つに向かったのだ。

 

昼は新規開拓の渓流!

 

到着したのは小さな渓流だが、イワナが居そうだと睨んでいたのだ。

 

本当はもう少し季節が進んでから来ようと思っていた場所だ。

 

というのも朝の渓流からあまり離れていないのだ。

 

なので寒さを覚悟して入渓した。

 

だけど釣り上がってしばらくして驚いた。

 

この渓流は暖かいのだ!

 

いや途中からは暑いとすら思った!

 

この日の僕の服装は、

  • すごく暖かいジャケットと、
  • 中にもう1枚と肌着にユニクロのヒートテック。
  • という3枚だった。

朝の渓流ではそれでも寒かったのだ。

 

だけど昼からの渓流で釣り上がった僕は、ユニクロのヒートテック1枚になった。

 

それでも暑くてヒートテックを着てきた事を後悔するくらいだった。

(ウェーダーではなくゲータースタイルにもなりたかった)

 

朝の渓流は寒くて冬のように感じて、

  • 昼からの渓流は春の陽気で暑い。
  • 2つの渓流の距離は近くて、
  • 高度は少しは違うが、すごく違うという訳でも無いのに。

 

ちょっと移動しただけで、

 

渓流の季節ってこんなに違うのか!?

 

昼からの渓流では虫も多く目にした。

 

水温も9度~10度あった。

(朝の渓流の倍以上ある!)

 

↓朝の渓流は4度だったのに。

渓流釣り季節

 

同じ日の近い場所の渓流でも季節が違うと感じたのは、

  • その渓流の日当たりや、
  • 木々の茂り具合や、
  • 北向きか南向きかなどなど。

色んな諸条件が合わさっているからだと思う。

 

もしかしたら渓流釣りを熟知している人は、

  • このような季節が早い渓流や遅い渓流を知っていて、
  • 冬には季節の早い(暖かい)渓流に行き、しっかり雪解けして暖かくなったら遅い(寒い)渓流に行くとか、
  • 釣り分けをしているのかな?

 

凄腕の渓流釣り師は渓流毎の季節の進み方の違いを知っていて、それを元に釣行する時期を見極めているのかも!?

 

そんな事を考えるくらい、この日の朝と昼の渓流の季節は違っていたのだ。

 

で、新規開拓でイワナは居たのか?

 

気持ち良いくらい居てくれたのだ!

 

新規開拓でいかつい顔のイワナ!

 

小さな渓流で新規開拓、イワナが居るかもわからないが釣り上がる。

 

この日の朝はボウズだった僕にはもう怖いものはないのだ。

 

しかし結論はすぐに出た。

 

イワナは居てくれたのだ!

 

しかもスレてない気持ち良い反応で!

 

水温も高いからか反応も俊敏だった。

 

まずは入渓してしばらく釣り上がると黒い影が見えた。

 

一度釣り損じたが、プレッシャーがかかってないからか2度目で喰ってくれた!

 

20cmに満たないが、初めての渓流での嬉しい一匹だ!

 

渓流釣り季節

 

釣り上がると、良さそうなポイントでは必ずイワナの反応があった。

 

間違いなく直近で釣り人は入っていない。

 

サイズは小さいがスレていない反応が楽しい!

 

イワナのほっぺあたりの紫がかった色がはっきりしているの、好きです。

(不器用ルアーの紅ほっぺみたいで嬉しいのもある)

 

↓ヒレの上あたり。

渓流釣り季節

 

ぽんぽんと釣れてくれるがサイズは出ない。

 

渓流釣り季節

 

「小さな渓流だしサイズは仕方ないかな?」

 

と思いながら釣り上がるといかにもな大場所を発見!

(普通の渓流だと小場所だけどこの渓流では大場所)

 

縁(えにし)を投げる!

 

グンッと強い手応えが!

 

釣れてくれたのは、

 

ちょうど30cmのいかつい顔をした太いイワナだった!

 

渓流釣り季節

 

いかつい顔のアップ!

 

渓流釣り季節

 

いかつい顔の良い岩魚だが、30cmジャストなので尺イワナではない。

(尺は30.3cmなので確実に30.5cm以上かまたは31cmから尺としている)

 

だけどこの小さな渓流で、良い顔で良い太さのこんなイワナが居てくれた事が嬉しい。

 

おでこに個性的な痣(あざ)というかぽっちりがあったので動画に撮った。

 

またこの場所に来て尺になったこのイワナに会いたいと思ったからぽっちりも記録に残しておく。

 

イワナはリリース動画が上手く撮れない。。。

(いかつい顔を撮ろうとしたらぬるっと脱出された)

 

 

リリースしてから釣り上がるが、イワナの反応はずっと良いままだ。

 

この斑点の色が綺麗なイワナは、

 

渓流釣り季節

 

少し赤クチビルだった。

 

渓流釣り季節

 

こんなイワナや、

 

渓流釣り季節

 

こんなイワナなど。

 

渓流釣り季節

 

イワナの色合いや個性が嬉しい。

 

渓流釣り季節

 

縁(えにし)の脹雀(フクラスズメ)カラーでかなり釣ったので、途中でカラーチェンジもした。

 

↓僕が使っているのはリップ付け直し分などです。

渓流釣り季節

 

ピンク甘子(アマゴ)も活躍!

 

渓流釣り季節

 

似たような構図の写真だけど違うイワナ。

 

渓流釣り季節

 

傷だらけの尺イワナ!

 

新規の渓流を釣り上がって思ったのだが、

  • 今の季節でも遡行がしんどい。
  • もっと草木が茂ったら、
  • 遡行出来ないレベルかも。

というような渓流だったのだ。

(だから竿抜けだったのかも)

 

この日は結局、20匹くらいは釣った気がする。

途中からは数えてなくて写真も撮ってない。

 

だけどこの日1番気になったイワナの写真は何枚も撮った。

 

そのイワナはこの小渓流の中では大場所と言える場所にいた。

 

いかにもという場所なので期待しながらゆっくり静かに近づいてサイドから投げる。

 

縁(えにし)を流すとグンっと強い手応え!

 

と言っても狭い場所だしドラグを締めたベイトの巻き力ですぐにネットイン!

 

釣れたのは33cmの尺イワナだ!

 

↓今シーズン3匹目の尺イワナ!

渓流釣り季節

 

ぱっと見た感じでは、

 

「途中で釣れた30㎝イワナの方が大きいかも?」

 

と思ったが体長はこのイワナの方があった。

 

この33cm尺イワナの体は傷だらけだった。

 

↓背ビレや背中や側面の傷

渓流釣り季節

 

ヒレも欠けている。

 

渓流釣り季節

 

この小さな渓流で尺イワナになるまで生き抜く。

 

それは僕が想像しているよりもはるかに過酷な事なのだと思った。

 

この傷だらけの尺イワナを、

  • 針にかけて釣った申し訳なさと、
  • 出会えた嬉しさ。

2つの感情が入り混じっていた。

 

釣り人のエゴかもしれないけれど、僕は出会えて嬉しかった。

 

そしてまた会いたいとも思った。

 

ぽっちりのあった30cmイワナと、傷だらけの33cm尺イワナ。

 

この渓流にまた足を運ぶには十分な理由なのだ。

 

リリース動画では傷だらけの尺イワナもぬるっと抜けだして行った。

(上手なリリース動画が撮れない。。。)

 

 

この日の新規開拓は大成功で、僕は意気揚々と家に向かって車を走らせた。

 

新規開拓は時々こういう事があるからやめられないのだ。

 

だけど新規開拓は上手く行く確率の方がかなり低い。

 

先週末は今シーズン初の土曜と日曜の両方釣行をさせて貰った僕。

 

調子に乗って連投で新規開拓をしたのだがその結果はいかに、、、

 

現在製作中の縁(えにし)の渓流スイムテストと一緒に次回ブログで書く予定です!

 

(使用タックル)

ロッド:ファインテールFSX-B382UL

リール:17カルカッタコンクエストBFS(左)

ライン:アーマードF+PRO 0.6号

リーダー:バリバス トラウト ショックリーダー 30m 1.5号

ルアー:不器用ルアー縁(えにし)

 

「新規開拓って初めての渓流を釣り上がるだけでもう楽しいよね!」とブログ応援クリックお願いします!(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

↓僕のライン

           

コメント

  1. くんじー より:

    しげるさんお疲れさまです!
    爆釣おめでとうございます!
    いかつい顔のカッコ良いイワナ!
    紅ほっぺのイワナ!
    赤クチビルのイワナ!
    本当に色んな個性のイワナがいて楽しい釣果ですね(*^_^*)
    しかも毎度の尺イワナとは驚きです(°▽°)
     しげるさんと次元は違いますが僕も「新規開拓」楽しんでます。
    新規開拓と言うか、去年見つけた小渓流で、上流に落差5~6メートルの滝が有り、これまでは「魚止めの滝で上に魚は居ないだろう」と引き返していましたが、先週末ちょっと滝の上を探検してみたところイワナが居てびっくり、パラダイスと言えるほどの大物は出ませんでしたが、スレてない反応でとても楽しかったです!
    滝の上のイワナはどこから来たのか?昔誰かが放流したのか?そんな事を想像するのも楽しいです(^。^)

    1. しげる より:

      ありがとうございます(*^_^*)

      初めての渓流の釣り上がりとイワナの個性、どちらもすごく楽しいです(*^_^*)

      今回の尺イワナはたまたま運が良かったです(^^)

      新規開拓、楽しいですよね!

      くんじーさんの滝の上の探検、「魚止めの滝で上に魚は居ないだろう」という思い込みというか固定概念でやめずに足を運ばれた事が素敵です!

      滝の上に行かれた結果、イワナが居ても居なくても、ご自身で確認に行かれたという行動に拍手です!(^^)!
      (偉そうにすみません)

      僕もそんな事の繰り返しで空振り(ボウズ)もありつつ少しずつ地図を広げています(^^)

      スレていないイワナの反応、癒されますし楽しいですよね(^O^)

      色んな過程や歴史を想像するのも楽しいですよね(^^)

  2. あざらし より:

    相変わらず絶好調じゃないですか!ちょうど30センチを尺と言わないなんて紳士ですね(^^)私なら「尺」とどや顔で言ってしまいそうです(笑)この前近くの渓流の下見に行ったのですが雪代で増水しておりしばらく難しいかなって感じでした(^^;しげるさんや縁を購入された方々の釣果報告をみると俺も!という気持ちになってしまいますがもう少し我慢して増水治まるのを待ちますね!

    1. しげる より:

      今回は新規の渓流が良い感じで運が良かったです(#^^#)

      尺は30.3cmからですから(^^)
      でも30cmあれば尺と言いたくなってしまう気持ちは僕にもあります(^_^;)

      あざらしさんのところの雪代って凄そうですね(>_<) 早く釣りに行きたいお気持ちはわかります! が、渓流は逃げないのでタイミングを待ちましょう(^O^)

コメントを残す