渓流釣りで新しい川の遊漁券を買うという事は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渓流釣り遊漁券

 

渓流釣りの解禁まであと数日だ。

この時期、すごく気持ちがじれるのだ。

 

特に今年は数年ぶりに3月1日の日中に釣りが出来るのだ!

 

というのも僕の会社(工場)は、

  • 2月末決算で、
  • 3月1日は棚卸しなので、
  • 日曜日以外は勤務日になり、
  • さすがに休めない。

なので解禁日に釣りをしようと思うと、出勤前釣行するしかないのだ。

 

だけど3月1日はまだ明るくなるのが遅いし寒い。

出勤前釣行だと行ける場所が限られるし、1時間少ししか釣りが出来なかったりする。

 

毎年毎年、解禁日に渓流を満喫されている方を指をくわえて見ていた。

 

だけど今年の3月1日は日曜日なのだ!

 

カレンダーの巡り合わせで、

数年に1度だけ解禁日の日中に釣りが出来る日なのだ!

 

解禁日の日中に釣りをした事は1回しかないので、どれだけ釣り人が沢山いるか分からない。

 

釣り場が他の人と被りたくはないし、どこに行こうか悩み中なのだ。

 

新しい鑑札(遊漁券)

 

今年は新しい川の鑑札(遊漁券)も買った。

それもワクワクしている。

 

これまでまったく釣りをした事がない川。

僕にとっては未知の川だ。

 

当然だが日本全国どこの川にも、

  • 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  • と書いて『釣り人』はいる。

 

僕にとってはまっさらな川でも、

  • 地元の釣り人さんや、
  • 通われている釣り人さんがいて、
  • さんざん叩いている、
  • 激戦区かもしれない。

そういう現実的な考えは僕にだって出来る。

 

嫁に、

  • 愛情表現が小学生男子レベル、
  • 精神年齢は14歳(中二病)の、
  • 38歳児と呼ばれているが、

そんな僕だってそれくらいの現実的な考えは出来る。

 

それでも、それでも声を大にして言いたい。

 

新しい川の鑑札を買うと、楽しみで仕方がないのだ!

 

まず地図やグーグルマップを見るのが楽しい。

地図を見てどこに渓魚が居そうかを想像する。

 

良さそうな場所をグーグルマップで見てみる。

  • この堰堤はどうやって攻めようか?
  • このポイントへはどこから降りられるかな?

そんな事を考えながら川を見ていると、涎(よだれ)が出そうになる。

 

地図やグーグルマップを見れば、

  • 川がどこにあるかは分かる。
  • 堰堤の場所や、
  • その他ポイントらしきところも分かる。

だけどそれはまだ、あくまでただの地図だ。

 

どの場所に渓魚がいるのかは分からない。

喜び勇んで釣りに行った場所で、渓魚がまったく釣れないかもしれない。

 

だけど、だからこそ楽しいのだ。

 

そんな僕の気持ちを代弁しているような漫画の場面があるのでご紹介する。

  • ハンターハンターの、
  • グリードアイランド編の、
  • ゴンとキルアの会話なのだ。

簡単に言うと、

 

初めて冒険に来た島の地図を買う時に、

  • 最初から色んな情報が書き込まれている地図か、
  • 最初は真っ白で自分が足を運んだ場所が反映される地図か。

そのどちらを買うかの話だ。

 

ハンターハンター14巻P105~106より引用。

渓流釣り遊漁券

 

ゴンは、

  • 最初は真っ白を地図を選んだ。

僕だってそうすると思う。

 

渓流釣り遊漁券

 

ゴンが買った島の地図は、下記の通り真っ白だった。

 

渓流釣り遊漁券

 

これは僕の新しい川の地図と同じ状態なのだ!

 

どこに渓魚がいるのか、どこが釣れるのかまったく分かっていない真っ白な地図だ。

 

新しい川の真っ白な地図を埋めていくのは自分なのだ!

 

渓魚の居場所が分からないから、余計に楽しいのだ。

 

色んな事を想像して、自分で渓魚の居る場所を探す。

自分で考えて自分の足で歩く。

 

時には坊主で終わったりしながら、渓魚の居る場所を探し当てる。

 

それこそが、渓流釣りの大きな楽しみの1つなのだ!

 

誰かに教えて貰った『釣れる場所』で釣った1匹より、

自分が坊主をくらったり色んな過程で辿り着いた1匹。

 

その1匹の価値は違うのだ!

 

その1匹に辿り着くまでの全ての過程をひっくるめて『渓流釣り』なのだ。

 

僕はそう思っている。

 

それに新しい、行った事がない場所に行くのってワクワクする。

 

GLAY(グレイ)というバンドの歌でこんな歌詞があった。

ここではない どこかへと 胸を焦がすよ

 

これは人類の根源的な欲求ではないだろうか?

 

かつて、

『ここではない どこかへ 胸を焦がした』

方々のおかげで、世界は広がり新しい大陸が発見された。

 

そして僕が渓流釣りの釣り上がりが好きなのも、岩や堰堤を越えると新しい景色が広がるからだ。

 

なんだか急に、新しい世界が開けた気になるのだ。

(なのでどんどん釣り上がって切り上げ時が分からなくなる)

 

新しい鑑札を買う、

それは新しい世界を、自分だけの真っ白な地図を手に入れるという事なのだ。

 

一方で忘れてはいけないのが、自分のホームリバーだ。

 

童話の『青い鳥』では、さんざん探した幸せの青い鳥はすぐ近くにいた。

 

隣の芝は青く見えるので、

 

「どこか違う川に行けば素敵な渓魚が釣れるかも?」

 

などと考えて色んな川に行ったとする。

 

色んな川に足を運んだその結果、

ホームリバーの意外な近場で、幸せの青い渓魚(大物)を発見するかもしれない。

 

シェイクスピアの『ハムレット』の台詞ではないが、

 

「ホームに行くか新しい川に行くか、それが問題だ」

 

で結局、今回何が言いたかったのか?

  • 僕は新しい川の鑑札を買って、
  • ワクワクしている。
  • だけどホームも楽しみだ。
  • 早く解禁しないかな。

 

うん。

4行で終わる内容だった!

 

いや、まだ言いたいことがあった!

 

新しい釣り場の新規開拓が多くなるから、坊主で終わることがあっても、

 

許してちょんまげ!

(昭和丸出しの台詞だな。。。)

 

解禁前に言い訳を長々と書いている。

男らしくない男の見本である。

 

長々と失礼致しました。

皆さん今年も怪我なく渓流釣りを楽しみましょう。

 

「言い訳が早い!でも新しい場所が楽しみなのはわかる!」とブログ応援クリックお願いします(^O^)/↓
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

           

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター あざらし より:

    川ごとに遊漁券が必要なのは厳しいですね(;_;)少し調べたらシーズンで買うとお得ですけどなかなかの出費で1日のみだと高くついてしまう(^^;どちらで買うか悩みますね。新しい川で素敵なお魚釣れることお祈りします!GLAYといいHUNTER×HUNTERといい、しげるさんとは世代が同じなのでネタが刺さります(笑)もしも念が使えたら・・・ゴレイヌの能力がいいです(笑)

    1. しげる しげる より:

      あざらしさん
      北海道には鑑札がないようなお話を時々お聞きしますが、本土の遊漁券は県や漁協によって細かく分かれていたりもするのでけっこうな出品になります(>_<) 僕は昨年からいくつか購入しているのでお財布直撃です。。。が、必要経費と思うようにしています(^_^;) それに僕の住んでいる辺りでは1日券を2回か3回買うなら年券の方が安いです(>_<) ありがとうございます。新しい川はコツコツ頑張ります(^^) GLAYやHUNTER×HUNTER、分かって頂いてありがとうございます(#^^#) ゴレイヌの能力良いですよね!ドッジボールの時、大活躍でした(^^) じゃあ僕はネテロ会長の千手観音で!(^^)!

  2. アバター しげ より:

    しげるさん! ご無沙汰のご無沙汰ですーーー! いよいよですねー(^^)/ ちょっと僕は世代じゃないんでーーーネタはよくわかりませんがーー気持ちはよく伝わりましたよーー(笑) 僕はホームの年券を買っただけで準備が全然ですー(-_-メ) なんか仕事が思った以上にバタバタでーー(゚Д゚;)! でも解禁は解禁です!お互い今シーズンも怪我なく渓流を満喫しましょうーー!

    1. しげる しげる より:

      しげさん
      ご無沙汰のご無沙汰です!(^^)!
      いよいよ解禁ですね!

      ネタ元が分からなくても気持ちが分かって頂けて嬉しいです(^O^)

      ホームの年券買われていたら半分以上の準備は完了ですよ(^^)
      あとはバタバタっとタックル準備しましょう(^O^)

      ですがお仕事お忙しいんですね(>_<) ご無理なされないように! 今年もお互いに怪我なく渓流を楽しみましょう(*^^)v

  3. アバター ツージー より:

    待ちに待った解禁ですが、私は仕事なんで朝少しだけですねー。しかも、通勤途中のまず釣れない本流です。 しげるさん、私の分まで釣ってください(笑)
    ニジマスポイントの鑑札は買われましたか?しげるさんに会ってみたいなと思っております。
    それでは、良い釣りを~

    1. しげる しげる より:

      ツージーさん
      解禁お仕事なんですね(>_<) 了解しました!2人分釣ります!(希望的観測)(^O^) それが今年は新しい川を攻めたりホームも攻めたりするので行くか、どれくらい行くかまだ分かりません(>_<) 嬉しいお言葉ありがとうございます(#^^#) 解禁楽しんできます(*^^)v

  4. アバター 花屋のいちろー より:

    今頃は既に川に立っていらっしゃるのかなぁ?(*´ω`*)。良い釣りが出来る事を祈ってます!

    また、いい漫画の例えばを出してきますねぇ♪。
    本当、その通りだと思います(^^)d。その川の地図を自分で少しずつ書きたしていく。あの滝壺でいいの釣ったなぁとか、あそこでは転けて…とかね(笑)。楽しみですねぇd=(^o^)=b

    1. しげる しげる より:

      花屋のいちろーさん
      ふふふふ。。。行ってきましたよ!ブログも書きました(^^)

      漫画の例え、褒めて頂いてありがとうございます(#^^#)
      それに真っ白な地図に書き込む楽しさも分かって頂けて嬉しいです(^^)

      そうそう!コケた思い出なども大切な思い出ですね!(^^)!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください