渓流ルアー釣りに行けてないから目の錯覚が起こる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

今日は病院受診の日だった。

僕の左足首にヒビが入って3週間と2日ほど経った。

つまり、その間は渓流ルアー釣りに行けていないのである。

シーズン中にこれほど釣りに行かないのはまずありえない。

僕は田舎の僻地に住んでいて、川が近いので会社に行く前に釣りに行く『出勤前釣行』というスタイルを取っているからである。

なので週に2~3日行くのもざらである。時間は1時間半から2時間と短いが、回数は多いのである。

そんな僕が3週間以上も釣りに行かないと何が起こるのか。

それは先日、家のソファーにおいてあった本のタイトルがふと目に入った時に起こった。

本のタイトルが、『ミノーイング』って書いてある気がしたのだ。

ミノーイング? そんなタイトルの本を買ったり借りたことあったっけ?

そう思ってもう一度よく本のタイトルを見た。

 

ミノーイング

 

 

ミノーイングじゃ無くて、ミシンソーイングやん!

嫁が図書館で借りている本だった。

もう駄目だ。禁断症状出てきた。

アル中の人が酒やめた時みたいになってるよ。。。

 

そんな中、病院受診してきたのだ。

 

先週医師から言われたことは1週間ごとのステップである。

  1. 来週3分の1のリハビリ(体重を三分の一かける)
  2. 再来週3分の1のリハビリ
  3. 最後に3分の3のリハビリで歩けるようになる。

である。

先週は5月22日の5月4週目だったので、

イメージ的には3週間後の6月12日の週、6月半ばには歩けるようになるという予想だった。

 

そして今日、レントゲンを撮って、初めてのリハビリである。

左足にかけていい体重、20㎏を体重計に足を載せて計る。

感想は、『これっぽっち?』 である。

ちなみにリハビリ担当の若い男性理学療法士さんに、

「ここ2日くらい、松葉杖なしで足を左足に体重かけないようにして数歩歩いてみたんですが」

というと、体の前で両手をクロスさせて✕を作って「ダメです!」と言われてしまった。

僕はXジャパンを思い出した。

 

その後、医師の診察。

レントゲンを僕も見る。まだばっちりヒビが見える。

医師に、「まだ写真にヒビが入ってますね。3週間経ちましたが」というと、「まあ中々すぐには治りません」との返答。

そして医師からの話は、

  1. 今週と来週3分の1のリハビリ
  2. その次の2週間3分の2のリハビリ
  3. なので6月最終週くらいに歩けるようになるかな

 

2週間ごとのステップ!? あれ、1週間交代じゃなかったのか?

なんなら来週からでも釣りに行ってやろうか、というくらいのことを考えていたのでひどくショックを受けた。

「2週間後に来て下さい」と医師に言われて病室を出て、会計に移動して待ちながら鬱々としていた。

前の予想では6月半ばには歩ける=(イコール)釣りに行けるだった。

それが今日の話では6月の最終週になる。。。

ということは、治るまで約1ヶ月半近くから、2ヶ月近くになるのだ。

その間、釣りに行けないことを意味する。。。




 

会計が終わった後、僕は出口ではなく整形外科の診察室の前にいた。

次の診察の人を呼ぶために、顔を出した看護師さんに声をかける。

「さきほど、診察して頂いた〇〇ですが、先生にお聞きしたいことがあってきました」

いぶかしげな顔をする看護師さんが、とりあえず内容を聞いてくれた後、こう言った。

「リハビリの期間は、先生がレントゲンの治り具合を見て言われてると思うのですが、一応伝えます」

そして病室に呼ばれる。

あながち嘘ではないのだが、「会社に治療状況を連絡する必要もあるので確認に来ました」などと医師に伝えた。

医師は開口一番、笑顔でこう言った。

「いや勘違いしておりました。手術とかした方は2週間毎のリハビリですが、〇〇さんの場合は最初に言っていた1週間毎でやってみましょう」

 

勘違い!? おいおい、こっちは釣りに行けなくて目の錯覚まで起こしてんだよ!

 

医師はその後、痛みが出たり状況によっては期間を帰るかもしれませんが。というようなことを言われていた。

結果として、2週間後の受診ではなく、来週の受診という運びになった。

 

僕は、医師から釣りの権利を勝ち取ったような気になった。

 

当然、僕が勝手に骨折して医師は何も悪くないのだが、釣りが出来ない期間が長くなった時のショックといったら。。。

ただ、本当にそのリハビリの期間で、足がちゃんと治らなければ意味はないのだ。

このブログを見て頂いている皆さん。健康で釣りに行けている。

当たり前に思うけど、素晴らしいことです。

どうかお身体には気を付けて、釣行のルートも日常も、無茶のないようにして下さいね。

僕は自分に、「あと少し、あと少し」と言い聞かせております。
ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへにほんブログ村
渓流釣りランキング
GyoNetBlog ランキングバナー

 


 
 



           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. sun より:

    実は私も右足甲の靭帯をやってしまいまして、2週間ほど渓流に行けていませんでした。
    立ち仕事なもので治りも遅く、毎日悶々としています。
    車の運転はできるので、2時間かけて海まで行って、車の側からロッドを振って自分を慰める日々。

    昨日はダメならすぐに帰る気持ちで渓流に行きました。
    歩けないことはない、程度には回復している事を確認。
    でもやはり悪化すると困るので、今夜も海へ一人、モヤモヤを晴らしに行きます…

    港の船溜り、トラウトロッドで目標物へ向けてルアーを投げるのも楽しいですよ。
    三陸だと小メバルや小クロソイが釣れます、トラウトロッドだと小型でも楽しめます、満足はしませんが^_^;

    お互い早く渓流やりたいですね!

    1. しげる しげる より:

      sunさん

      足をやられているんですね。2週間行けていないとは。
      僕と同じような状況なので、お気持ち非常にわかります。このハイシーズンに行けないという。。。
      お仕事が立ち仕事だと職場でも大変ですね。

      僕も来週くらいに一度渓流の側に立とうかと思っておりますが、sunさんの『海まで』には負けます(^^;)

      お互い、早く渓流ルアーが出来るよう早く治しましょうね!

  2. かわし より:

    禁断症状。分かります。
    私も2年くらい、禁漁期の禁断症状に悩まされました。今年はまだ良かったですが。
    悪化させないように、落ち着いて治してくださいね。

    あと、画面表示をもう対応してもらえたんですね!
    ありがとうございますm(_ _)m
    非常に見やすくなりました。

    1. しげる しげる より:

      かわしさん

      禁断症状辛いですよね。。。 
      禁漁期に禁断症状はどうしようもなくて狂おしいですね(>_<) 足は治りかけで無茶したら良くないと頭では思っていますが体は釣り場に行きたくてうずうずしています。 画面表示直しました!  こちらこそ、ご意見頂いたのとてもありがたいです。自分では気付かない事も多々あるので。 これからも、『僕のpcスキルで対応できること』に関しては出来るだけ素早く修正するので教えて下さい。 コメントありがとうございます!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください