セルロースセメントのドブ漬けで白濁対策(出来る人限定的)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
丹沢大反省会

 

ここ2、3日の天気が悪いのだ。

そしてこれから数日間、僕の住んでいるところの天気は曇りか雨である。

「お前はトラウト禁漁期間に入ったのに、なんで天気を気にしているのだ?」

とお思いの方もいらっしゃるかと思う。

トラウトは禁漁になったが、渓流用ハンドメイドルアーを製作しているからなのだ。

 

いつものハンドメイドルアー制作なら、天気の悪い日はどぶ漬けを避けたりなんやかんや出来る。

ただ、今回は期限が決まっているのである。

 

というのも、下記の超楽しそうなイベント(飲み会反省会)のチャリティー物販に出品するルアーを作っているのだ。

下記クリックで飲み会HPに飛びます。

 

~2017丹沢の釣り人大反省会~
飲み倒せ!語り尽くせ!丹沢にサクラマスの夢を!
10月22日(日曜)15時より開催

 

 

僕がこのイベントに自分が作ったルアーを出す運びになったのは10月5日なのだ。

スケジュール的には、

  1. 10月5日 イベント幹事にチャリティー物販へ参加の意思を伝えて了承頂く。
  2. それからよーいドンでルアーを作り出す。
  3. イベントに間に合うように10月19日には完成品を郵送する予定。
  4. つまり2週間で完成までこぎつける必要がある。

非常にタイトなスケジュールである。

 

ハンドメイドルアー制作に慣れている方ならまだしも、不器用がルアーを作っている不器用ルアーの僕なのだ。

たまたま3個ほど塗装前のルアーはあったが、それ以外にハンドメイドルアーのストックなどないのだ。

 

なぜなら僕のハンドメイドルアーは完全に自分用である。

売ったり、人の手に渡ることなど考えてもいなかったからだ。

禁漁期間に来年自分が使うルアーをゆっくり作ればいいやという考えだったのだ。

 

ただ、色々あって自分で言い出した初めてのルアー出品。

1個、2個じゃなくて出来るだけ数は出したい。

そのほうがイベントのチャリティーにも貢献できる。

 

ただ、僕の不器用ルアー作りだと作ったルアー全てが出品出来る動きに仕上がるかは『?マーク』なので多めに作る。

10個以上のルアーを作って動きが悪くないルアーが何個出来るか。

それを2週間で完成させる必要があるのだ。

 

それにしてもハンドメイドルアー作りは時間がかかるのだ。

 

『ルアー釣りが好きでルアーを自分で作り出したら、ルアー作りに時間がかかって釣りに行けなくなった』

 

という本末転倒がありそうなくらい時間がかかるのだ。

 

バルサを削ったり、リップを作ったり、自分が集中して時間をかければ出来ることであれば徹夜でもする。

でも、それだけではない作業も多いのがルアー作りである。

 

削ったバルサのドブ漬け乾燥待ちなどにとにかく時間がかかるのだ。

ドブ漬けとは、ルアー用に削った木材(バルサなど)をコーティング用の溶剤に付ける作業である。

 

イメージは下記だ。

 

セルロースセメント白濁対策

 

 

このドブ漬けをした後は何時間も(人によっては半日、1日など)、乾燥させる時間が必要なのだ。

だから自分の時間を削って作業すれば出来るという類いのものではないのだ。

待つことも仕事なのだ。

 

細かい説明は省くが、このセルロースセメントでのドブ漬けは『白濁』という問題が出てくるのだ。

湿度が高ければ『白濁』するので、ルアー作りは乾燥している冬(禁漁期間)が向いているのだ。

 

ただ今回は時間がない。

よーいドンで2週間で完成させる必要がある。

締め切りのあるルアー作りは初めてなのだ。

 

セルロースセメントのドブ漬けで白濁を避ける超限定的な方法

 

今の時期、このセルロースセメントでのドブ漬けは天気がかなり影響する。

晴れていて湿度が低ければ綺麗に仕上がるし、曇りや雨で湿度が高ければドブ漬け後にすぐ『白濁』するのだ。

 

そして1回漬けると乾燥させて次に漬けるまで、まあ最低2~3時間はかかる。

ということは世の中のサラリーマンハンドメイドビルダーの予定は下記になるはずだ。

 

  1. 朝起きて、出勤前にドブ漬け
  2. 退社して、帰宅後にドブ漬け

 

ただ、これだと下記問題があるのだ。

 

  • 早朝や夜は昼間に比べて湿度が高い。
  • 結果、ドブ漬けしたら白濁する可能性が高い。

 

実際、田舎暮らしの僕が早朝の霧があるような中でドブ漬けしたらまあ白濁する。

だから、出来れば日中、そして天気は晴れていれば言う事はないのだ。

 

でもサラリーマンをしていて日中に家に帰ってドブ漬けが出来るかというと、まず出来ない。

しかしながら僕には最終兵器があったのだ。

 

それは『嫁』なのだ。

 

 

嫁を拝み倒してドブ漬けを依頼する

 

僕の嫁の状況は、

  • パートタイムで働いている。
  • なので家に帰るのは午後3時前。
  • だから日中の太陽が明るい時間にドブ漬け出来る。
  • 問題はしてくれるかどうか。

 

嫁は今回のイベントチャリティー出品のことは知っている。

そして今回の丹沢イベントに出る、他のビルダーさんHPなどを嫁に見せた。

その豪華メンバーは下記である。

 

  • ZANMAI LURES
  • Hatake.Works
  • Reconquista
  • Sprout Lures

 

名前並べただけでハンドメイドルアー展のようになっている。

 

このような方々がいらっしゃる中に僕もルアーを出すのだと嫁に伝えた。

すると嫁は、このような温かい(?)言葉を次々に浴びせてきた。

 

  • 「こんな綺麗なルアーと肩を並べようとするなんて、自分のルアーを見たことがあるのか?」
  • 「見たことあるならメガネを換えたほうがいい」
  • 「あなたのメンタル、強すぎない?」
  • 「どれだけポジティブなの?」
  • 「わざわざ恥をかくために作るのか?」
  • 「悪いことは言わないから、今からでも出品辞めますって言えば?」

 

夫婦なので、言葉に情け容赦と遠慮がまるでないのだ。

 

ただ、午後3時前に家に帰る嫁の協力が得られれば、どぶ漬けの回数が増したり、白濁を避けることが出来るのだ。

僕は床に頭をこすりつけた。

嫁にドブ漬けを依頼するためである。

なんだかんだ言いながら嫁は、僕が必死でルアーを作っているところを見ていたからかOKしてくれたのだ。

 

これで、タイトなルアー製作も少し明るい見通しが出来たのだ。

 

嫁がドブ漬けしてくれるようになった最初の2日間は非常に天気が良かった。

なので嫁のドブ漬けは非常に綺麗に仕上がったのだ。

表面がつるっとなったルアーを見て嫁もまんざらでもなかったらしい。

 

僕は嫁がドブ漬けを忘れないように、会社の昼休みにLINEもした。

基本的にはおだてるつもりだったのだが、失敗もしていたらしい。

僕は嫁に下記LINEコメントをした。

 

「よっ!ドブ漬けマスター」

「ドブ漬け晴れ女!」

「ドブ漬け女!」

「ドブ嫁!」

 

どうやら「ドブ漬け女!」あたりからが失敗だったらしい。。。

 

嫁からのLINEの返事に、

 

「嫁イズ、ベリーアングリー」

 

と書かれていた。

 

そして続いて脅迫文も。

 

「こんなに天気の良い日にドブ漬けしなくていいのかな?」

「ドブ漬けして欲しかったらこれ買ってきて」

 

とセブンイレブン限定のクッキーを写真入りで送ってきたのだ。

ある種のカツアゲである。

 

しょうがないのでセブンイレブンを回って買った。

人気なのか2件目までは売り切れで、3件目でやっと買えたのだ。

ドブ漬け奉納クッキーである。2個買った。

 

セルロースセメント白濁対策

 

 

そんな嫁がドブ漬けについて調子に乗った一言がある。

調子に乗った理由として、嫁は日中にドブ漬けをするので仕上がりが綺麗なのだ。

まあそのために嫁に依頼したのだ。

一方、朝や夜にドブ漬けをしていた僕は白濁ではないが濁り気味だった。

 

すると嫁は調子に乗り、僕に向かってこう言い放った。

 

「あなたのドブ漬けには迷いがあるのよ」

 

ドブ漬けに迷いってなんだよ。。。

前々から思っていたが、こいつちょっと馬鹿じゃないのか?

ただ、日中にドブ漬けできる貴重な戦力を失いたくないので頷いておいた。

 

でも、今回のタイトなスケジュールのおかげ(?)で、

嫁がドブ漬けしてくれるようになったのだ。

 

これは小さな一歩かもしれないが僕にとっては大きな一歩なのだ。

これからのハンドメイドルアー作りでもしてくれたら、作業が大幅にはかどるのだ。

 

まあ、

『旦那がイベントに迷惑かけたら申し訳ないから仕方なく手伝った』

 

という線が濃厚である。

 

ルアー制作が忙しくて平日にブログ書けなかった。

でも、例えるなら学園祭前の慌ただしい準備みたいで楽しい毎日だ。

さらに願わくば、学祭前に一緒に作業した可愛い同級生と仲良くなるようなことがあれば良いと思う。

まあ今回は、嫁がドブ漬けしてくれたことで満足しようと自分に言い聞かせたのだった。。。

 

 

ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

 

           
   

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. でんきち より:

    涙なくして読めなかったですよ(泣笑)。
    近所なら速攻でリターダーを持って駆けつけるのに。(どこでもドアが欲しい。)
    でも、楽しそうに作っておられたので安心しました。それが一番です。
    しげるさんと奥さんのダブルクレジットで出品した方が良さそうですね。夫婦(めおと)ルアーで、晩秋に効きそうなルアーになりそう(笑)。
    ※事後報告ですが、拙ブログにリンクを貼らせて頂きました。 まずかったら遠慮なく申し付けて下さいね。

    1. しげる より:

      でんきちさんがご近所だったらすぐヘルプ、アドバイスをお願いしておりました(^_^;)
      楽しく作ってはいます(^^)
      人に使って貰うルアーを作るのは始めてなので、今までと違う視点というか発見も少しあって楽しいです!
      夫婦(めおと)ルアー、ペアリングルアー、たしかに秋に効きそうですね(^o^)
      ブログリンク、全然大丈夫です! 
      というか、嬉しいです。
      ご連絡ありがとうございます。

  2. ねこ爺 より:

    ども^^まさかの嫁さんの参加とはwww

    自分は途中時間の手がないので、リターダー入れて少しでも白濁しずらくするか、ラッカーシンナー(ラッカー薄め液)にどぶ漬けして白濁とっちゃうかですね。

    1. しげる より:

      嫁の手でも借りたい状況でした(^_^;)
      やっぱりセルロースは白濁しますよね。
      リターダーは少し入れているんですが、ラッカーの技はまだ試したことがありません。綺麗になるみたいですね!
      ハンドメイドルアー作りは時間がかかりますね(>_<) コメントありがとうございます(^^)

  3. まさのり より:

    戦時下の国家総動員体制ならぬ一家総動員体制になってっきましたね。
    私自身は似顔絵イラストやピンクの花びら塗装を見て嫁の方が器用なのではないかと踏んでいました。
    そういった訳で大船に乗った気持ちで待ってます。
    禁漁後にこんなに楽しみなイベントが待っているとは 笑
    忙しい中大変だとは思いますが、夫婦喧嘩などしないようチームワークで乗り越えてください!

    1. しげる より:

      まさしく一家総動員体制です(^^)
      ご指摘の通り、確実に嫁の方が器用なんです。レベルはかなり差があります。
      禁漁後の心の隙間にぴったりとはまっているのがイベントに向けたルアー作りです(^^)
      忙しくも楽しく作っています。
      逆に夫婦の絆が強くなれば言う事ありません(^^)
      最悪でも前日には届けるようにしますのでお待ちくださいませ!
      最終日、軽く尺越えイワナ釣られてましたね。。。
      禁漁に入った僕には目の毒です。。。

  4. タツボー より:

    セルロースには、トルエンと言う有害物質が入っているようです。ネット検索すると、脳が溶けるとか出て来ます。ノントルエンのものもあるようです。
    ナガシマのセルロースにトルエンが入っているか分かりませんが、換気はしっかりしましょう‼

    1. しげる より:

      タツボーさん
      ルアー作りに使う塗料系って、体に良くないものが多いですよね。
      注意と換気をしっかりするようにします。
      コメントありがとうございます。

  5. うるきち より:

    まいどです。
    めっちゃ笑ってしまった(笑)
    思うに奥さんは天才の部類に入るんやと思うんですわ!
    イワナ燻製の時のパンチといい、今回の一連の流れといい。
    この国の外務大臣に就任して戴きたいぐらいです!

    1. しげる より:

      うるきちさん
      僕のブログは笑って頂ければ1番嬉しいです(^^)
      こんなうちの嫁、自分では自分のことをごくまっとうのまじめで面白くない人間だと本気で思っています(^_^;)
      お褒めの言葉ありがとうございます。

コメントを残す